女流プロリーグ(女流桜花) 決勝観戦記

一覧

第11期女流桜花決定戦 二日目観戦記 藤原 隆弘

2017/01/06
執筆:藤原 隆弘


2日目の朝も心地よい快晴だった。この1週間で松岡は気持ちを立て直すことができただろうか。
今日はなんとか食らいついて行って欲しいと思いながら私は会場に向かった。

 

100

 

5回戦
(起親から魚谷―松岡―宮内―仲田)
東1局は松岡がタンヤオのポンテンで1人テンパイ。
迎えた親番では発をイチ鳴きして仕掛け倒れにはなったが、相手3人を対応させての全員ノーテンでここまでは良かった。

東3局2本場、親の宮内5巡目に発のポンテン、テンパイ打牌のドラ七索を仲田もポンテン。

宮内捨牌
西東二筒 上向き五筒 上向き七索 上向き

手牌
三万四万五万六万七万二索三索四索中中  ポン発発発  ドラ七索

仲田捨牌
東一筒 上向き四筒 上向き八万 上向き九索 上向き

手牌
二万三万四万六万七万八万八索八索六筒七筒  ポン七索 上向き七索 上向き七索 上向き

宮内有利かと思いきや、北家の松岡が八筒で仲田に放銃。

松岡手牌
五万七万二索三索四索四索五索一筒一筒三筒五筒五筒六筒八筒

ここからの八筒打ちだったが、ここは慎重に一筒切りで受けに回るべきだった。
ドラを切った親の宮内はほぼ間違いなくテンパイだし、仲田はまだテンパイではないかも知れないがアタれば高い。
何より松岡の手はスピードも打点もこの局面で割り込むに値しないから、ここは2人の勝負にさせておく場面でそうすれば必ず次にまたチャンスが来る。
こんな放銃をしていてはまた今日も辛い日になってしまいそうだ。

 

100

 

西家の松岡がテンパイ一番乗りもリーチはかけない。

四索五索六索六索七索八索一筒一筒一筒三筒五筒六筒七筒

仲田から二筒が打たれドラの九筒を引いてドラ単騎にマチ変えしてリーチと行く。
親の仲田にドラが1枚浮いていたがその九筒が重なっての追いかけリーチ。

二万三万四万六万六万六万七索八索四筒五筒六筒九筒九筒  リーチ

もし松岡が二筒三筒待ちで即リーチだったら、1,300だけど仲田は必ず二筒で放銃していた。
前局の悪い放銃が、早いけど安いリーチを打てなくしてしまう悪循環をもたらすのだ。
こうなれば決果は明白で、松岡が九索を掴んでまた仲田に7,700

東4局1本場では、南家・魚谷の手が凄い。八索二索と切り出した2巡目で、

八万八万三筒東南西西発発発中中中  ドラ八万

ドラの八万を2枚落とすことはないだろうが、最高に仕上がれば字一色、大三元、四暗刻までありますよね。4巡目にツモった発は、目立たせないようにカンをしないでツモ切る。
仲田の連荘中なので、あまりのんびりしていられないと、オタ風の西からイチ鳴きしてマンズのホンイツに向かうと8巡目にテンパイ。

五万七万八万八万発発発中中中  ポン西西西

東南を重ねて、三倍満をツモアガリたかっただろうがこれでも跳満ある。
ここに飛び込んだのが松岡。前巡この形から

四万四万六万八万九万九万三索三索四索五索三筒五筒五筒  ツモ中

魚谷の仕掛けに対して生牌の中をツモ切りしたので危ないなと思っていたが、次巡五索をツモると六万に手をかけた。
松岡の手はまだ七対子1シャンテンでドラが1枚しか無い、四索三筒も2枚切れているから、このどちらかを切るべきでありそれでもアガリへの期待は薄いから受けるべき局面だ。
ドラが2枚ある七対子のテンパイをして、六万マチではアガリにくいから出やすい単騎にして、勝負に出た結果の放銃ならば仕方ないのだが、相手の速度も手役も打点も自分の手牌との兼ね合いや状態の悪さも考慮されていない。
またも見合わない放銃で持ち点は3,700に、松岡今日も初戦から大きく置いて行かれた。

南1局は宮内がヤミテンで仲田から5,200で3人浮きに。

四万四万一索二索三索四索五索六索七索八索九索二筒二筒  ドラ八索

南3局は3着目宮内の親。かろうじて30,000点をキープしているが、仲田と魚谷のトップ争いの展開でこれ以上置いて行かれる訳にはいかない。
しかし、松岡が2フーロでマンズホンイツをテンパイ、魚谷も松岡より先の7巡目に三色テンパイ。

松岡
四万四万四万七万八万白白  ポン北北北  チー六万 左向き五万 上向き七万 上向き

魚谷
一万三万一索二索三索七索七索七索一筒二筒三筒発発

この時親の宮内の手は

二万六万一索一索二索三索四索五索六索三筒四筒五筒南

二万六万もアタリで南は生牌、宮内の親は風前の灯だと思われたが、ここからの宮内は慌てず騒がずA1並みの粘りの打ち回し。魚谷がオリて二万が通り、六万を使いきり最後のツモでしぶとくテンパイに漕ぎ着けた。
魚谷がリーチと行かず冷静にヤミテンにしたのも正解で松岡のロン牌六万を引いてピンポイントでヤメたのは流石「カン六万からのチーだからドラマタギの六万九万マチが残っている筈。」と
読みもピッタシビンゴ。宮内と魚谷の好プレーが光った1局だった。

 

100
100

 

1本場、苦心の連荘の甲斐あって宮内先制リーチ。

五万五万二索三索四索六索七索五筒五筒五筒七筒七筒七筒  リーチ  ドラ九万

魚谷追いかけリーチの宣言牌が捕まる。

2本場、またも魚谷のヤミテンと松岡の仕掛け。

魚谷
二万二万五万六万三索三索三索二筒三筒四筒南南南  ドラ一万

松岡
一万一万三万五万六万六万九万九万東東  ポン発発発

マンズの高いこの局、宮内が果敢に割り込み2フーロ

一万三万四万四万五万四筒五筒六筒  チー六索 左向き七索 上向き八索 上向き  ポン中中中

ここから打点の高い四万切りのドラ単騎とせず、五万切りとしてカン二万マチに取り、見事ツモアガる。
細い蜘蛛の糸をたぐり寄せるような連荘で、僅かながらトップ目まで抜けた。

オーラスは、仲田がヤミテンの白単騎で七対子を宮内から直撃するなどでトップ目に、宮内は再び3着目となっていた。

南4局5本場

親の仲田が6巡目から好形1シャンテンで、今にもリーチがかかりそうなのになかなかテンパイしない。

五万五万五万六万七万五索六索六索七筒八筒南南南  ドラ八筒

アガればトップの魚谷も、なかなか手が進まないので11巡目に仕掛けた。

七万八万七索九索九索三筒四筒五筒七筒九筒白白中

ここから仲田の切った八索をチーして1シャンテン。
ノーテン、テンパイでもトップがかわるし、仲田へのプレッシャーをかけることにもなるからだろうが、諦めずに逆転のチャンスを伺っていた宮内がツモ切りリーチだ。
前巡に、ドラ八筒単騎の七対子をテンパイしていた宮内、なぜかヤミテンで1巡回し、魚谷がチーすると決断良くリーチと行き見事一発で八筒を引き当てた3,000・6,000。
2人まとめてひと捲りで逆転トップだ!即リーチなら仕掛けが入らないから、ツモアガリできたかどうかわからない。素晴らしい感性と勝負感だった。

100

 

5回戦成績
宮内+24.2P 魚谷+9.5P 仲田+5.0P 松岡▲38.7P

トータル成績
仲田+56.6P 魚谷+53.4P 宮内+7.9P 松岡▲118.9P

仲田と魚谷のマッチレースの様相にトータルをプラスに持ち込んだ宮内が追いすがる。

 

6回戦
(起親から仲田―松岡―宮内―魚谷)

東1局、親の仲田に疑問手が出る。

100

一万三万四万五万六万八万二索三索三索四索五索六索六索  ドラ四万

ここに五索をツモるが、一索マチがとても良く見えたのか五索をツモ切り、タンヤオ確定形に構えないおかげで魚谷の捨てたカン七万をチーテンに取れず1,000オールのアガリ逃し。
それでも他家の進行が遅く、局面は長引いて全員テンパイ。仲田も四索五万を引いてこうなったがもうアガリまでは望めないはずだった。

三万四万五万五万六万二索三索三索四索四索五索六索六索

松岡が最後のツモでこうなった。

二万四万七万七万七万一筒二筒二筒三筒三筒三筒四筒四筒五筒

二万は宮内と魚谷の2人にアタリで、テンパイを維持すれば必ず放銃。松岡が迷いながら手をかけたのは暗刻の七万で仲田望外の5,800。
負債を抱えすぎてノーテン罰府も払いたくない気持ちはわかるが、悪い状態の時ほど我慢だ。ここは堪えて一筒を抜いてほしかった。

100

1本場では3人の手がぶつかる。
13巡目に仲田が高めツモで6,000オールのリーチ。

三万三万五万六万七万八万九万四索五索六索四筒五筒六筒  リーチ  ドラ六索

続いて宮内がここは闘わなければと勇敢に追いかける。

一万二万三万五万六万七万六索七索七筒八筒九筒北北  リーチ

ならばと魚谷も追いかける。

二万三万七万八万九万一索二索三索七索八索九索西西  リーチ

見ごたえのあるめくり合いは、宮内が仲田から打ち取って3,900。

南場に入って仲田の親番。西家・宮内から6巡目リーチ。

三万四万五万四索四索四索一筒三筒八筒八筒北北北  リーチ  ドラ北

リーチ一発目に五筒ツモ切りで出やすくなった。ベタオリの松岡が手詰まりでデキ面子から二筒を抜いての8,000放銃は痛すぎる。

南3局は、持ち点47,500の1人浮きとした宮内の親番。

勢いに乗じて得点を積み重ねるべく、ソーズホンイツに進み8巡目のポンテンからトイトイに変化。

四索四索九索九索北北北白白白  ポン五索 上向き五索 上向き五索 上向き

ツモれば6,000オールで、トータルトップまで突き抜ける。宮内もツモる指に力が入るが、宮内のソーズ寄せの裏で仲田がピンズに寄せ返し、メンホンテンパイを入れた。

二筒三筒三筒四筒四筒五筒七筒八筒九筒九筒西西西

宮内のマチが山に3枚、仲田のマチが4枚残りの勝負局は、宮内が九筒を掴んで仲田が浮きの2着に。

100

オーラスは魚谷が1回連荘して持ち点を30,500としたが、1本場で仲田との仕掛け合いに敗れ僅かにマイナス。
仲田は宮内のトップを捲るより、自分と競っている魚谷を沈めて終わらせることを優先したようだ。

6回戦成績
宮内+15.5P仲田+10.2P魚谷▲4.8P松岡▲20.9P

トータル成績
仲田+66.8P魚谷+48.6P宮内+23.4P松岡▲139.8P

丁度半分の6回戦が終了。宮内の連勝で三つ巴の状況になってきた。
松岡1人が6戦5ラスと大敗。本人もここまで最悪の結果は想定外だったであろう。

 

7回戦
(起親から 松岡―宮内―魚谷―仲田)

東1局は親の松岡の甘い放銃から始まった。
南家・宮内のソーズホンイツ仕掛けに、七対子のみの1シャンテンで、一度止めた八索を宮内のテンパイまで待ってから3,900放銃。
ところが、次局から松岡に手が入り始めた。

東2局、松岡7巡目にリーチで、2,000・3,900をアガリ宮内が親カブリ。

四万五万六索六索六索三筒四筒五筒五筒六筒七筒発発  リーチ  ドラ発  ツモ三万

東3局は魚谷の親。

魚谷がダブ東ポンテンの5,800。

一万三万四万五万六万七万八万九万四索四索  ポン東東東

この後、松岡の切った四索をスルーしたことを魚谷は後悔していた。
ポンすればアガリ点は半分になるが、三万六万九万の3面張、次に二万五万八万にも変わる。
すると松岡から高目タンピン三色のリーチが来て、高目の七筒を掴み放銃したのだ。

100

ポンしていても松岡に同じテンパイが入り3,000・6,000の親カブリだったようだが、松岡がアガリは3人とも問題なしで、1人で満貫打つよりは親カブリのほうがマシだったのだろう。
私の見解はポンしないのが悪いのでは無く、ポンしなかった結果、リーチが入り危険牌を掴んだのなら、現物の雀頭を落として回る選択があったのでは?と思うのだがどうだろう。

南1局は松岡1人浮きの親番でリーチ。

四万五万六万六索七索八索五筒六筒七筒七筒北北北  リーチ  ドラ北

さらに親の満貫の上乗せかと思われたが、魚谷が白ポンで仕掛け同テンをツモ300・500と松岡の親をける。

トータルの状況から、他の3人は松岡がトップならそれで良し、無理に捲る必要無しで、他の2人を沈めて2着を取ればOKとなる。
南2局の親で連荘し、僅かに浮いた宮内。その1本場で仲田6巡目のリーチ。

三万三万三万五万六万七万八万九万五索五索五筒六筒七筒  リーチ  ドラ三万

早いドラ暗刻リーチで山に6枚残り。これを当たり前のようにツモアガリまたもプラスの2着に。

南3局ラス目魚谷の親。松岡への満貫放銃の後、ここまで我慢の魚谷にようやく先制リーチ。

二万二万二万三万三万四万四万四万三筒三筒四筒五筒六筒  リーチ  ドラ七索

ツモれば三暗刻で満貫、三万が出ても7,700だ。
このリーチに仲田が三索チーテンで無スジの四索を勝負。

六万七万七索七索八索八索八索五筒六筒七筒  チー三索 左向き二索 上向き四索 上向き

直ぐに八万をツモ1,000・2,000で浮きの2着を決定づけた。
初日から仲田は魚谷を一番マークしているようで、魚谷の親番には特に辛く厳しく打っているようだ。

7回戦成績
松岡+18.3P仲田+9.0P宮内▲9.0P魚谷▲18.3P

トータル成績
仲田+75.8P魚谷+30.3P宮内+14.4P松岡▲121.5P

松岡がようやく初トップを取れたが、ここまでほぼ仲田の戦略通りに展開している感がある。
魚谷と宮内は追いすがることができるだろうか?

 

8回戦
(宮内―松岡―仲田―魚谷)

東1局は北家・魚谷が先制リーチ。

三万四万三索四索五索三筒四筒五筒七筒七筒白白白  リーチ  ドラ八筒

最後の半荘は私が獲るという気迫も、仲田が1枚切れの西でホンイツ仕掛けの松岡に3.900放銃。
魚谷は是非アガリたかったろうが、仲田がラス目になるならばまだ良しか。

東3局と進み、仲田の親、松岡が36,100点持ちの1人浮きで仲田ラス目だが、5巡目に七対子ドラ単騎リーチ。
この決定戦では仲田の沈んでいる状態からの一発復活を何度見たか。

二万二万三万三万四万四万七万九万九万四索四索九筒九筒  リーチ  ドラ七万

いとも簡単に七万を引き寄せて、ラス抜けどころか一気にトップに立ち、宮内、魚谷を大きく大きく引き離す6,000オールだ。

 

100

 

続く1本場でも、

四索五索六索八索八索八索五筒五筒五筒七筒八筒西西  リーチ  ドラ七筒

8巡目リーチで即ツモでダメ押し。
さらに2本場でも足止め気味のリーチ

七万八万九万五索六索七索一筒一筒四筒五筒六筒南南  リーチ  ドラ四万

ここはドラ暗刻の宮内が追いかける。

四万四万四万五万六万二索三索四索一筒二筒三筒五筒七筒  リーチ

ベタオリの松岡が手詰まりで両者の後スジになった六筒をオリ打ちしてまたも沈没。

南1局、親の宮内が2フーロでトイトイテンパイ。

四万四万三筒三筒三筒八筒八筒  ポン二万 上向き二万 上向き二万 上向き  ポン東東東  ドラ五索

魚谷にもテンパイが入る。

四万五万六万六万七万八万三索四索五索六索六索七筒八筒

六筒が2枚九筒が3枚出ていて、宮内の現物なだけにヤミテン。仲田から高目六筒がこぼれた。
仲田から打ち取れたことは一筋の光明。

続く南2局、魚谷は二万をポンしてマンズチンイツのテンパイに持ち込む。

一万一万一万四万四万四万五万七万八万九万  ポン二万 上向き二万 上向き二万 上向き  ドラ六索

まだ1枚も余らないのが良かった、ドラの六索発の後付けで、チーテンを入れた仲田から直撃できて浮きに回った。

南3局は、宮内が2フーロのホンイツを松岡から3,900出アガリし宮内も浮いた。
2人共まだまだ追撃を諦めない。

オーラスの親は魚谷。

3者の持ち点は、仲田40,000、魚谷33,600、宮内31,900

ラス目の松岡に早いピンフテンパイが入るが、これでアガるわけにはいかないので何とか高目三色に作り直してリーチ。
宣言牌の五筒を仲田がチーして形式テンパイを入れる。宮内に言わせると、これが「殺人チー」だった。
先にテンパイを入れていた宮内。

二筒三筒三筒四筒四筒五筒七筒八筒九筒南北北北  ドラ四筒

魚谷が1枚切っている南単騎でヤミテンしていた。ツモか仲田直撃でトップだが、仲田のチーで余計な七筒がきた。宮内はここで松岡への放銃を嫌い南切りとしたが七筒単騎ではアガリが難しい。
松岡のリーチは立場上安いわけがないので、放銃すればダメージが大きいが、宮内ならここは思い切りよく闘うと思った。
ラス親の魚谷は、テンパイには遠過ぎたので、浮き守りを重視してオリたがこれは仕方ないと思う。

100

しかし、宮内は逆転手をテンパイしていたのだから、ここは危険を犯しても勝負に出て欲しかった。
もし仲田のチーがなかったら、宮内のツモは七筒ではなくて六筒三筒六筒九筒のマチは見えているだけで残り2枚しか無いから、マチ変えせずに現物の九筒を切るだろう、すると次に南をツモって逆転トップだった。
七筒を引いたこの場面でも最強手は南単騎のまま追いかけリーチ、松岡からの跳満で逆転トップとなっていた。

8回戦成績
仲田+19.0P宮内+5.9P魚谷+1.6P松岡▲27.5P

トータル成績
仲田+94.8魚谷+31.9P宮内+20.3P松岡▲149.0P

仲田がリードを広げ2日目が終了した。ラス無しで連帯を外した3着が1回だけという安定感は崩れそうに無い。このまま逃げ切ってしまうのだろうか?
宮内「70Pの差はあって無いようなもの。」
魚谷「最後は60Pの差を受け入れてオリました。最終日宮内さんと一諸に必ず追いかけます。」

私なんかから見ればかなりの大差に思えるけど、この2人が言うと決して強がりに聞こえないのだ。
このままでは終わらない、きっと何かが起こりそうな最終日に期待したい。