プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A2リーグ第9節レポート 櫻井 秀樹

2016/01/06
執筆:櫻井 秀樹


全対局放送となった今期のA2もこの9節の最終卓と、最終10節を残すところとなった。
10節は9節終了時の成績で卓組みされる為、本日の結果が自らだけでなく、卓外の選手にも大きく影響する。

最終の卓組み、及び放送日程は前回の刀川プロのレポートでもあった通り。
各卓の状況を簡単に著すと ※仮にA~Dと分ける

A卓 (1~4位)昇級争い・・・2位以内を目指した条件戦、降級の心配は皆無
B卓 (5~8位)昇級、降級共にほぼなし・・・大きく浮いてもA卓は翌日に行う為、ポイントを合わせられてしまう。逆に余程大きく沈まなければ降級もない、また降級ポイントが分かった上で対局ができる。
C卓 (9,11,13,15位)残留争い・・・先にもう一方の残留争いの卓のポイントが分かってから対局できるのでやや有利。
D卓 (10,12,14,16位)残留争い・・・トータルで12位になれても、別卓が翌日にある為、やや不利。

以上の事をふまえて、現状10位の自分の本日の狙いを格付けして臨む

★★★★★  85P浮いて、A卓入り
★★★★ 35P浮いて、B卓入り
★★★ トータルで卓内1位
★★ ダンプか滝沢より上
★ ダンプ、滝沢より下
圏外 二階堂より下

自分の麻雀の質からして、★4や★5を狙うには1回戦の内容がかなり重要。
まずはいつもより前のめりに!!

と、意気込んで臨んだ初戦は、なんとノーホーラ!!
しかも、ポンチーの発声すら一度もないという空気ぶり。。。
あっさり最終節での残留を意識した方向へ

初戦飛び出たのはダンプ(課金)、6万オーバーのトップでやや遠くに。
逆に滝沢が不運な12,000に2度飛び込んだ為に大きなラスとなり、本日のターゲットも変更。

そんなダンプは2回戦に、3者の大物手のあたり牌をすべて吸収し、このドヤ顔!

100
100
100
100

私もこれがアガリになればかなり優位だっただけに痛恨!

しかし幸運にも3回戦の親番でプラスに転じる事ができ、不調の滝沢がマイナスした為になんとか★3で着地。
最終節に向け全く予断は許さないが、最低限のノルマはクリアした気分か。

このレポートがHPに上がる頃にはC卓とD卓の結果が出ている事だろう。
もしかしたら来期は映像対局から姿を消すかもしれない。それだけは避けたい!
情け無い麻雀を打ってしまうかも知れないが、1月6日はとにかく残留のみをみて最善の手段をとるつもりだ。

自分はA2を戦っているプロ達はみなライバルであり、同志であると思っている。
誰にも降級して欲しくは無い。が、自分が落ちて構わないという訳では当然無い!!

ある意味最高に面白い最終節。
目一杯胃を痛くして、必ず勝ち残ります!

1/5(火)17:00~

滝沢和典 vs 紺野真太郎 vs 佐々木寿人 vs 刀川昌浩     実況:古橋崇志  解説:藤崎智

1/6(水)17:00~

櫻井秀樹 vs ダンプ大橋 vs 白鳥翔 vs 二階堂亜樹     実況:古橋崇志  解説:瀬戸熊直樹

1/12(火)17:00~

猿川真寿 vs 吉田直 vs 藤原隆弘 vs 西岡慎秦     実況:古橋崇志  解説:藤崎智

1/13(水)17:00~

石渡正志 vs 内川幸太郎 vs 柴田弘幸 vs 山田浩之     実況:古橋崇志  解説:瀬戸熊直樹

 

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 対局消化数 合計
1 石渡 正志(神奈川) 97.5 19.0 14.1 ▲ 35.3 17.0 5.2 43.9 ▲ 22.2 55.0 36/40

194.2
2 内川 幸太郎(長野) ▲ 44.9 0.4 ▲ 26.4 12.7 8.6 75.0 9.9 48.2 28.9 36/40

112.4
3 柴田 弘幸(神奈川) 30.7 ▲ 2.5 ▲ 39.8 28.9 24.5 ▲ 31.2 40.1 84.3 ▲ 58.2 36/40

76.8
4 山田 浩之(兵庫) 44.4 35.5 ▲ 16.8 9.1 ▲ 1.7 26.9 20.2 1.4 ▲ 53.4 36/40

65.6
5 猿川 真寿(静岡) 44.0 ▲ 8.3 ▲ 0.6 30.5 3.9 ▲ 60.6 14.4 15.7 10.6 36/40

49.6
6 吉田 直(東京) ▲ 19.6 40.8 ▲ 14.5 ▲ 42.5 ▲ 4.8 43.3 ▲ 35.1 27.0 40.8 36/40

35.4
7 藤原 隆弘(福岡) 75.6 ▲ 15.8 40.2 ▲ 3.4 ▲ 25.9 ▲ 36.0 5.3 ▲ 9.6 ▲ 11.5 36/40

18.9
8 西岡 慎秦(岐阜) ▲ 67.4 ▲ 1.0 ▲ 8.1 9.4 33.8 21.0 ▲ 9.2 9.3 30.2 36/40

18.0
9 櫻井 秀樹(山口) ▲ 34.8 ▲ 6.6 9.1 21.0 ▲ 21.5 75.6 ▲ 40.1 ▲ 17.6 14.7 ▲ 0.9 40/40

▲ 1.1
10 紺野 真太郎(静岡) ▲ 29.9 11.8 19.0 15.4 6.2 ▲ 40.7 10.0 3.6 ▲ 53.3 44.7 40/40

▲ 13.2
11 ダンプ 大橋(神奈川) 12.8 ▲ 32.3 24.9 44.2 ▲ 37.6 ▲ 29.6 20.3 ▲ 35.3 9.4 8.1 40/40

▲ 15.1
12 白鳥 翔(東京) ▲ 11.2 6.3 ▲ 24.0 ▲ 50.7 ▲ 13.1 ▲ 49.6 29.7 6.9 11.6 48.0 40/40

▲ 46.1
13 滝沢 和典(新潟) ▲ 9.7 ▲ 14.3 60.0 57.4 35.1 32.4 ▲ 98.1 ▲ 38.5 ▲ 42.8 ▲ 33.5 40/40

▲ 52.0
14 佐々木 寿人(宮城) ▲ 0.8 ▲ 40.5 ▲ 35.1 ▲ 39.4 ▲ 26.9 ▲ 40.6 67.2 11.5 ▲ 9.6 53.0 40/40

▲ 61.2
15 二階堂 亜樹(神奈川) ▲ 69.8 ▲ 5.1 ▲ 19.9 ▲ 28.0 0.7 53.7 ▲ 24.2 ▲ 43.5 18.7 ▲ 55.2 40/40

▲ 172.6
16 刀川 昌浩(東京) ▲ 18.9 12.6 15.9 ▲ 30.3 1.7 ▲ 46.8 ▲ 55.3 ▲ 42.2 7.9 ▲ 64.2 40/40

▲ 219.6