女流プロリーグ(女流桜花) 決勝観戦記

一覧

第9期女流桜花決定戦 二日目観戦記 櫻井秀樹

2015/01/29
執筆:櫻井 秀樹


初日終了時成績
吾妻さおり +33.9P
安田麻里菜 ▲7.5P
魚谷侑未  ▲13.1P
和久津晶  ▲13.3P

初日3、4回戦は多少荒れる展開になったものの、首位吾妻から4位和久津まで47.2P差と1半荘でひっくり返る差に収まった。
受けを強化し、良いバランスでゲームを運ぶ、現女流桜花吾妻が2日目もリードを広げるのか?
昨年のリベンジを誓う3人が吾妻を捕え、追い抜くのか?

第9期女流桜花2日目は予想だにしない衝撃の展開となった。

 

100

 

5回戦 (起家から、安田・魚谷・吾妻・和久津)

東1局 オヤの安田は2局連続でテンパイを入れるも、和久津がうまく立ち回りアガリを阻止。

一索二索三索七索九索発発発中中  チー八万 左向き七万 上向き九万 上向き  ドラ七索

二万二万三万四万五万七万八万九万九万九万東東東  ドラ四索

どちらも打点があるだけに痛い安田。しかし表情は落ち着いている。

東場は安田、魚谷がアガリあうも大きな動きは無く南入。
南1局がこの半荘の分岐点となる。

南1局、オヤ安田が13巡目にこのテンパイ

八万八万四索五索二筒二筒三筒三筒四筒四筒五筒七筒九筒  ツモ六索  ドラ九筒

ここは五筒を切ってのヤミテン。安田らしい選択。
オヤでリーチを打ちたくもなる手牌だが、下家の魚谷がソーズのチンイツで仕掛けを入れており、九筒を2枚切っている為、ヤミテンにして確実なアガリを取りにいったのだろう。
安田はこの日、このような冷静なリーチ判断が功を奏すかたちとなった。

100

この局もほどなく、チンイツ1シャンテンの魚谷から安田が八筒を出アガるのだが、吾妻はしっかりこの八筒を止めて受けにまわっていた。
自らが4巡前に切った八筒で、かつワンチャンスではあったのだが、「徹底して受ける局は受ける」、今期の吾妻が見せ続けている見事なバランス感覚であった。

そして次局、吾妻はドラ3枚の満貫をリーチでしっかりアガリ切り、この半荘も浮きをキープする。

魚谷、和久津は痛いマイナススタートの2日目となった。

5回戦成績
安田麻里菜+15.4P 吾妻さおり+8.4P 魚谷侑未▲7.4P 和久津晶▲16.4P

5回戦終了時
吾妻さおり+42.3P 安田麻里菜+7.9P 魚谷侑未▲20.5P 和久津晶▲29.7P

 

6回戦 (起家から、魚谷・和久津・吾妻・安田)

折り返しの半荘。
何度も書いてきたが、ここまでは吾妻のバランスが絶妙で点棒を減らすイメージが湧かない。
5回戦を終え、全て連に絡んでいる。このまま連覇に王手をかけ折り返すか?

吾妻、この半荘も序盤しっかり受け、落ちついた打ちまわしを見せていたが、東4局に難しい判断をせまられる。

東4局2本場

100

 

一万三万三索四索五索六索六索一筒二筒三筒五筒北北  ツモ北  ドラ七筒

ヤミテン。次巡、ツモ三万、打一万でシャンポンに受け変える。

三万三万三索四索五索六索六索一筒二筒三筒北北北

ここもヤミテン。
和久津が一万をポンしており、ホンイツ模様という事もあり、今期の吾妻のスタイルなら当然の選択。

ところが、この一万をオヤの安田に仕掛けられ、焦ってしまったのか、ツモ二索でフリテンリーチと出てしまう。

三万三万二索三索四索五索六索一筒二筒三筒北北北  ドラ七筒

※2巡目に一索が切ってある為フリテン
結果は最悪で、ホンイツテンパイの和久津に押し切られ5,200の放銃。

五万六万七万南南中中  ポン白白白  ポン一万 上向き一万 上向き一万 上向き  ロン南

この判断はどうだっただろうか?
インタビューでは、このような結果も覚悟の上でのリーチ判断だったとの事だが、私はここも受けの局にすべきではなかったかと思う。
確かに、当面のライバルの安田に追い上げられてはいたが、現状この半荘も4万点を超えるトップ目であり、どうしても1,000・2,000が欲しい状況とは言えない。また、追い上げる2人に手が入っていた場合、ドラもないこの手牌では絶好の餌食になってしまいかねない。

これで、心が揺れたのか次局も吾妻は、

七万七万五索七索九索四筒五筒  ポン九万 上向き九万 上向き九万 上向き  ポン南南南  ドラ五索

この手牌で上家の八索をスルーしている。
そもそもが、らしくない仕掛けではあるが、ここは1,000点を2,000点にする意味はほとんどなく、テンパイをとりドラ切りだろう。どのみちこの手組をした時点でオリ切れない。かなり中途半端で不安を感じる仕掛けであった。

しかし吾妻は、この半荘もしっかり原点を確保。なんとか踏みとどまる。

100

 

南2局7巡目

四万四万六万八万四索五索六索六筒六筒七筒七筒八筒八筒  ドラ二万

北家・魚谷のこのリーチに対して、すでに4巡目に大物手をテンパイしていた安田。

一万三万一索二索三索七索八索九索一筒二筒三筒西西  ドラ二万

これを競り勝ち、大きな跳満のツモアガリ。
このアガリが決め手となり安田が5万点のトップ。
吾妻との差を大きく縮める。

6回戦成績
安田麻里菜+30.0P 吾妻さおり+6.3P 魚谷侑未▲15.9P 和久津晶▲20.4P

6回戦終了時
吾妻さおり+48.6P 安田麻里菜+37.9P 魚谷侑未▲36.4P 和久津晶▲50.1P

100

 

7回戦 (起家から、和久津・安田・吾妻・魚谷)

6回戦で少しバランスを崩した吾妻、7回戦は連続放銃のスタート。
東1局オヤの和久津のリーチ。

七万八万四索四索七索七索七索三筒四筒五筒八筒八筒八筒  リーチ  ドラ九万

一発でドラをツモ切り、和久津へ3,900。
これは自身もテンパイを入れていたためやむなしの感はあるが、続く東2局1本場 5巡目に南家・和久津が2枚目の二筒をリャンメンでチー。

四万四万四筒五筒六筒東東東中中  チー二筒 左向き三筒 上向き四筒 上向き  ドラ四万

ここも吾妻が中で飛び込み8,000。
これまで吾妻は率先して字牌を切り出さず、ギリギリまでシボっていた。
リャンメンチーを考えると、打点もありそうなだけに淡白な放銃に見えてしまう。
これも追われるもののプレッシャーか?ここから現女流桜花には試練の2日目後半戦となる。

ところがさらに不調なのが魚谷。
吾妻の連続放銃をうけて、魚谷が軽快に仕掛けていく。
東3局、オヤ吾妻、南家・魚谷。

一万七万九万四索四索南南  ポン八筒 上向き八筒 上向き八筒 上向き  ポン発発発  ドラ東

このあたりの判断が魚谷は本当に的確で早い。
トータル首位の吾妻が沈んでいるため、オヤをやらせないための仕掛け。
自分がサッとアガってしまえばそれでよし。ドラも東なので、上家の吾妻にもプレッシャーをかけられる。
ゲームメイクの上手さや判断力の早さは女流でも抜けているだろう。

ところが、どうしても今日は魚谷の思惑通りにゲームが進まない。
今局もオヤの吾妻が悩みようの無い早いメンタンピンリーチ。

吾妻にだけは打てない2人は受けに回るしかなく、仕掛けた魚谷も身動きできずに吾妻のリーチ空振りをハイテイツモまで祈るしかないという結末に。

三万三万五万六万七万四索五索五索六索六索七索三筒四筒  リーチ  ハイテイツモ五筒

吾妻はこれでまた原点復帰。魚谷はラスを押しつけられてしまう。

しかしこの半荘の主役はまたも安田。見事だったのはオーラス。
トップ目の和久津の先行リーチを受け、27,900点持ちで役無しのドラドラテンパイをヤミテン。
3メンチャンになり、直撃したい吾妻がオリているのを見て意を決してリーチ。
オヤのリーチも入り、3者ツモる手に力が入る。

東家・魚谷

六万七万八万七索八索九索一筒一筒四筒五筒六筒南南  ドラ一筒

北家・和久津

一万一万一万四万五万六万七万七万六索六索六索白白

西家・安田

二万三万四万一筒一筒四筒五筒六筒七筒七筒八筒八筒九筒  リーチ  ツモ三筒

この大きなアガリで和久津をマクり、トータルでもついに吾妻を捕える。

7回戦成績
安田麻里菜+15.9P 和久津晶+9.7P 吾妻さおり+5.2P 魚谷侑未▲30.2P

7回戦終了時
吾妻さおり+53.8P 安田麻里菜+53.8P 和久津晶▲40.4P 魚谷侑未▲67.2P

 

8回戦 (起家から、魚谷・吾妻・和久津・安田)

さあ、本日の最終戦。
終始安定した打ちまわしで首位を走ってきた吾妻だったが、ついに安田が3連勝でその背中を捕えた。
しかし、吾妻は全く焦る必要はない。なぜなら自らポイントを減らしたのではないし、本日も実際オールプラスという申し分ない成績なのだから。

逆に後がない和久津と魚谷は、なんとしてでもこの半荘をプラスで終えなければならない。
この半荘が終われば残り4半荘。100ポイントの差がつけばかなり厳しい。

その魚谷が東2局、久々に手ごたえのあるアガリ。

100

二万三万五万五万七万八万九万七索八索九索七筒八筒九筒  ツモ四万  ドラ六索

 

和久津もオヤ番で、

100

二万二万三万四万五万一索二索三索五索六索七索六筒七筒  ツモ五筒  ドラ一索

この2,600オールをアガリ、2人がこの半荘をリードする展開かと思えた。

東4局1本場、西家・吾妻、ピンフのみのテンパイから、若干微妙な手順でこのリーチ。

七万八万九万九万六索七索八索三筒四筒五筒六筒七筒八筒  リーチ  ドラ六万

六万ツモなら3,000・6,000、安田がオヤ被りで一気に優位に立てる勝負リーチ。

だが、オヤの安田も、

四万五万六万七万七万一索二索三索四索六索七索八索九索

吾妻のリーチの前にこのヤミテンが入っており、五索が吾妻の現物。
そして五索を吾妻がつかみ7,700のアガリとなる。

結果だけを見ると、勝負手のめくりあいに安田が勝っただけのように見えるが、
安田は道中

三万四万五万七万七万一索二索三索四索六索七索八索九索

このテンパイで普通はリーチにいきたくなるのだが、吾妻が(リーチに)きそうだという理由でヤミテン。
ドラの六万と振り替える事ができた。

一方の吾妻は8巡目、

七万八万九万六索七索八索四筒四筒五筒六筒七筒七筒八筒

一旦このテンパイを取るのが自然だったと思う。
そうすれば1,000点だが、安田から出アガリできていた。

ここから安田の勢いは止まらず、南場にも

二万四万二索三索四索二筒三筒五筒六筒七筒八筒八筒西  ツモ三万  ドラ八索

6巡目のこのテンパイを即リーチ、当たり前のように一発で四筒をツモリあげ勝負あり。

二万三万四万二索三索四索二筒三筒五筒六筒七筒八筒八筒  リーチ  ツモ四筒  ドラ八索

なんと2日目を4連勝で圧勝した。(1日目の最終半荘から5連勝)

吾妻はこの半荘に関して「場況に合わない選択をし続けてしまった心の弱さが情けなくて、悔しくて涙が止まりません」
こう綴っている。

失った機会(チャンス)や点棒はもう戻らない。それでもたかが50Pの差がついただけだ。
現女流桜花として、最終日を堂々と戦うため、しっかりこの1週間で気持ちを立て直してほしい。

8回戦成績
安田麻里菜+26.0P 和久津晶+17.4P 魚谷侑未▲10.6P 吾妻さおり▲32.8P

2日目終了時トータル
安田麻里菜+79.8P 吾妻さおり+21.0P 和久津晶▲23.0P 魚谷侑未▲77.8P

 

いよいよ第9期女流桜花も残すところあと1日。
このまま安田が初戴冠となるのか?
吾妻の再逆転連覇か?
アマゾネスの猛攻撃が2人を差し切るのか?
マーメイドが奇跡を起こすか?

最後に、最終日に向けての4名のコメントを書き記して締めさせて頂く

安田麻里奈
「去年ノートップでしたが、今年はたくさんトップ取れました。最終日も気を引き締めてしっかり打ちます」

吾妻さおり
「まだあきらめていません。今まで培ってきたものをきちんと最終日に出せたら、一か八かの勝負を賭けなくても必ず再逆転できると思います。」

和久津晶
「私は今までも100ポイント差をマクってきたはずです。マッチレースとか言わないで下さい!!カッコ悪い麻雀だけはせずに最後まで優勝目指します。」

魚谷侑未
「私の優勝の可能性は多分2%くらいです、が今までも負けを覚悟してからの優勝がありました。だからまだ諦めません。諦めたら2%が0%になるから。 最後まで麻雀プロ魚谷侑未として戦ってきます。」

※最終日放送はこちら