プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期鳳凰位決定戦 初日観戦記 HIRO柴田

2016/02/12
執筆:柴田 弘幸


初めてA1へ昇級をした年、わたしはこの場にいた。あれからもう7年か…
この時期になるとあの時の悔しさを思い出す。その時からの成長を今一度みせてやりたいと思う気持ち。皆それぞれ思う気持ちがある。
それが年間のプロリーグでありこの決定戦であろう。

今期のリーグ戦では生きる伝説、荒のまさかの降級。決定戦争いに敗れた前原。
それらを退けて勝ち取った瀬戸熊直樹、勝又健志、古川孝次の3名が、前年度の鳳凰位である前田直哉に挑戦する。
溢れる個性を持ったこの4者が、4日間に渡る戦いを始めようとしている。

100

1回戦(起家から瀬戸熊・前田・古川・勝又)

東1局 ドラ三万
初動はやはり古川、白をポン

100

この1年間の戦いをみてきた古川ファンには嬉しい第一声にも聞こえる。
西家の古川が白をポンして、

六万七万二筒四筒五筒六筒七筒九筒東東北  ポン白白白

ここから七万六万と払いピンズに寄せる。
その数巡後、「リーチ!」と最初のリーチ発声は期待どおり親の瀬戸熊。

100

古川、瀬戸熊の「らしさ」が開局に観られて力が入ってしまったのは私だけではないだろう。

三万四万五万七万八万九万一索一索三索四索五筒六筒七筒  リーチ

瀬戸熊のリーチをみて、古川がリーチ後に表示牌である二万→ドラの三万とツモり、

二万三万五筒六筒七筒七筒八筒九筒東東  ポン白白白  ロン一万 

古川が勝又より2,000のアガリ。

東2局、これぞ現鳳凰位の前田の構想力。

親の前田
二万三万二索三索四索四索六索四筒五筒六筒六筒七筒九筒九筒  ドラ一万

実況の山井は言っていた「四索六索で迷っているのでしょうか?」
解説の沢崎は答えを知っていたかのように「九筒をスーッて打てないとね」
前田の選択は九筒だった。

正直私の力量では234三色への渡りを見ることはできるが、ここで九筒という器量はない。
だが、昨年の前田の麻雀を観た人は知っている、これが前田なのだ。

そしてこの手をリーチ、入り目は六筒宣言牌は七筒
きっと入り目が三筒だったら打六索でテンパイとらずだったのだろう。

100

二万三万二索三索四索六索六索四筒五筒六筒六筒六筒六筒  リーチ  ロン四万

当たってみろとばかりに瀬戸熊が四万を打ち3,900のアガリ。
リーチのみの2,000とこの3,900が明暗を分ける勝負になるのでは?と感じさせられるほどのアガリであった。

南1局、東場は我慢が続いた勝又が、三索六索の振り変わりを頃合とみてリーチといく。

100

古川もこのテンパイで七索四索を振り替え手痛い高めの放銃となってしまう。

古川
二万二万四万五万六万四索四索五索六索七索七索  ポン七万 上向き七万 上向き七万 上向き  ドラ二万

勝又
三万四万五万八万八万四索五索五索六索六索二筒三筒四筒  リーチ  ロン四索 

南3局1本場、古川の持つエネルギーは凄まじい。
4巡目に、北家・前田の四筒を迷うことなくチー。

五万六万四索六索七索七索五筒六筒中中  チー四筒 左向き二筒 上向き三筒 上向き  ドラ三筒

前田も10巡目にテンパイを入れる。待ちの二索は山に3枚。

七万八万九万一索三索五索六索七索三筒三筒白白白  ドラ三筒

そして瀬戸熊も残りツモ2回に賭けたリーチ。

二万三万四万四万五万六万二索三索四索二筒二筒四筒五筒  リーチ  ドラ三筒

前田、リーチ直後に持ってきた七万を覚悟を決め河に放つ。
そこに古川の手が開かれる。

五万六万二索三索四索七索七索五筒六筒七筒  チー四筒 左向き二筒 上向き三筒 上向き  ロン七万  ドラ三筒

古川にはわからないことだが、実際には四筒四筒五索と跳満まであるツモを自らの仕掛けでさげてはいる。
しかしそんなことは関係ないのだろう、相手を勝負の形で討ち取って自分の型にもっていく。
3者のアンテナは、既にこの古川の仕掛けでずれてきているのかもしれない?と感じさせられた。

南3局、古川はここから南を手牌に残して打三筒とする。

一万三万六万七万八万六索七索八索二筒二筒三筒六筒七筒南  ドラ三万 

その三筒を勝又がチーして絶好のテンパイ。

二万三万四万九万九万五索六索  チー三筒 左向き二筒 上向き四筒 上向き  ポン白白白  ドラ三万

三筒切りは失敗なのでは?と大半の方は感じたと思う
だが、古川のツモは四万そして八筒チーと一気に勝又へ追いつき追い越すこの2,000は2,200オールのツモアガりでこの半荘1浮きのトップとなる。

三万四万六万七万八万六索七索八索二筒二筒  チー八筒 左向き六筒 上向き七筒 上向き  ツモ二万  ドラ三万

1回戦成績
古川+20.7P 勝又▲2.1P 前田▲5.4P 瀬戸熊▲13.2P

2回戦 (起家から、前田・古川・勝又・瀬戸熊)

東1局、親の前田6巡目の牌姿。

二万三万六万七万一索三索六索六索一筒二筒五筒七筒東  ドラ八索

123三色やタンヤオピンフなどを見て東を捨てると瀬戸熊へ8,000の放銃となる。

瀬戸熊
二筒三筒四筒六筒六筒六筒八筒八筒八筒東東中中  ドラ八索

打点力のある前田の選択は123三色を見切る一筒、もうすでに卓上の何かを感じているのだ。

そして11巡目に勝又リーチ。

八万八万八万九万九万四索五索六索八索八索三筒四筒五筒  リーチ

瀬戸熊もツモ切りリーチで倍満狙いとくる、だがこうなると前田の東はもうでることはなく流局。
運があるとかないなどあるが、東を掴んでいた前田に運がないのか、それともアガリがない瀬戸熊、勝又にないのか?
無傷で済んだ古川に運が有るのは確かだろう。

東3局 ドラ七万

100

誰が打ってもおかしくない二索を瀬戸熊が掴む。
私は3者を狙った七対子や国士無双などを放銃するのは、それまで一番運が無い人または落としている人が持ってくると思っている。
この局面もそれに類似していると思う、瀬戸熊不調だなと。

東4局、そんな人の予想を吹き飛ばすように瀬戸熊の形には拘らないこの2,000オールのツモアガリ。

八万九万四索四索五索六索七索四筒四筒四筒七筒八筒九筒  リーチ  ツモ七万  ドラ六索

本人はどう受けとめたのだろうか、まわりにはどうみえたのだろう。

東4局1本場
「これは意外だった」私の感想である。
瀬戸熊はよく「テンパイでの放銃にもっていきたい」と言う。

瀬戸熊
二万二万三万四万四万四万五万七万九万九万六筒東東  ドラ三万

古川
三万四万九万九万三索四索五索七索八索九索五筒六筒七筒  リーチ  ロン二万 

ここから一万をチーして二万で放銃。シャンテン数をあげる仕掛けなので普通にも見えるが、私の見てきた瀬戸熊の麻雀ではない。
ここから先テンパイしての六筒で放銃ならよしと、先ほどの言葉は違うと思う。
先ほどの2,000オールを信じて繋げるのならチーせずもあると思う。
色々思うことはあるが、先ほどの七万のツモアガリに感触は無かったのだと私は結論づけた。

南3局、勝又の読みの精度。

100

勝又
二万四万五万五万七万九万六索七索八索四筒五筒中中中 
二万四万五万五万六万七万九万六索七索八索五筒中中中
二万三万四万五万五万六万七万九万六索七索八索中中中

二万三万四万五万五万六万七万六索七索八索中中中  ロン八万

三筒六筒を嫌って見事にマンズを伸ばし二万五万八万待ちで瀬戸熊から12,000をアガる。
この大舞台でこの選択ができる勝又の胆力でトップを勝ち取る。

2回戦成績
勝又+21.0P 前田+7.3P 古川+1.9P 瀬戸熊▲30.2P

2回戦終了時
古川+22.6P 勝又+18.9P 前田+1.9P 瀬戸熊▲43.4P

3回戦 (起家から、前田・古川・勝又・瀬戸熊)

東3局、親の勝又のリーチに瀬戸熊が押し切り6,400をアガる。

勝又
一万二万三万五索五索五索一筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒  リーチ  ドラ一筒

瀬戸熊
六万六万七万七万一筒一筒三筒三筒四筒四筒八筒八筒白  ロン白 

東4局、アガリをものにした瀬戸熊に気分良く打たせないぞと勝又が動くが瀬戸熊へ放銃。

勝又
八万八万四索五索六索六筒七筒  チー三索 上向き四索 上向き五索 上向き  チー二筒 上向き三筒 上向き四筒 上向き  ドラ四筒

瀬戸熊
六万六万五筒六筒  暗カン牌の背一万 上向き一万 上向き牌の背  チー二万 上向き三万 上向き四万 上向き  ポン東東東  ロン七筒 

南2局、ヤミテンで息を潜める前田、親の古川リーチ、古川の河には二筒があるが不要牌の六索を持ってきて、これを打つ以上はと追いかけリーチで古川から8,000のアガリ。

古川
三万四万五万三索三索五索五索五索七索九索七筒八筒九筒  リーチ  ドラ七索

前田
六万七万八万六索七索八索二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒  リーチ  ロン二筒

南3局、この時点で17,800持ちの勝又からの猛反撃が始まる。
先にテンパイを入れていた古川から3,900。

五万六万七万三索三索三索四索五索六索三筒三筒五筒六筒  リーチ  ロン四筒  ドラ八索

南3局1本場、続けてトップ目の瀬戸熊から12,000は12,300。

一筒二筒三筒四筒四筒四筒五筒六筒七筒七筒八筒九筒東  ロン東  ドラ三筒

南3局2本場、リーチ宣言牌は七筒これは流局。

一万二万三万一索二索三索四索四索四索二筒三筒四筒六筒  リーチ  ドラ六筒

南3局3本場、3フーロしている瀬戸熊からホウテイで捕らえる。
後日、瀬戸熊にコメントをもらったが、この局に対して自分を呪ったと言っていた。
胸が裂けるようないろいろな気持ちが伝わる…

勝又
三万四万五万七索八索九索二筒三筒四筒九筒九筒東東  リーチ  ロン九筒  ドラ四万

南3局4本場 

100

瀬戸熊は八筒を手の中から入れ替えてリーチ。
残り枚数は2枚対1枚。勢いは勝又、瀬戸熊は焦りにみえたが非常に大きなツモアガリをものにする。

3回戦成績
勝又+16.2P 前田+5.7P 古川▲7.8P 瀬戸熊▲14.1P

3回戦終了時
勝又+35.1P 古川+14.8P 前田+7.6P 瀬戸熊▲57.5P

4回戦 (起家から、瀬戸熊・前田・古川・勝又)

東1局、親の瀬戸熊が力を込めて一筒を叩きつける。

100

この日の瀬戸熊は、リードしてからそれが繋がらない展開が続いていた。
守る点棒とみるか、攻める点棒とみるかだが、手格好に拘らない態勢良しの攻めは、トータルポイントが許してくれない気もする。

東2局、7巡目前田の親リーチ。

五万六万七万二索二索五索六索七索四筒五筒六筒七筒八筒  リーチ  ドラ九筒

この時の古川の牌姿。

四万五万六万八万八万三索四索五索九索九索九筒九筒東

これをドラ2に溺れず、古川は丁寧に進め16巡目に追いつき18巡目にツモアガリ。

100

古川の手牌に九筒はあるが三筒六筒は1枚もないのが前田には見えるだけに前田もまだ不調にみえる。

東3局1本場、親の古川が難しい牌姿。

四万五万六万二索二索四索六索六索二筒二筒三筒四筒四筒六筒  ドラ二筒

四万五万六万二索二索四索六索六索二筒二筒三筒四筒四筒五筒

上から六筒六索と選択してこのテンパイ。

四万五万六万二索二索四索六索二筒二筒三筒三筒四筒四筒

100

前田ここは跳満ツモを狙いリーチ、瀬戸熊も四暗刻の1シャンテンで山には残っていない四万のトイツを選択し、古川の待ちである五索を引き入れて追いかける。
2人の待ちはどちらも山に3枚。勝負形の古川から瀬戸熊が東のアガリとなる。

南1局、古川先制リーチ。ここでは絶対に退くことはない瀬戸熊もすぐに追いつきリーチ。

古川
九万九万一索一索一索四索五索六索七索八索一筒二筒三筒  リーチ  ドラ五索

瀬戸熊
一万一万二万二万三万三万四万五万六万北北発発  リーチ

瀬戸熊はこれをアガれば本日の負債を全て返すことができる。応援コメントにも熱が入るが流局。

南1局1本場、リャンメン形リーチにアガリの感触がないと前田は終局時に語っていた。

前田
一万二万一索二索三索一筒一筒七筒八筒九筒東東東  リーチ  ドラ三筒

瀬戸熊
三万三万六万七万八万七索七索七索三筒三筒五筒六筒七筒  リーチ

瀬戸熊も放銃となる三万を打たずに五万を宣言牌としてリーチする、もう一本のアガリが欲しいところだが流局。

南4局1本場、3回戦までトータル首位の勝又が親リーチ。
この半荘トップ目の瀬戸熊も3回戦までの借りを返すとばかりにリーチを打つが軍配は勝又にあがる。

勝又
五万六万七万八万一索二索三索二筒三筒四筒北北北  リーチ  ロン八万  ドラ三筒

瀬戸熊
四万四万六万六万六万一筒二筒三筒五筒六筒七筒八筒九筒  リーチ

南4局2本場、今日の勝又は失点してからの親が強い!
最後の選択も正解を選び、他3者にこれでもかとばかりの6,000オール。

三万三万三万三万四万五万六万七万八万七筒七筒八筒八筒  ツモ七筒  ドラ三万

南3局4本場 

100

六万四万の切り出しで愚形の可能性が少なく、かなり危険な状態だったがここでいかないとまずい」と対局後の前田のコメント。

四索八筒二索九索五万二万と切り飛ばし価値ある1,300。胸が熱くなる1局だった。

4回戦成績
瀬戸熊+29.6P 勝又+11.3P 前田▲10.4P 古川▲30.5P

4回戦終了時成績
勝又+46.4P 前田▲2.8P 古川▲15.7P 瀬戸熊▲27.9P

初日を終えてみれば不調の瀬戸熊が持ち直し、勝又は見事な安定感でリードという並びで終えた。
まだまだ続く激戦を是非ご覧頂きたい。

最後に勝又から初日を終えてのコメントを頂いた。

勝又「初日をプラスで終えることができたという結果は嬉しく思いますが、その内容はというと満足できないものにしてしまいました。課題を乗り越えるためにも、1週間、徹底的に自分を追い込み、結果、内容ともに充実したものにしたいと思います。」