文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

麻雀日本シリーズ2017 第3節レポート 黒木 真生

100

 

第3節が終了し、首位の沢崎誠と2位の藤田晋さんはプレーオフ進出をほぼ確定させた。
もちろん、半荘1回でいくつ沈むかわからないといえば分からないが、ここまで安定感を見せてきた選手が急に崩れることは、ほとんどないと言える。

藤田さんはプロ団体に所属していないから「さん」づけしているだけで、実力、実績的にはプロと変わらない。当然、こういったリーグの戦いの経験も豊富であり、突然順位を落とすことはないだろう。
そういう意味では、3位につける近藤誠一プロも、ほぼ安泰と言えるだろう。
第3節は少しマイナスしたが、それでも残り2回戦で大崩れしなければ上位8名には残れる位置だ。

4位の白鳥翔はポイント的には3位と大差ないが、残り回数3回をどう消化するかがポイント。
RTDリーグでも好調であり、これは私見であるが、プレーオフには残ってくるだろうと思う。

連覇中の多井隆晴プロは現在5位。1戦目でマイナスしたが、しぶとく2戦目で盛り返しプラスに戻した。
多井プロも残り1戦。ラスさえ引かなければ、という条件だが、正念場であることは間違いない。

6位の勝又健志は第3節がお休み。第4節に2回打ち、これまた大きく沈まないことがテーマとなる。

もちろん、ここまでの人たちは、プレーオフ進出だけが目標ではなく、あくまでも最終的なミッションは「決勝進出」だろう。
調子次第ではポイントを稼ぎ、決勝ボーダーまで伸ばすことを考えるケースもある。
だが、浮きが小さい、7位の忍田幸夫プロ以下は、まずはプレーオフ進出が命題となるだろう。
忍田プロは残り2回戦で、浮きをキープしたいところだが、試合展開次第では、ボーダーが上がることも考えられる。可能なら、少しでもいいのでポイントを上積みしたいのが本音だろう。

8位の前田直哉以下がマイナスポイント。
前田も残り2回なのだが、ポイントとなるのが近藤千雄プロの成績だ。
現在近藤千雄プロはマイナス100ポイント超の最下位。残り2戦なのだが、その2戦とも前田と当たるのだ。
成績的に近藤プロはかなり無理をしなければならず、攻撃も大振りになる可能性があるが、この大振りがジャストミートすれば前田が甚大な被害を被ることになる。逆に空振りした場合は、前田がその恩恵に預かる可能性が高くなる。
これを前田がチャンスととらえるか嫌だなーと思うかは分からないが、見る方としてはひとつのポイントになるに違いない。

9位は2戦残した鈴木達也プロ。
位置的にやることははっきりしていて、ある程度攻めてポイントをプラスに転じるしかない。
そういった状況だけに、本来の鈴木プロの「ファンタジスタ」ぶりが見られると期待している。

10位は萩原聖人さん。
ここまで、あまり好調とはいえないが、3戦も残しているので心配はない…と思いたいが、相手もトッププロばかり。
苦戦を強いられることは間違いなさそうだが…やはりこの人、いつも苦戦しながら勝ち上がってくるので、今回もやっぱり苦しみながらギリギリすべりこんでくるような気がしてならない。

11位佐々木寿人、12位前原雄大と、チームがらくたが仲良くマイナス30ポイント代で並んでいる。
しかも仲良く残り1戦ずつでトップ条件であるが、とにかくこんな位置で仲良くしてもらっても困る。
最後に2人らしく豪快にトップをとり、仲良くプレーオフに進出し、卓上では仲悪く戦っていただきたい。

13位は藤崎智。6万点トップをとればポイントはチャラになるものの、そう簡単にはいかないだろう。十段戦は好調の忍者が、最後に何か秘策(=忍術)を用意してくるのかどうか?

そして14位は近藤千雄プロ。
先ほども言った通り、ひたすらポイントを伸ばすのみ。
連勝しつつ、素点7万点を稼げばいいだけなので、ぜんぜん不可能ではない。「どんよく」に攻めてもらいたい。

 

 

システム

■予選全21回戦(各自6回対局)を行いポイント上位8名がプレーオフ進出
■プレーオフ全4回戦(各自2回対局)ポイント持ち越し上位4名が決勝進出
■決勝全4回戦

予選成績

順位 名前 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 半荘消化数 合計
1 沢崎誠(連盟会長推薦) 34.7 22.4 3.8 9.6 27.0 5/6 97.5
2 藤田晋(連盟会長推薦) ▲ 2.9 14.0 11.2 28.0 ▲ 4.7 5/6 45.6
3 近藤誠一(最高位) 33.5 12.1 17.8 ▲ 27.4 4/6 36.0
4 白鳥翔(連盟会長推薦) 12.0 29.7 ▲ 10.2 3/6 31.5
5 多井隆晴(麻雀日本シリーズ2016優勝) ▲ 9.7 ▲ 8.2 27.0 ▲ 23.6 39.1 5/6 24.6
6 勝又健志(連盟会長推薦) ▲ 31.5 21.7 39.2 ▲ 6.9 4/6 22.5
7 忍田幸夫(将王) ▲ 31.4 ▲ 6.0 22.4 21.5 4/6 6.5
8 前田直哉(連盟会長推薦) 30.4 12.6 ▲ 29.4 ▲ 22.2 4/6 ▲ 8.6
9 鈴木達也(連盟会長推薦) 16.4 ▲ 3.3 5.9 ▲ 37.3 4/6 ▲ 18.3
10 萩原聖人(連盟会長推薦) 8.9 ▲ 7.9 ▲ 24.2 3/6 ▲ 23.2
11 佐々木寿人(麻雀グランプリMAX優勝) ▲ 18.4 ▲ 7.4 ▲ 10.6 33.9 ▲ 28.1 5/6 ▲ 30.6
12 前原雄大(鳳凰位) ▲ 23.9 ▲ 25.0 6.6 11.4 ▲ 4.4 5/6 ▲ 35.3
13 藤崎 智(十段位) ▲ 41.1 26.7 ▲ 31.9 ▲ 13.4 14.7 5/6 ▲ 45.0
14 近藤千雄(最強位) ▲ 43.8 ▲ 0.8 ▲ 45.7 ▲ 16.9 4/6 ▲ 107.2