プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A1リーグ第9節レポート 勝又 健志

2015/12/18
執筆:勝又 健志


今期も鳳凰位決定戦進出を十分に狙うことのできる位置で第9節を迎えることができた。
この大事な大事な終盤戦をどのように戦うべきなのか。私の考えは、「逃げて逃げ切れるリードではない。ポイントを伸ばすべくしっかりと戦い抜こう。」というものであった。

1回戦。荒への7,700の放銃があったが、発を切るべきか七索を切るべきかの検討は十分にすべきだが、序盤の主導権の取り合いの局面であり引けないと考えてのもので、自分らしく戦えているとは思っていた。
しかし、この後、大きな後悔の残るリーチを打ってしまう。

2回戦の幸運なトップのおかげで、プラスのポイントを持って臨めた4回戦。
東場で、藤崎、沢崎の見事なツモアガリがあり、持ち点が1万点台と苦しくなったところで迎えた南1局の親番でのことであった。
早々に七対子のテンパイをいれる。

100

ここで藤崎からリーチが入る。この時藤崎の捨て牌は、小考から五筒切り、そして二万を切ってのリーチであった。

100

私の読みは、小考の理由は打点を取りに行くかアガリを取りに行くかの選択であると思い、二万の手出しで234の三色同順ではないかと読んだ。
となると、待ちの候補は私の目から3枚見えているカン三索ではないかと思った。

そして、次巡1枚切れの白を引いたところで待ち替えをしリーチに踏み切った。

100

これが大きな間違い。結果は、ツモ切ったドラの二索で藤崎に8.000の放銃と悔やんでも悔やみきれないものとなった。
対局時には勝負と考えてのリーチであったが、今思えば無謀以外のなにものでもない。
まず、藤崎のリーチをカン三索と読むにはあまりにも根拠に乏しい。そして、なによりここまでの自身と藤崎の体勢の差を考えるならば、ヤミテンから二索を引き待ちを変え、なおヤミテンで押していくべき局面だったように思う。
勝負というより、持ち点から焦りがうまれ、もしアガれたらという都合の良い考えからくる欲に負けた情けないリーチであった。

この後も、目先の欲に負け攻め続けこの半荘を箱テン近くのラスとしてしまう。
そしてこの日のトータルポイントも▲27.8Pと大きな敗戦としてしまった。

とはいえ、第9節を終えて3位。最終節を上位卓で戦えることとなったこの喜びを胸に、年末の大一番、これまで学んできたことを生かし悔いのない戦いをしたい。

 

12/28(月)17:00~

沢崎誠 vs ともたけ雅晴 vs 仁平宣明 vs 荒正義     実況:白鳥翔   解説:柴田弘幸

12/29(火)17:00~

藤崎智 vs 望月雅継 vs 近藤久春 vs 伊藤優孝     実況:白鳥翔   解説:山田浩之

12/30(水)17:00~

瀬戸熊直樹 vs 前原雄大 vs 勝又健志 vs 古川孝次     実況:白鳥翔   解説:佐々木寿人

第31期鳳凰位
前田 直哉
出身地(静岡)

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 対局消化数 合計
1 瀬戸熊 直樹(東京) ▲ 20.3 36.4 10.7 51.1 45.5 32.5 11.4 14.0 ▲ 31.8 36/40 149.5
2 前原 雄大(東京) 26.3 3.3 119.1 ▲ 69.2 ▲ 13.0 0.4 5.1 35.8 29.8 36/40 137.6
3 勝又 健志(東京) 65.1 62.5 ▲ 41.3 5.9 27.6 ▲ 43.3 28.8 52.8 ▲ 27.8 36/40 130.3
4 古川 孝次(愛知) 11.0 ▲ 5.0 59.0 26.1 40.5 ▲ 0.1 ▲ 24.4 20.9 ▲ 32.7 36/40 95.3
5 藤崎 智(秋田) 50.3 ▲ 36.7 46.5 35.5 ▲ 4.3 ▲ 30.8 ▲ 4.0 ▲ 47.3 82.0 36/40 91.2
6 望月 雅継(静岡) 3.2 59.3 ▲ 78.3 ▲ 18.2 42.9 9.9 ▲ 7.6 17.8 13.8 36/40 42.8
7 近藤 久春(秋田) 4.4 ▲ 74.7 8.1 36.3 ▲ 10.3 15.7 51.5 ▲ 50.4 55.3 36/40 35.9
8 伊藤 優孝(秋田) ▲ 46.5 20.8 ▲ 11.4 ▲ 12.5 8.1 39.3 ▲ 17.3 ▲ 14.0 ▲ 10.9 36/40 ▲ 44.4
9 沢崎 誠(群馬) ▲ 49.0 52.1 ▲ 45.8 17.9 ▲ 20.0 23.4 0.8 ▲ 31.0 ▲ 21.0 36/40 ▲ 72.6
10 ともたけ 雅晴(千葉) ▲ 42.4 ▲ 80.3 34.0 ▲ 49.1 ▲ 66.0 ▲ 4.6 ▲ 3.2 63.6 ▲ 11.1 36/40 ▲ 159.1
11 仁平 宣明(福岡) ▲ 7.0 ▲ 24.0 ▲ 25.8 13.4 ▲ 48.1 ▲ 78.4 ▲ 18.0 ▲ 10.4 ▲ 12.4 36/40 ▲ 210.7
12 荒 正義(北海道) 4.9 ▲ 16.7 ▲ 74.8 ▲ 37.2 ▲ 2.9 15.0 ▲ 23.1 ▲ 52.8 ▲ 33.2 36/40 ▲ 220.8