女流プロリーグ(女流桜花) レポート

一覧

第9期女流桜花第4節レポート 武石 絵里

2014/08/13
執筆:武石 絵里


今期から6節+プレーオフとなった女流桜花。
この第4節が終われば、残すは2節8半荘。
いよいよ、上の者は決定戦を、下の者は降級を意識した戦いになってくる。

今期初めてAリーグにあがった私の目標は、プレーオフに残ること。
手牌の価値を考えて、変な弱気を出さないで打とう、と対局に向かったはずなのです、が。
今回もとても課題の残る麻雀を打ってしまった。

1回戦
東1局、親・南里のピンズ染めに、仲田のドラポン、さらにはその仕掛けに対しての内田の東切り。
この日の象徴のように、私以外の全員が戦っている。

南里に12,000放銃となる七筒をとめたのはたまたまで、七筒だから止めたわけではなく、自分の手牌が追い付いていなかったのでオリやすく、放銃回避となった。

オーラス、テンパイだが親仲田の仕掛けに、ドラ白の見えていない状態で発を打ちきれず、南をトイツ落とし。
たまたま発単騎でテンパイ復活し、たまたま発をツモり、たまたま2着で終了。

2回戦
南3局親。南里のリーチを受けて、まわりながら手を進めていき、選択。

五万六万六万八万八万三索四索五索四筒四筒五筒五筒六筒  ツモ三万  ドラ六万

マンズを切りたくないがテンパイしたら勝負しよう、と思っていたところに、また不要なマンズ。
ピンズのターツが払えるので、安全にピンズを落としてしまったが、解説で言ってもらったように、ここは三万を切るところだったと思う。

五万-八万は切りづらいけど、三万-六万待ちなら三万で打っても安いことが多い。
ピンズを切ってマンズしか受けられなくすると、親番を維持することも難しくなってしまう。
三万を切れていれば、七万をひき中筋になったドラ切りリーチで11,600をアガることが出来ている。
戦わなかった私に、そう何度もラッキーなテンパイが入るはずもなく、テンパイできずに流局。
なんとか原点をキープでき、2着。

3回戦
東2局親。4巡目に発待ちの七対子テンパイ。
リーチと言えず、2,400の出アガリ。
自分が子方で、この放銃をしたらどう感じるだろうか。きっと、「怖くない」。

1本場。4巡目。

七万八万六索六索八索八索二筒四筒東東発発中  ドラ二筒

ここから1枚目の発をポンしたのだが、もう少し我慢しなければ駄目だったように思う。
発をスルーすれば、もしかしたら仲田の東が鳴けていたかもしれない。

南3局、ドラ白
6巡目に南白のシャンポンでテンパイの親に12,000放銃。

1本場。

一索一索二索二索四索五索五索六索八索八索八筒西西  ツモ六索  ドラ八筒

ソーズの一色手をしているところに、南里の親リーチが入り、すぐに八筒をつかんだが、テンパイ。
このテンパイから現物の二索を抜いてオリてしまった。八筒切り、八筒が切れないなら四索切り、この2択しかない。
どうして切れなかったんだろう、本当に今でも後悔している。
結果、どちらを切っていても私のアガリが先にあり、どちらも捕えられなかったから、南里の4,000オールとなった。

解説でも言われたが、麻雀は戦いだ。無傷で勝てるものではない。
実際、1回戦の東1局に12,000放銃し、1人沈みでスタートした仲田が、4回戦の自分の時間帯をしっかりとものにして、終わってみれば1人浮き。
さらにトータルポイントを伸ばす結果となった。

よくなったときに弱気になるのが課題だといわれた。
それだけじゃないけれど、これをなおさないと次もまた戦えない。
自分を客観的にみると、先手が取れたときだけアガリにきて、基本的には原点確保を狙っているようにしか見えない。勝ちたいというよりは、沈みたくない。

次節の対戦相手には、和久津がいる。
和久津に対するイメージは、ほとんどの人が抱いているそれと一緒で、「超攻撃型」。
私には切れない牌を切り飛ばしている姿を、何度も何度も見ている。
そして、それを見た感想もまた、多くのファン同様「かっこいい」。
急に和久津のようには打てないが、少しでもその強さを見習って戦う麻雀を打ちたいと思う。