プロリーグ(鳳凰戦) 成績表

第34期鳳凰位決定戦 優勝者予想

最終更新日:2017/12/25


正解者の中から抽選で1名の方に、第34期鳳凰位獲得後の直筆サインをプレゼント致します。
また、応募された方の中から抽選で2名の方に、鳳凰位決定戦進出プロ寄せ書きサインをプレゼント致します。

応募方法:優勝すると思われるプロを記載し、こちら からご応募ください。

※1メールアドレスに対し、1応募とさせて頂きます。
※1メールアドレスより複数の応募があった場合、最後に応募されたもののみ受け付けられます。

なお当選者の発表は賞品の発送を以って代えさせて頂きます。

締め切り:2018年1月12日(金)

番号 名前 プロフィール 伊藤 沢崎 近藤 勝又 和久津 佐々木 ともたけ 野方 仲田
1

前原雄大

1期生

第12・25・33期 鳳凰位
第14・15・24・25・26期 十段位
グランプリ2008 優勝

他多数

ロン2プロフィール

2

HIRO柴田
2

内川幸太郎
4

瀬戸熊直樹

14期生

第26、27、29期 鳳凰位
第28、29期 鳳凰位

他多数

ロン2プロフィールこちら

進出者
現鳳凰位:前原雄大
1位通過:HIRO柴田
2位通過:内川幸太郎
3位通過:瀬戸熊直樹

 

予想者コメント

 

伊藤優孝
今年の流れは(将棋、競馬、競艇、ゴルフ、相撲、等々)若手の活躍、台頭が目立った。となれば内川かHIROか? しかしそう簡単では無いだろう。いかんせん麻雀界は経験値がものを言う世界。となれば経験、実績共に申し分の無い前原、瀬戸熊の一騎討ちとなる。どちらも勝てば4度目の戴冠だ!
過去において私は瀬戸熊の土壇場、瀬戸際の強さを麻雀だけに限らず何度も見ている(今年もギリで決定戦進出)瀬戸際直樹と改名した方がよいかも(笑)
結論→6、4で 瀬戸熊本命、前原対抗とします。
しかし流れからは内川、HIROの様な気もするな…~? 結局難しい…解らん~(笑)

◎ 瀬戸熊直樹
○ 前原雄大

 

沢崎誠
今回は攻撃的打ち手が揃いました。タイトル戦経験や鳳凰位戦実績では現鳳凰位・前原雄大と瀬戸熊直樹の2人が抜けています。
心技体-この部分で4者を比較するなら、体力ではほんの少し不安のある前原雄大、苦しい局面で苦しい表情を出すHIRO柴田に心の不安を感じます。
何も不安点が無いのが瀬戸熊直樹と内川幸太郎の2人です。
もう1つ、運気という点で考えます。最終予選で暫定4位の伊藤優孝を交わし、藤崎智を一気に抜き去ってトータル2位まで登りつめた運気はこの4者のなかでは抜けた運気です。
内川幸太郎が攻め勝つように思います。グリグリ◎の本命に内川幸太郎として、好位につけるのは守備力の高いHIRO柴田と考えます。

◎ 内川幸太郎
○ HIRO柴田

 

近藤久春
今期リーグ戦において抜群の安定感と勝負強さで堂々の首位で駆け抜けた柴田。
A1昇級初年で決定戦進出!!勢いでは内川。
今期は圧倒的な攻撃力に加え止めるべき時はしっかりと止め、実にバランスが良く感じた瀬戸熊。 なにより大舞台に強いのが一番の魅力。後はKKT発動待ち。
誰が勝っても納得なのだが、私の本命は現鳳凰位前原雄大です。
ここ一番の押し引きが群を抜いて素晴らしく、高く厚い壁になるのは間違いない(前回の決定戦の私の体感)
直前の天鳳位との戦いも見事に制し、そのままの勢いで押し切ると見る。

◎ 前原雄大
○ 瀬戸熊直樹

 

勝又健志
近年の決勝戦では瀬戸熊の親番はマークがきつく早い展開の局が多かったように思う。
しかし、今回のメンバーは速攻を中心に組み立てている選手がいないので、クマクマタイムが発動しやすいのではないかと考え本命に。
対抗には前原。vs天鳳位のサードシーズンも前原らしい勝ち方で1年間リーグ戦を戦っていない不安は全く感じられなかった。今決定戦でも存分に前原らしさを見せてくれるであろう。
同期のHiro柴田、同じ81年組の内川にも当然期待なのだが、印は2つまでとのことなので......

◎ 瀬戸熊直樹
○ 前原雄大

 

和久津晶
天鳳VSを2つも勝った、重圧を力に変える男、前原プロには敵う人はいないのか?
現世に立ち向かい続ける武士道スピリッツ、永久不滅のヒーロー瀬戸熊プロが正義を貫くか?
私は、圧倒的なマグマを胸に秘める柴田プロを本命にします。
リーグ戦の安定感、決勝戦で負けた経験の数、狩りをするかの様な集中力。
麻雀を命懸けの勝負と捉えるなら打ち盛りの若手2人のエネルギーに期待したい。
ゆえに対抗には気負いの分で内川プロ。クレバーな選択が多い選手ですが、敵をリスペクトする精神が良い方に作用すれば熱い試合をしてくれるはず!
新しい風はいつ吹き荒れるのか!

◎ HIRO柴田
○ 内川幸太郎

 

佐々木寿人
本命前原雄大、対抗瀬戸熊直樹。至ってありふれたつまらない予想だが、これ以外に思い浮かばない。1年間リーグ戦を戦わずとも、対天鳳位戦での連覇を果たした前原に死角なし。
その前原攻略に絶対の自信を持つ瀬戸熊を対抗に推す。見所としては、若い2人が先手を奪えるかにある。

◎ 前原雄大
○ 瀬戸熊直樹

 

ともたけ雅晴
決定戦という独特の緊張感がある場所でのキャリアと実績からならば前原VS瀬戸熊。
特に最後まで縺れる展開ならば2人のどちらかだと思うのだが…今期の成績が安定していたHIRO柴田を本命、最終節に爆発して勢いのある内川が対抗で、どちらも初のビックタイトル獲得となりニュースター誕生に期待したい。

◎ HIRO柴田
○ 内川幸太郎

 

野方祐介
本命は内川プロです。A1に昇級してすぐの決定戦。この勢いのまま獲ってしまいそうかなと。
対抗はHIRO柴田プロです。10年以上のキャリアがあり9年ぶりの決定戦。今期は調子もよくそろそろタイトルを獲得しそうです。

◎ 内川幸太郎
○ HIRO柴田

 

仲田加南
今の前原さんを倒せる人がいるとしたら、ヒーロー柴田さんしかいないと思います!
同郷、同学年の希望です。

◎ HIRO柴田
○ 前原雄大