文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

女流プロ麻雀日本シリーズ2018 第5節レポート 石田 亜沙己

本日でプレーオフ進出者が決定する。
プレーオフは各者1半荘。上位者はポイントを伸ばしたいし、個々の性格にもよるので一概には言えないが、ボーダー付近の選手はとりあえず残ることを目標にするだろう。

 

21回戦(山脇、黒沢、朝倉、池沢)

山脇がプレーオフに残るにはほぼ2連勝条件。
残りの3者は現状維持でもプレーオフには残るが、2位につけている黒沢、現状3位の池沢は決勝のために加点したいだろう。

東1局、黒沢がドラ単騎でリーチを打つと、どうしてもトップが欲しい親の山脇がテンパイ打牌でドラ切り。
裏ものって8,000のアガリとなった。

東2局の親番で黒沢がさらに加点をして50,000点オーバーに。
池沢が追撃するも黒沢が逃げ切り。朝倉は3着で現状7位で21回戦を終える。

 

22回戦(黒沢、西嶋ゆかり、魚谷、朝倉)

ここから、全員残り1戦勝負。
現状6位の魚谷と朝倉は2ポイント差。2者のうち着順が上のほうはプレーオフほぼ確定。下のほうは別卓の結果次第になる。

東2局。特大トップが欲しい西嶋ゆかりが6,000オールをアガるが、その後点棒を増やせず、接戦に。

南2局、2軒リーチにフリテンながら黒沢がテンパイでおす。

四万四万四万二索二索一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒  ドラ八筒

高めの九筒をツモって2着に浮上。

南4局、朝倉以外の3者が接戦。
3者テンパイの中、この局を制したのは魚谷。トップをもぎ取る。

 

23回戦(和久津、高宮、池沢、亜樹)

現状ボーダーの和久津は7位の朝倉と▲12.7P差。9位の佐月とは10.8P差。
東1局、和久津に満貫のテンパイが入るが、亜樹がかわす。

その後も東2局、3局とアガリを重ねると安定の局まわしで亜樹がトップをとる。
和久津は勝負手がアガれず3着で最終戦の結果待ちとなった。

 

24回戦(西嶋千春、山脇、仲田、佐月)

現状9位の佐月は8位の和久津と9.2P差。トップをとるか、34,300点以上の2着でプレーオフ進出となる。

開局、仲田が満貫をツモるも、4者譲らない戦いで接戦に。
南1局、親の西嶋千春が9巡目、勝負手リーチ。

四万四万四索四索五索五索六索六索六筒八筒発発発  ドラ三索

11巡目に佐月も追いつく。

一万二万三万四万五万六万七万八万九万三索三索六筒八筒

佐月はヤミテンを選択するが、14巡目にドラが4枚見えてリスクが減ったところでツモ切りリーチと踏み込む。
2軒リーチになり手づまりした山脇が両者のスジの七筒で放銃。
佐月が一発の頭ハネで跳満のアガリに。佐月がトップになりプレーオフ進出を決めた。

 

システム

■予選全24回戦(各自8回対局)を行いポイント上位8名がプレーオフ進出
■プレーオフ全4回戦(各自2回対局)ポイントを持ち越し上位4名が決勝進出
■決勝全4回戦

予選成績

順位 名前 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 7回戦 8回戦 合計
1 西嶋千春(第17期女流最高位) 15.8 ▲ 26.6 32.7 ▲ 7.4 94.5 ▲ 6.4 5.1 15.1 122.8
2 黒沢咲(連盟会長推薦) 19.7 ▲ 25.3 27.9 22.1 ▲ 5.7 26.4 41.5 9.3 115.9
3 池沢麻奈美(連盟会長推薦) 25.1 10.4 26.6 ▲ 22.4 ▲ 8.6 29.4 17.0 10.3 87.8
4 二階堂 亜樹(女流プロ麻雀日本シリーズ2017優勝) ▲ 4.8 ▲ 9.0 ▲ 8.0 26.4 34.6 33.6 ▲ 28.3 27.3 71.8
5 魚谷 侑未(連盟会長推薦) ▲ 22.1 ▲ 34.7 ▲ 41.4 34.8 0.5 12.7 71.1 20.0 40.9
6 仲田加南(第12期女流桜花) 5.7 10.7 8.2 ▲ 22.6 27.3 4.5 ▲ 6.7 ▲ 8.4 18.7
7 朝倉ゆかり(第16期女流雀王) 3.4 12.4 12.4 6.5 ▲ 23.6 21.9 ▲ 14.1 ▲ 23.6 ▲ 4.7
8 佐月麻理子(第26期麻雀マスターズ) ▲ 21.6 7.5 10.4 ▲ 29.3 ▲ 24.8 8.1 11.4 25.9 ▲ 12.4
9 和久津 晶(連盟会長推薦) 6.7 ▲ 10.0 ▲ 9.0 ▲ 1.7 ▲ 10.6 ▲ 31.1 38.2 ▲ 11.6 ▲ 29.1
10 西嶋ゆかり(第15期プロクイーン) ▲ 10.5 29.6 25.2 ▲ 14.1 ▲ 57.9 ▲ 20.0 ▲ 26.1 ▲ 5.7 ▲ 79.5
11 山脇千文美(連盟会長推薦) ▲ 11.5 ▲ 16.4 ▲ 32.7 ▲ 10.2 ▲ 30.9 22.2 ▲ 44.4 ▲ 32.6 ▲ 156.5
12 高宮 まり(連盟会長推薦) ▲ 36.6 ▲ 28.7 ▲ 9.4 ▲ 36.1 ▲ 6.6 ▲ 7.5 ▲ 24.8 ▲ 26.0 ▲ 175.7