文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

女流プロ麻雀日本シリーズ2019 プ決勝レポート 中野 妙子

予選。プレーオフを経ていよいよ今期の女王が決まる日がやってきた。
流石に決勝慣れしている4名、対局前は和やかな雰囲気である。
茅森早香、朝倉ゆかり、西嶋千春、西嶋ゆかり
決勝に来るまでもすごいプレイが何度も出ていたこの女流日本シリーズ、決勝もいきなり1回戦から目が離せない面白い戦いとなった。

★1回戦(起家から、西嶋千春、西嶋ゆかり、茅森、朝倉)
決勝の東1局は西嶋ゆかりが茅森から5,200を出アガリスタート。
アガッた西嶋ゆかりは、次局の親でドラ東バックの仕掛けを入れてテンパイするが、生牌の南を持ってきて考える。下家の茅森の六万ポンを見て、西嶋ゆかりの選択は、オリ!
いきなり出た西嶋ゆかりのビタ止め。開局の親番でチャンス手だったが、西嶋ゆかりはしっかりとオリを選択した。

まず一歩抜け出したのは茅森。親番で満貫をアガリ4万点越え。
だがその後、序盤は手が入らずオリになっていた西嶋千春が、粘ってアガリをものにしてから、3連続のアガリで3度目は6,000オールで一気に茅森を捲りに5万点越えのトップ目に立つ。

西嶋千春は、南1局の自身の親が終わったら、他家の親を流す&テンパイをとるために積極的に仕掛けも入れてきて、さぼらない、粘りがすごい。

オーラスの親は4着目、13,000点持ちの朝倉。
西嶋ゆかりから先制リーチが入るが、朝倉は1シャンテンから最後まで押して、12,000を西嶋ゆかりから出アガる。
最後は西嶋千春が唇をキュッと一度引き締め、トップ目からリーチを打ち、朝倉の親を終わらせる。

決勝1回戦
1着 西嶋千春
2着 茅森
3着 朝倉
4着 西嶋ゆかり

★決勝2回戦(起家から、西嶋ゆかり、朝倉、西嶋千春、茅森)

西嶋ゆかり▲33.9P 朝倉▲17.3P 西嶋千春+38.3P 茅森+12.9P

東1局、親の西嶋ゆかりのビタ止めからまた始まる。
1回戦に4着だった西嶋ゆかり、大事な親番に茅森からのリーチが入りギリギリまで押していきテンパイ入るが、アタリ牌を持ってきたらまたビタ止め。なぜこんなにビタ止めができるのだろうか?!西嶋ゆかりオリジナルを魅せてゆく。

連荘もなく東4局まできたと思ったら、親の茅森が4,000オール。
持ち点が46,100点と、1人抜けたトップに立つ。
他3者は2万点台で南場に入る。

西嶋千春が8,000をアガリ、茅森に少し近づいたかと思ったら、今度は茅森が2,000・4,000のツモアガリとまた突き放す。茅森の選択には、解説の2人も思わず天才!という声が上がる。

 

100

 

茅森は前に出てきたら必ず仕留めてモノにするというイメージ!

茅森はオーラスの親でもしっかりツモアガリ加点する。
最後は3着目の西嶋ゆかりが先制リーチでアガリ、2着に浮上する。
茅森は大きなトップとなり、朝倉は苦しい半荘となった。

決勝2回戦
1着 茅森
2着 西嶋ゆかり
3着 西嶋千春
4着 朝倉

★決勝3回戦(起家から西嶋ゆかり、茅森、西嶋千春、朝倉)

茅森+55.6P、西嶋千春+32.3P、西嶋ゆかり▲29.8P、朝倉▲58.1P

西嶋ゆかりと朝倉はここでなんとかトップが欲しい。
東1局、親の西嶋ゆかりから先制リーチがはいるが、西嶋千春が追いかけリーチ。しかも待ちはさっき通ったばかりの六索
さっき通った牌だが、勝負手は勝負手できっちりぶつけていく西嶋千春。予選から好成績を残している西嶋千春は、勝負に行く時のメリハリの良さと腹のくくり方がすごい!
高めの六索を親からしっかり出アガる!

 

100

 

東3局に手がぶつかる。
まずは西嶋ゆかりが二筒五筒待ちで先制リーチ。

 

100

 

ここに親の西嶋千春がドラ3の手で追いかけリーチ!待ちはカン二筒

 

100

 

茅森がヤミテンで二筒待ちの七対子をテンパイ。

 

100

 

3人テンパイで流局。
1人ノーテンの朝倉はまた苦しいかと思われたが、次局、西嶋千春からしっかり満貫を打ち取る。

これでトップ目は朝倉。東4局の親番で連荘する。
が、西嶋ゆかりも黙ってはいない。
七対子のドラ待ちのリーチを打ち、しっかりドラをツモリ3,000・6,000。
チャンスをつなげる。

オーラスは茅森がアガるものの、着順はトータルポイントと真逆となった。
流石に決勝に残っているこのメンバー、最後まで誰が優勝するかわからない、何かが起こるかもしれないという期待感をますます持たせてくれる3回戦となった。

決勝3回戦
1着 朝倉
2着 西嶋ゆかり
3着 西嶋千春
4着 茅森

★決勝 4回戦 (起家から、西嶋千春、西嶋ゆかり、朝倉、茅森)

連盟の規定により、最終戦は着順上位から北家、起家、南家、西家スタートという席順。
暫定着順は、①茅森+33.4P、②西嶋千春+26.2P、西嶋ゆかり▲25.2P、朝倉▲34.4P

気合の入った立会人、ともたけプロの合図でいよいよ最終戦がスタートした。
茅森と西嶋千春は着順勝負。西嶋ゆかりも朝倉も大きなトップをとれば優勝がある。

まずは朝倉が先制リーチでツモアガッた次局、3人の手がぶつかる。

親の西嶋ゆかりがタンピン系。
朝倉がピンズのホンイツ。
茅森がソウズのホンイツ。

まずはテンパイしたのは茅森。一索二索三索待ちにする。

 

100

 

親の西嶋ゆかりが仕掛けてドラの九索を勝負し、三筒六筒待ちのテンパイ。

茅森は六索を持ってきて、六索九索に待ちを変えられるが、九索はさっき親に切られたばかり。
一索二索三索待ちを続行。
茅森はハイテイで九索を持ってきてしまった。

 

100

 

これを決めれば決定打になるアガリとも言えたかもしれないと考えると、茅森にとって嫌な感じがするか?茅森自身はどう考えただろうか?

東3局、親の朝倉が西嶋ゆかりから打ち取り加点する。今まで大逆転も見せてきた朝倉、一気に来るか?とも思わせたが、連荘を止めたのは茅森。そして茅森の親番。

南家の西嶋千春は積極的に鳴いていき、茅森の親は落とす!という構えを見せる。
だが、茅森はすぐドラ八筒単騎で七対子のヤミテンを入れる。そして、1枚切れの東を持ってきたらこれに待ちを変え、リーチ。トップ目の朝倉から東が打たれ、裏が乗り12,000のアガリとなる。

もう茅森に決まりか?という雰囲気が少し流れたその矢先、西嶋ゆかりがリーチして一発ツモで2,000・4,000のアガリ。そしていよいよ南入する。

西嶋千春は絶対落とせない親。この親を今度は茅森が仕掛けて落としにきてテンパイ。
これは西嶋千春絶対絶命か!と思われたが、リーチまでたどり着き茅森をおろすことに成功、2,000オールをツモる。

次局は先制リーチを打つことができた西嶋千春だが、朝倉も黙ってはいない、ここは押して来て追いかけリーチを打つ。
西嶋千春の8,000の放銃となった。

これで苦しくなった西嶋千春だが、次局は積極的に仕掛けていく。絶対なんとかするぞ!という気持ちがこちらにも伝わってくる。

西嶋ゆかりの親番は、ドラを切って勝負した茅森がかわした。

そして朝倉の親番。ここは西嶋千春が満貫のツモ!

これでオーラスを迎える。親は茅森。
西嶋の条件は1,300・2,600ツモ、3,900直撃、満貫出アガリ。
朝倉、西嶋ゆかりはダブル役満条件。

 

100

 

茅森の手牌がいい。
これなら1回アガリに行くかと思われる手牌。

西嶋千春はここで長考。条件を満たすために何を切るかじっくり考え、選択はドラの九筒
見事九索を引き入れ、西嶋千春の選択はリーチ!

 

100

 

五索は山にはないので、南であがれば優勝。まだ南は1枚残っている。

 

100

 

茅森もテンパイしたが、もう西は打たずに選択は、オリ。
そして西嶋千春の1人テンパイで流局。

優勝は茅森早香!

優勝は1人だけだが、選手それぞれの個性と、それを活かした見せ場があり盛り上がった。
予選から全員を応援したくなるような、本当に誰が優勝してもおかしくない、まさにこれが女流日本一を決める戦いという、目の離せない大会だった。

今期も盛り上がりを見せた日本シリーズ、次回はどんな戦いが見られるのだろうか…

 

100

 

2019年女流プロ麻雀日本シリーズ
優勝 茅森早香
2位 西嶋千春
3位 朝倉ゆかり
4位 西嶋ゆかり