プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第29期プロリーグ A1 第3節レポート

2012/06/08
執筆:藤原 隆弘


29_a_03

梅雨入りを間近にひかえ、段々と蒸し暑くなってくる6月のプロリーグ。
今節の注目は、前回のレポートでもお知らせした、藤崎、朝武、沢崎、柴田の卓。

開幕から独走気配を見せる藤崎に、『甘やかしちゃあいかん!』と、待ったをかけんとする沢崎と朝武がストッパーとなれるのか?
今日もポイントを溜めて200Pアップを果たせば、早くも1人旅となる藤崎は、好調なうちに貯金を増やして楽な年金生活に入りたいところ。

しかし、この日の勝ち頭は伏兵柴田だった。
いや伏兵と言っては失礼かもしれない、彼は5年前、31歳でA1に初めて上がって来た年と、
翌年の2年連続で決定戦に進出し、その後A1に定着した次世代を担う有望株の1人。

試合前日の金曜日、道場勤務の柴田に『明日は君が頑張って主役になってもいいんだよ。』と、一言エールを送ったら、ホントにやってくれました。
『僕を忘れてもらっちゃあ困ります』とばかりに、初戦で大きめのトップを決めると、1、2、1、3でプラス50Pを叩き好位置に浮上してきた。

だが、そんな中でも藤崎は沈まない。
2、1、3、1と好調柴田に上手くシンクロして40Pも上乗せ、早くも200Pアップして完全に独走態勢に入った。

藤崎の刺客となり、今後のレース展開を面白くしてくれると期待していた沢崎は、藤崎を意識し過ぎたわけではあるまいが、
珍しく変調で、3回もラスを引き大きく後退してしまった。
まあ、沢崎のことだから中盤また立て直して上位に絡んでくるとは思うが・・・

朝武はツモがついてこず、朝武らしさを殆ど発揮できないまま貯金を半分に減らした。
10年前、私もA1を開幕からブッチギッた事があり、7月(第4節)には200Pを超えていた。(最終的には300Pプラス)
(私も強いときがあったんだよね~でも決勝は惨敗でしたが(涙))

藤崎は、それを上回る6月(第3節)の時点で200Pアップ!おそらく最速200Pアップ新記録である。
こうなると決定戦の一枠は早くも確定と断言していいだろう。
長い歴史の中で、途中経過で150プラスからこけた人は居たが、200越えてからこけた人は皆無。
まして、守備型で受けさせたら超鉄壁の藤崎が、ここまでポイントを持ったらダイヤモンドより固いだろう。
今後は、展開も逃がしてくれるようになる、中盤以降他の選手達の目標は2位~3位争いになり、
独走者にはマークがかからなくなるからだ。(もっともダンプと右田はそれどころでは無いが・・・・)

今節、もう1つ気になる卓があった。前原、瀬戸熊、望月、ダンプの組だ。

鳳凰位経験者が3人、今期も最初から降級争いのダンプにはちょっとキツイ面子。
1回戦からクマクマタイムが始まり瀬戸熊のダントツ、2回戦のラス前で珍しい4人リーチでの流局があった。
まず、プラスの2着目である北家の瀬戸熊がリーチ。

一万二万三万四万五万六万七万八万九万三筒四筒白白 リーチ ドラ二索

マイナス3着の親の望月も場況で一通の変化が望めなくなり、やむなく追いかける。

七万八万九万一索二索三索五索五索六索七索八索三筒三筒 リーチ

ラス目の南家・ダンプも追いついてリーチ、

二索三索四索一筒二筒三筒七筒七筒八筒八筒九筒南南 リーチ

ここで40,000点持ちのトップ目前原が長考。

三万三万四万五万六万六万七万二索三索四索四筒五筒六筒

メンタンピンドラ1の本手、これを決めてダントツに仕上げたいのだが、4人目のリーチをかけると流局となってしまう。
もし、自分がダメ押しできるチャンスであるならば、流してしまえば上げ潮に腕をこまねく事になってしまう。
ヤミ3,900点で押すか流すかで悩んだのだが、4人リーチでの流局を選択した。

4者の待ちは純カラの人は居なかったが、1~2枚残りで、瀬戸熊の二筒-五筒待ちだけが山に5枚残り。
勝負の途中で残りのツモ山を調べる訳にもいかないが、おそらく瀬戸熊の5,200点か2,000点3,900点のツモアガリが濃厚だったと思われた。

次局は、瀬戸熊が北をイチ鳴きし、ドラもブッタ切って供託リーチ棒4本付きの大きな大きな1,000点アガリ、
オーラスも4巡目の3面張テンパイで前原を捲っての2連勝。
この時点でトータルが100Pを越え、藤崎に続き2つ目の椅子も指定席となるのか?という勢いだったが、
3回戦東3局、ツモが残り1回のところでテンパイした瀬戸熊が、誰にロンされても不思議ではない三索を勝負すると、前原の七対子ドラドラに放銃となった。

前原にしてみれば、流局間際にようやくテンパイしアガリまでは期待してなかったものが、思わぬところから出てきてビックリか。
瀬戸熊にしてみれば、2連勝で60P以上叩き、この日だけで100P叩くチャンス、捕まるまでは強気に押すモードに入っていたので仕方無かろう。
ただ、この局を境に瀬戸熊と前原の流れが逆転したようで、瀬戸熊は後半2ラスを喰い、この日の稼ぎを半分だけ吐き出してしまった。
それでも、順調にプラスを積み重ねて好位置をキープし続ける瀬戸熊に死角は見当たらない。

夏場に差しかかるリーグ戦も来節から中盤戦、来月の注目卓は瀬戸熊、朝武、柴田、伊藤の卓である。

藤崎が確定した今、残る2席を狙う争いとなって行くのだが、期せずして現在の2位から5位の4人の直接対決となった。
瀬戸熊が勝てば後半戦にむけてかなり優位な位置取りとなる。
誰しも少しでも楽になりたいし、悪くても第2グループから脱落したくないところだ。

年代別の観点から見ても柴田(36歳)瀬戸熊(41歳)朝武(53歳)伊藤(63歳)と、4世代対決で面白い。
中でも、最年長の伊藤は、昨期も最終半荘まで決定戦進出を争ったのだが今年も元気にこの位置に居るのが凄い。

還暦鳳凰位となった荒の最年長鳳凰位記録を塗り替えるとしたら、荒本人以外にはこの方なんでしょうかねえ・・・・・・

第4節組み合わせ

A卓 右田 勇一郎 vs ダンプ 大橋 vs 石渡 正志 vs 沢崎 誠
B卓 朝武 雅晴 vs 伊藤 優孝 vs 瀬戸熊 直樹 vs 柴田 弘幸
C卓 藤崎 智 vs 前原 雄大 vs 近藤 久春 vs 望月 雅継