文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

女流プロ麻雀日本シリーズ2018 第1節レポート 石田 亜沙己

女流プロ麻雀日本シリーズ2018が開幕した。

2017年度、麻雀界において活躍した女流プロが一堂に会し、麻雀の日本一を決めるこの大会。
前回の女流プロ麻雀日本シリーズ2017では、自身の半生が描かれた劇画『aki』が映画化されたことでも話題を呼び、常に最前線で麻雀界を盛り立ててきた二階堂亜樹が優勝。

100

最終戦オーラスには、3者に厳しい条件を突きつけ見事な優勝を果たした。

そんな前回に続いて、今期の女流プロ麻雀日本シリーズではどんな闘牌が繰り広げられるのだろうか。

前年度チャンピオン二階堂亜樹をはじめ、各プロ団体のリーグ戦優勝者、タイトルホルダーが集結。
現女流桜花 仲田加南
100
 
現女流最高位 西嶋千春
100
 
現女流雀王 朝倉ゆかり
100
 
現プロクイーン 西嶋ゆかり
100
 
現麻雀マスターズ 佐月麻理子
100
 

そこへ会長推薦6名。

現女流モンド杯王者 池沢麻奈美
100
 
モンド王座連覇、女流桜花決勝常連、また来期から鳳凰戦Aリーグに昇級した実績NO1の魚谷侑未
100
 
プロクイーンを2期獲得し、鳳凰戦最高峰のA1リーグまであと一歩と迫った、黒沢咲
100
 
初代女流日本シリーズ覇者であり、また女流モンド、天空麻雀など数々の放送対局で優勝 高宮まり
100
 
昨年のプロクイーンファイナリスト、そしてRTD Girl's Fight、八局麻雀、てんパイクイーン優勝 山脇千文美
100
 
プロクイーン2期獲得。数十年ぶりの女性A1リーガーとして注目を集める和久津晶。
100
 

人気と実力を兼ね備えた12名による麻雀日本シリーズが開幕した。

初出場の西嶋千春、西嶋ゆかり、池沢麻奈美、黒沢咲、山脇千文美の戦いにも注目したい。

初日首位で終えたのは初出場の西嶋ゆかり。

初戦では3着だったものの、3回戦では仲田、和久津、黒沢と攻めのきつい3者相手に屈することなく、プロクイーンでも見せた押しの強い麻雀でトップを獲ると続く5回戦でも安定した戦いで連勝。

同じく初出場の池沢麻奈美もトップスタートをきると、持ち前のバランスのいい麻雀で5回戦も2着と堅くまとめ番手につけた。

初出場の選手が善戦した今期の日本シリーズは今後どういう展開をみせるのか。

第3節は2月11日(日)13時配信スタート!!

11回戦:仲田加南vs二階堂亜樹vs魚谷侑未vs山脇千文美
12回戦:仲田加南vs朝倉ゆかりvs和久津晶vs池沢麻奈美
13回戦:朝倉ゆかりvs二階堂亜樹vs和久津晶vs山脇千文美
14回戦:魚谷侑未vs高宮まりvs池沢麻奈美vs山脇千文美
15回戦:佐月麻理子vs魚谷侑未vs高宮まりvs山脇千文美

実況:日吉辰哉
解説:白鳥翔・佐々木寿人

お見逃しなく!