プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第34期鳳凰位決定戦 初日観戦記 荒 正義

2018/01/26
執筆:荒 正義


鳳凰決定戦は1月14日(日曜日)からのスタート。
現・鳳凰の前原に挑戦するのは予選トップ通過の柴田。2位通過の内川と瀬戸熊である。
内川は最終節+75,2Pをたたき出し、レジェンド藤崎を沈め、卓外の伊藤優孝をかわした。これが若さと生命力である。

しかし、鳳凰決定戦となれば話は別である。
この4人で半チャン16回戦も戦わねばならない。若い生命力だけで勝てるとは限らない。

内川が相手を研究しているのは当然だが、相手も内川の打ち筋を分析しているのだ。
敵は柴田のほかに瀬戸熊と前原がいる。経験値なら、圧倒的にこの2人が上である。
経験値とは、麻雀の勝ち方である。ビックタイトルではここ一番のとき、体に刻んだその「感性」が物を言うのだ。

前原と瀬戸熊2人で、「鳳凰位」を通算6期占めているのだ(ともに3期)。十段位も2人で8期はあるだろう。実績と強さから見たら彼らも麻雀史に名を残すレジェンドである。

瀬戸熊のクマ熊タイムも警戒しなければならないが、前原のゴジラパワーも強烈である。
しかし、あっちもこっちもマークしていては受け中心となり、自分の麻雀が打てなくなる。そこをどう対処するのか、ここが内川の試練の場であるといえる。

 

100

 

東1局。ドラ六索

起親は柴田で、順に前原、瀬戸熊、内川の並びだ。
内川の1巡目の手だ。

一万四万五万六万七万二索二索四索七索北白発中  ツモ八万  ドラ六索

ここから内川は白を切った。ここに内川の闘志が垣間見える。通常、三元牌が3牌浮いて、自分の手が安いときは、誰かが切るまで三元牌は切らないのが常識。誰かが切ったとき、合わせて切ればいいのだ。これが安全。それくらい内川だって承知のはずである。

この三元牌にポンの声がかかり、次も同じ打ち手がポンなら大三元の可能性がある。場が一瞬にして凍りつく。一通が見えるから一万は切らぬまでも、切るなら自風の北である。しかし、内川は続けて三元牌を切り出す。4巡目までの河がこう。

白中発一万 上向き

そして、この時の手牌がこうだ。

四万五万六万七万八万二索二索四索七索九索八筒九筒北

私はこの時、内川のエンジンがかかり過ぎに見えた。遠くに三色が見えるが、手はカンチャンと辺チャンが残って愚形である。積極さは買うが、危険に見えたのである。だが、テンパイ一番乗りは内川だった。

(内川の河)
白中発一万 上向き北白
四索 上向き九索 上向き

四万五万六万七万八万九万二索二索五索六索七索八筒九筒  リーチ

入り目は五索である。今日の彼は前に出て戦って勝つ気なのだ。
ドラが1枚噛んだから出て2,600、ツモで1,000・2,000の手だ。待ちは苦しいが、河を見る限りツモ山にありそうな七筒である。この時の3者の河はこうだ。

(親・柴田)
一筒 上向き西中白発西
四筒 上向き一万 上向き

(南家・前原)
九索 上向き一万 上向き北九万 上向き中二万 上向き
二筒 上向き六筒 上向き

(西家・瀬戸熊)
九索 上向き一索 上向き白一筒 上向き発西
八筒 上向き六筒 上向き

しかし、ここで来たのが前原だ。自風の南をポンして無筋の打三万である。

五万五万二索三索四索六索六索六筒七筒八筒  ポン南南南

ドラの六索五万のシャンポン待ち。しかし、これは残念ながら空テン。いくら豪腕ゴジラでも、5枚目のドラの六索を引くのは無理だ。
親の柴田も、ただ指をくわえて見ているわけではなかった。

柴田
四万五万六万七万七万八万九万二索三索六索八索七筒九筒  ツモ一索

1シャンテンだ。安全策で行くなら筋の七筒。しかし、これは内川のロン牌だ。
柴田はここで無筋の四万切り。これは前原にも危険牌。柴田は親だから、放銃覚悟で一番強く構えたのである。これが功を奏した。
次巡ツモ七筒でテンパイ、即リーチだ。相手のロン牌を重ね、カンチャン同士の対決。七筒は残り1枚で、七索は残り3枚。態勢的には柴田が有利だ。案の定だ、すぐに七索を掴んで内川の放銃。
3,900はリーチ棒込みで4,900のアガリ。これは大きい。このとき裏目を食った内川は、何を思ったであろうか。

 

100

 

東1局1本場。ドラ三万

いいアガリの後は、好い手が入る。柴田が5巡目でリーチだ。

発東三筒 上向き白白

2巡目の初牌東の切りから、この時点で柴田の気配は出ていたはずである。親の手は早くて相当の手…と。
しかし、この河では待ちも色も絞れない。これに飛び込んだのが瀬戸熊。この時、彼の手はこうだ。

一万三万七万八万九万三索四索四索五索六索七筒七筒九筒  ツモ六万

ここでオリるなら三索四索四索の安全パイがある。しかし、真直ぐに九筒を打ち抜いた。開かれた柴田の手はこうだった。

二万三万四万七万七万五索六索七索三筒四筒五筒七筒八筒  リーチ  ロン九筒

瀬戸熊も2巡目の東切りと白のトイツ落としを見て、柴田の手は相当の手と読んだはずである。しかし、それでも打ち抜く。これが瀬戸熊流である。
この時、瀬戸熊は痛いと感じたか、安めで助かったと思ったか。私は後者と見る。5,800は6,100である。今期の瀬戸熊は打てている、と私は感じたがどうだろう。

東1局2本場。ドラ西

もうこれ以上、親にアガリをさせてはならない。麻雀のアガリはアガリを呼び連動するのだ。それも回を重ねるごとに、打点が高くなるのが麻雀。もうこれ以上加点させると、柴田の日で終わってしまう可能性がある。
そこで7巡目の白ポンで、親落としに向かう前原。ここは打点より、親落としが優先である。形は好いが、まだ1シャンテンだ。
やっぱり、柴田の手がどんどん膨らむ。10巡目でこうだ。

六索七索七索四筒四筒四筒七筒七筒南南南西西  ドラ西

面前なら四暗刻まで狙える手だ。鳴いてもトイトイと三暗刻で6,000オールがある。この時西は生きていた。
しかしここで前原がもう一手進め、テンパイが入っていた。

四索五索六索六索六索三筒三筒  チー一万 左向き二万 上向き三万 上向き  ポン白白白

六索は前原のロン牌で、これで柴田のトイトイと四暗刻は未然に防がれた。
しかし、麻雀は生き物だ。どう変化するかわからない。
前原の手がピンズの両面に変化したとき、打たれる六索もある。いや、そうでなくても柴田のこの手のリーチも強烈である。

五索六索七索四筒四筒四筒七筒七筒南南南西西

この形でツモなら三暗刻で6,000オールだ。
ここに13巡目、瀬戸熊のリーチが飛んで来た

三万四万五万六万七万八万三索四索四索四索五索五筒六筒  リーチ

もう、何が何だか分らない。
勝ったのは前原で、三筒で打ち上げたのは柴田だった。
これで無傷の前原が、リー棒込みで2,600の浮きに回る。ゴジラは見かけも怖いが、不気味である。

 

100

 

東2局。
この前原の不気味な親番を、2,000点で瀬戸熊が蹴る。打ったのは内川だ。

東3局。
親の瀬戸熊がツモリ三暗刻のリーチを打ったが、流局。
柴田の1人ノーテンで、3,000点の出費。これは少し痛いか。

東3局1本場。
ここは内川が、前原から1,300点のアガリ。リー棒込みで2,600の収入。
これで4人にアガリが出たことになる。内川は、初日が出てホッとしたことだろう。

東4局。
柴田がピンフ・ツモのアガリ。安手でもアガリして親を引くのは、好調の流れだ。

南1局。ドラ六索
6巡目に、柴田の親のリーチが入る。

二万三万七万七万五索六索七索二筒二筒二筒六筒七筒八筒  リーチ  ドラ六索

ドラの六索八筒を引いてのリーチだ。
好調の流れだから、私は四万ツモで3,900オールを予想。が、引いたのは一万で2,000オールだった。
後は小場で流れて1回戦が終了。

柴田+25.3P 前原+6.1P 内川▲8.4P 瀬戸熊▲23.0P 

 

 

2回戦。起親が前原で順に柴田・瀬戸熊・内川の並び。
東1局は流局。
東1局1本場は瀬戸熊のアガリ。

六万七万三索四索五索六索七索八索二筒二筒八筒八筒八筒  リーチ  ツモ五万  ドラ南

これが6巡目のリーチだ。残りツモが少なくなっていただけに、うれしいアガリだった。リーチ棒込みで5,300点の収入。瀬戸熊のこの半荘はトップで、1回戦の挽回が目安。しかし、柴田が沈みなら浮きの2着でもいい。
大事なことは柴田の連勝を防ぐことなのである。それならば点差はわずかだ。これは前原も内川も同じ考えのはずだ。

東2局。ドラ五万
10巡目に内川の先制リーチが入る。

四索四索五索五索六索六索二筒三筒四筒六筒六筒東東  リーチ  ドラ五万

東はリーチの直前に切られているから格好のねらい目である。打点も十分だ。その東が瀬戸熊の手に浮いている。そこに前原の追いかけリーチだ。

五万七万八万八万二索三索四索三筒四筒五筒五筒六筒七筒  リーチ

この時、瀬戸熊の手はこうだ。

三万五万六万六万六万二筒二筒三筒六筒八筒東白白

前原の欲しい六万は瀬戸熊の手に暗刻。これは無理だ。
東は前原の現物。打たれてもおかしくない東だった。しかし、瀬戸熊はオリを選択し、より安全な1枚切れの白を選んだ。一瞬、流れるかと思われたが、前原が最後のツモで六万を引き当て、2,000・3,900。リーチ棒込みで、これは大きい収入。親のかぶりは柴田だ。
このとき、瀬戸熊の顔に少しの微笑みが見えた。それはこうであろう。
(相変わらず、強い引きですね…)

もちろん、瀬戸熊以外の3人は六万がラス牌だったことなど知る由もない。
この後は小場で進んで、南3局。ドラ五万
内川はダブ南を鳴いてマンズの染め手。そこにこっそりテンパイを入れた前原。

五万六万七万一索二索三索五索六索七索三筒三筒六筒七筒  ドラ五万

目が内川に向いているから、当然のヤミテンである。
これに飛び込んだのが内川だった。ここで、ラスでは前途多難である。

南4局は、内川のラス親。ドラ五万
今期負けると、何を言われるかわからない。
(まだ若いから…)(力不足さ…)
それは冗談じゃないと、8巡目にリーチをかける内川。

五万六万七万七万八万九万六索六索二筒三筒七筒八筒九筒  リーチ  ドラ五万

2巡後、すぐに四筒引いて2,600オールだ。
(どうだ!)である。しかしまだ、沈みの3着だ。

南4局1本場。ドラ二筒
内川から10巡目にリーチ入る。今度はこれだ。

一万一万二万二万二万三万四万五万三索四索五索三筒五筒  リーチ  ドラ二筒

待ちはイマイチだが、打点はある。
しかし流局間際、柴田にかわされて幕。これまでの成績はこうだ。

2回戦終了時
前原+25.3P 柴田+11.4P 瀬戸熊▲19.0P 内川▲17.7 P 

 

 

3回戦
親は前原で順に柴田、瀬戸熊、内川。
今度のマークは前原である。あのパワーで連勝させてはならない。南家の柴田は親落としにかけ、親が仕掛けたら北家の内川は牌を絞る。これが3人の暗黙の了解事項だ。しかし、麻雀は状況に応じて変化する。
東1局。ドラ三万
内川の手が軽く6巡目でリーチが入った。

(内川の河)
九索 上向き白中五索 上向き一索 上向き五万 上向き

(内川の手)
三万三万四万五万六万二索三索四索一筒二筒三筒五筒六筒  リーチ  ドラ三万

これで入り目が絶好の二筒である。入り目に強さがあるし、受けは両面で待ち良し。そして打点がある。この三拍子がそろえば、ほぼアガリだ。粘った親の前原から、14巡目に追いかけリーチがかかったが、内川が引いて2,000・4,000。

東2局は流局。テンパイは親の柴田と内川だ。
1本場も流局。内川の1人ノーテンで、これはちょっと痛かった。
2本場。ドラ一筒
親の柴田から、10巡目にリーがかかった。

西二筒 上向き一万 上向き三筒 上向き一万 上向き八索 上向き
二筒 上向き一索 上向き六筒 上向き東

ドラそばの二筒が早いから、高そうに見える。やっぱりそうだ。

三万四万五万七万八万九万一索三索三索四索五索一筒一筒  リーチ  ドラ一筒

これで入り目が七万である。受けは弱いが、入り目がいいし打点もある。アガリの予感がする。同巡、内川にもテンパイが入った。

二万三万四万二索四索七索七索二筒三筒四筒六筒七筒八筒

暗刻で無筋の七索を切り、ヤミテン。内川も頑張ったが、柴田が二索を引き当て3,900は4,100オールだ。これは大きいアガリだった。

 

100

 

3本場。ドラ一索
ここも柴田の早いリーチが飛んで来た。

南二万 上向き四索 上向き三筒 上向き南

2枚目の南はツモ切りだ。そして手牌がこれだ。

四万四万三索四索五索九索九索五筒六筒七筒発発発  ドラ一索

流れは今、自分にあると見て強気の押しだ。瀬戸熊と内川も押したが、四万をすぐに引いて2,600は2,900オールだ。これで柴田は、持ち点を5,1500伸ばして断トツ。

4本場。ドラ二筒
今度は瀬戸熊が牙をむいた。7巡目のリーチだ。

(瀬戸熊の河)
中発二万 上向き五万 上向き九索 上向き三筒 上向き
発

待ちも高さも不明のリーチだ。
これに柴田が追いかける。

(柴田の河)
北西南東九索 上向き五筒 上向き
九万 上向き六索 左向き

(柴田の手)
一万一万一万二万三万八万八万一索二索三索五索六索七索  リーチ  ドラ二筒

打点は低いが、流れは好いし受けもいい。勝算はあったはずだ。
ここに内川も追いついた。

五万六万七万二索二索一筒二筒三筒五筒六筒七筒八筒九筒

打牌は強いが、ヤミテンを選択。

しかしこの局、勝ったのは瀬戸熊だった。ツモった二筒をコツンと置いた。

七万七万四索四索七索七索八索八索二筒七筒七筒九筒九筒  リーチ  ツモ二筒

これがドラで3,000・6,000。リーチ棒込みで14,200の収入。
(なめるンじゃないよ!)と思ったかどうか。

 

100

 

この時点で、3回戦の持ち点はこうだ。
前原11,600
柴田44,100
瀬戸熊37,200
内川27,100

東1局で、満貫をアガった内川も沈んだ。アガリのその多くがツモである。
たまらないのはアガリのない前原だ。しかし、ほかの3人から見たら理想の展開と言える。この回の柴田の浮きは仕方ないとしても、前回トップの前原がラス目なのだ。それで、よしとするところだろう。
この後は小場で流れてトップが柴田、2着が瀬戸熊で順位の変化はなかった。
3回戦までの総合得点はこうだ。

3回戦終了時
柴田+33.4P 前原+0.9P 瀬戸熊▲5.5P 内川▲28.8P

 

 

4回戦。
親は瀬戸熊で順に前原、柴田、内川である。
内川が、4回戦とも北家が気になるところ。しかも順位は、沈みのオール3着である。ここは踏ん張って、何とか失点を減らしてもらいたい。
瀬戸熊と前原は、柴田の山を削りたい。一方、柴田は(今日のできなら…+50Pは欲しい…)と思っているはずだ。

東1局。ドラ九索
好調の柴田から6巡目にリーチが入った。

白九索 上向き九万 上向き三索 上向き三筒 上向き六万 左向き

早すぎて、待ちは皆目わからない。その手の内がこうだった。

二万三万四万六万七万八万二索三索四索六索二筒三筒四筒  リーチ  ドラ九索

入り目は三色高めの二万である。受けの六索は絞りカンチャンで、待ちの死角に入っている。ちょっと弱気になれば、オリ打ちがある。何千人といる視聴者の前で、こんなの打たされてはかなわない。
これは東を鳴いていた前原が、300・500ツモってかわした。

東2局。ドラ二万
前原の親番。その前原が9巡目にリーチだ。

西南二筒 上向き八筒 上向き九筒 上向き七索 上向き
二索 上向き東七万 左向き

アガって引いた親だから、気をつけねばならない。3巡後、内川にもテンパイが入る。

一万四万四万八索八索一筒一筒二筒二筒五筒九筒九筒発  ツモ発  ドラ二万

一万はフリテンだから、これを切るのが普通。しかし、無筋でドラそば。ちょっと怖いので、中筋の五筒切り。すると2巡後、前原が五筒をツモ切る。内川のアガリ逃がしに見える。そして次に来た四筒を切ると、前原からロンの声。

五万六万七万三索四索四索五索五索六索三筒五筒発発  リーチ  ロン四筒

安くてくそ待ち。これが悪名高いガラリーである。
しかし、ヤミテンなら内川は一万を切り、前原が五筒で打ち上げていたのだから効果てきめんである。前原が怖いのはこの後だ。

東2局1本場。
お互いにマークし合って仲良く全員ノーテン。

東3局2本場。
ここは手堅く前原がヤミテンで、柴田から2,000点のアガリ(積み場600)。
両面の好形でリーチもあったが、好調の柴田の親を意識したに違いない。

東4局。ドラ三万
12巡目、瀬戸熊がドラ切りリーチ。

一万二万三万六万六万四索五索七索八索九索七筒八筒九筒  リーチ  ドラ三万

親の内川がそのドラをポンして、1シャンテンで突っ張る。
そしてテンパイを入れて引きアガる。

四索四索二筒三筒四筒四筒五筒六筒七筒八筒  ポン三万 左向き三万 上向き三万 上向き  ツモ六筒

リーチ棒付きで3,900オールだ。これは大きいアガリだ。

東4局1本場。ドラ二索
こんども早い瀬戸熊のリーチだ。

(瀬戸熊の河)
白南四万 上向き三万 上向き三筒 左向き

六万七万一索二索三索三索四索五索一筒二筒三筒八筒八筒  リーチ  ツモ八万  ドラ二索

これは引いて1,300・2,600。
後は小場で回って、トップが前原。2着が内川で3着が瀬戸熊。ラスが柴田だった。この第4戦は大きく動かなかったため、態勢にそれほど開きはない。
総合成績はこれだ。

4回戦終了時
柴田+22.2P 前原+11.6P 瀬戸熊▲10.4P 内川▲23.4P

内容は濃かったが、点差は半荘1回分の動きでしかない。チャンスはみんなにある。
ここで一番若い内川が、どう立て直して来るのか。打ち方を変えて来るのか、打たれてもさらに前に出るのか。見ものである―。