プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第30期プロリーグ A1 第1節レポート

2013/04/15
執筆:勝又 健志


2月17日鳳凰意決定戦最終日、前原の怒涛の追い上げを凌ぎ切り、いや、自分の全てを懸け最後まで戦い抜いた、瀬戸熊が鳳凰位に返り咲いた。
見るもの全てに感動を与えてくれた決定戦から1ヵ月半。
また新たな戦いがスタートした。

30_a1_01

30_a1_01

30_a1_01

第30期プロリーグ。今期よりA1に昇級したのは猿川真寿と古川孝次。
猿川は、相手との距離感を重視し、鋭い攻撃を繰り出す若手を代表する打ち手の1人。

古川は、最早紹介は不要であろう。過去鳳凰位3連覇の実績を持つ。
昨期のA2リーグでは力の違いを見せつけ、わずか1年でA1に復帰となった。

この2人が加わり、昨年以上の大激戦が期待される。さあ瀬戸熊への挑戦権を得るのは誰か?
第1節はA1、A2が同時刻開催のため観戦がかなわなかったので、牌譜から紹介させていただく。

注目したのは、近藤、望月、前原、猿川の卓。

1回戦東1局。4巡目に猿川が、

三索三索四索七索八索九索二筒三筒七筒八筒九筒白白発  ドラ五筒

ここから打四索と構える。
フラットな東1局ならば打発といくのが自然である。
しかし、ここは最終形が1,300のリーチになるのを避け、慎重に進めていく。
結果は10巡目、

三索三索六索七索八索二筒三筒四筒七筒八筒九筒白白  ツモ三索

このアガリとなった。

東3局10巡目、猿川にテンパイが入る。

一万二万三万九万九万七索八索九索一筒二筒三筒七筒八筒  ドラ五索

他3人の手牌が内側によっていることもあり絶好のテンパイである。
その中で私は、猿川の戦い方ならばリーチに行くものだと思っていたが、ヤミテンを選択。
そしてすぐに前原から出アガリとなった。

一万二万三万九万九万七索八索九索一筒二筒三筒七筒八筒  ロン九筒

東4局は望月が、

一万一万一万三万三万八万八万九万九万九万  ポン六万六万六万  ツモ八万

この倍満をツモ。南1局は近藤が6本場まで積む。
こうなると猿川は、一気にガードを固め失点を最小限に抑えた。
そして南3局、

七万七万一索一索二索二索三索三索四索五索六索八索九索  ロン七索  ドラ九索

この満貫をアガリ切って1回戦は猿川のトップとなった。

A1初参戦の猿川が、好調者近藤との距離感をしっかりと見極め、安定感のある戦いを見せた。
4回戦こそラスを引いてしまったが、+39.8Pは決定戦に向け、大きな足がかりとなったのではないだろうか。

第1節を終え首位にたったのは実力者沢崎。1、3、1、1で+59.4Pポイント。
昨年は、中々その力を発揮できなかったが、今期は開幕戦から好スタートをきった。

今期より全9節36回戦となったA1リーグ。今後の展開にも目が離せない。

第2節組み合わせ
A卓 前原 雄大 vs 近藤 久春 vs 荒 正義 vs 沢崎 誠
B卓 望月 雅継 vs 伊藤 優孝 vs 古川 孝次 vs 柴田 弘幸
C卓 朝武 雅晴 vs ダンプ大橋 vs 猿川 真寿 vs 藤崎 智