文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

麻雀日本シリーズ2017 第2節レポート 黒木 真生

100

 

第1節終了時点で首位に立った「マムシ」沢崎誠は、この日の最終戦1回だけを打ち、+3.8Pの2着。首位をキープして、第3節までの約1か月を気分よく過ごせそうだ。

沢崎を2着に抑えトップを取ったのは、日本シリーズ連覇中の多井隆晴プロ。日本プロ麻雀連盟を辞める前、A1リーグで戦って以来、久しぶりの沢崎との対決を制した多井プロにとっては、この日が開幕戦だった。連続3着の後の大トップだけに、多井プロもホッとした様子だった。

この対戦でラスを引いた前田直哉は、その前も3着で大きくマイナス。第1節の貯金を吐き出し、8位に後退した。

3着だった佐々木寿人はここまで3戦いずれもマイナスしているが、この男だけは何とも思っていないだろう。「どうせ勝つのは俺」と心の底から信じ切っているので、途中のマイナスを気にかけてモヤモヤすることもないはずだ。現状11位だが、彼の心の中では、1が1つなくなった1位なのである。

この日、大きくプラスしたのは藤田晋さん。2着、トップで第2位に浮上。残り2回とプレーオフが残っているが、どうやら2015年度大会に続き、決勝進出を果たしそうな雰囲気である。

その藤田さんが大トップをとった陰で、堅実に2着を拾った近藤誠一プロが第3位。まだ4戦を残しているが、ここのところ、色々な試合で勝ちまくっている近藤プロだけに、プレーオフ進出は間違いないだろう。

逆に、そのアオリを食ったのが藤崎智。ラスを引き、さらに次の回も3着と大きくマイナス。トータル最下位で残り2戦。プレーオフ進出に早くも赤信号が灯る。瀬戸熊直樹を長期的スランプに陥れた「忍法」を繰り出して、何とかしてもらいたいものである。

第4位は白鳥翔。今回も1戦だけだったがトップを取り、ルンルン気分で帰って行った。相手が全員先輩なだけに、あからさまには喜んでいなかったが、どうしても頬の筋肉が緩み、負けた人が見たらイラっとしそうな感じもなきにしもあらずだった。

第5位の勝又健志は、開幕戦で1試合だけ行いラスを引いたが、第2節は好調。初戦、2戦目と連続トップをとり、最後は3着だったものの、スコアをまとめることができた。

その勝又の初戦、キツい目に遭ったのが第9位の萩原聖人さん。接戦の中でラスを引き、順位点マイナス15を負わされた上にこの日は打ち止め。消化不良のまま次節までを過ごさねばならない。

ただ、この萩原さんも藤田さんも、こういった試合に慣れられて、プロと同じように「気持ちの作り方」も習得されているようなので、私なんぞが心配する必要はないだろう。

この日も萩原さん、藤田さんともに、試合後も他の選手の対局を観戦してから帰られた。2人ともお忙しい中、スケジュールをやりくりしての参戦である。

こういった対局の後というものは、普通の麻雀の10倍以上疲れるものだ。しかし、それでも「もっと勝ちたい、強くなりたい」という向上心がそうさせるのだろう。本当に頭が下がる。

第6位の鈴木達也プロはこの日は対局なし。

第10位の忍田幸夫プロも同じく対局なし。

第12位は前原雄大プロ。残り3戦で今のマイナスを帳消しにしなければプレーオフ進出はできないが、この人なら半荘1回で十分だ。いや、40ポイントぐらいなら、1回の親番で稼ぎ出すことだってあり得る。

負けられない戦いが続くが、まだまだ老け込んではいられない。ファンのため、連盟のため、勝ち続ける前原の姿を見せてほしい。

第13位は近藤千雄プロ。開幕戦で大きなラスを引き、その後すぐフランスへ旅立ったが、帰ってきてまた1戦。ここでも少しマイナスし、きっかけはつかめていない状態。だが、まだ4試合もある。全然チャンスは残っているので、ぜひ踏ん張って「最強」であることを証明していただきたい。

 

予選成績

順位 名前 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 半荘消化数 合計
1 沢崎誠(連盟会長推薦) 34.7 22.4 3.8 3/6 60.9
2 藤田晋(連盟会長推薦) ▲ 2.9 14.0 11.2 28.0 4/6 50.3
3 近藤誠一(最高位) 33.5 12.1 2/6 45.6
4 白鳥翔(連盟会長推薦) 12.0 29.7 2/6 41.7
5 勝又健志(連盟会長推薦) ▲ 31.5 21.7 39.2 ▲ 6.9 4/6 22.5
6 鈴木達也(連盟会長推薦) 16.4 ▲ 3.3 2/6 13.1
7 多井隆晴(麻雀日本シリーズ2016優勝) ▲ 9.7 ▲ 8.2 27.0 3/6 9.1
8 前田直哉(連盟会長推薦) 30.4 12.6 ▲ 29.4 ▲ 22.2 4/6 ▲ 8.6
9 萩原聖人(連盟会長推薦) 8.9 ▲ 7.9 ▲ 24.2 3/6 ▲ 23.2
10 忍田幸夫(将王) ▲ 31.4 1/6 ▲ 31.4
11 佐々木寿人(麻雀グランプリMAX優勝) ▲ 18.4 ▲ 7.4 ▲ 10.6 3/6 ▲ 36.4
12 前原雄大(鳳凰位) ▲ 23.9 ▲ 25.0 6.6 3/6 ▲ 42.3
13 近藤千雄(最強位) ▲ 43.8 ▲ 0.8 2/6 ▲ 44.6
14 藤崎 智(十段位) ▲ 41.1 26.7 ▲ 31.9 ▲ 13.4 4/6 ▲ 59.7