文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

麻雀日本シリーズ2019 決勝レポート 白鳥 翔

100

 

 

麻雀日本シリーズ2019は沢崎誠の優勝で幕を閉じた。

近藤誠一、多井隆晴、小林剛という麻雀界でも名の通った強豪3名相手に価値ある勝利を収めた。
負けた3者も持ち味十分で、近藤は打撃力と踏み込みの深さを、多井はバランスのとれた攻めと守り、そして小林はメンゼンとフーロの使い分けと冷静な判断を見せてくれていたと思うが、この日はやはり沢崎の力強さが際立っていた。

1回戦は沢崎がトップで近藤が2着、大きく離されたラスに小林という並びで終わってしまったが、2回戦は小林がトップ。そして3回戦の東1局に小林が親で4,000オールをツモると、勝負の行方は完全に分からなくなった。

3本場、小林の山に6枚残っているピンフドラ1のリーチがはいるも、沢崎がギリギリまでうまく粘って、追いかけノミ手のリーチを打ち一発ツモ。
決勝でなかったらどうしていたかは分からないが、このあたりのバランス感覚をまだ観ていない方には、自分ならどうしていたかということを考えながら是非観て欲しい。

南3局も技ありの一打があった。2巡目に白をポンした沢崎、ポンして

一万三万四万六万七万九索九索四筒北北中  ポン白白白  ドラ六索

ここから1枚打たれている打九索とする。
ここまでの自分の捨て牌は九筒一筒とあったため、ここでポンして四筒としてしまうとホンイツが極端にアガりづらくなってしまうなどの理由もあったか。
トータルトップ目ではあるのでここを流せば!という気持ちが強く働いてしまうと、一万四筒を打つことになりそうだが、そうした場合、北をポンして二万五万八万の二度受けの1シャンテンに受けるのは守備力も低下してしまう。
ならばここは打九索とゆったり構えて、北はホンイツになれば鳴き、四筒から伸びればノミ手もやむなしと考えていたのだと思う。

自分のトータルポイントや河の状況、そして相手へのプレッシャーなど、様々なことから繰り出された一打だったと思うが、実戦で打つかどうかは別としてなかなか閃かない一打だなと感嘆した。

4回戦も沢崎がしっかりと勝負所を制しての麻雀日本シリーズ見事な二度目の戴冠だった。
この熱い闘いはFRESH LIVEの日本プロ麻雀連盟チャンネルからご覧になれますので是非ご覧ください!!