女流プロリーグ(女流桜花) レポート

一覧

第9期女流桜花第5節レポート 朝霧 千裕

2014/10/08
執筆:朝霧 千裕


今節を含めて残り2節となった女流桜花第5節。
【女流桜花第5節C卓 二階堂亜樹、黒沢咲、仲田加南、朝霧千裕】
Aリーグに在籍する以上、誰もが決勝卓を目指しプレーオフに照準を合わせ、現在のポイントを意識した打ち方となるのがこの5節であろう。

そんな中・・・決勝卓?プレーオフ?目標は残留です!と必死に降級だけは避けたいとあがいている者もいる。
そう!開幕戦早々▲89.4Pを叩き出し、最下位から今期残留を目指している私のことです。この5節、6節の2節で+60Pくらいを目指し、残留を目標とする私にとって今回は絶対に負けられない戦いであった。
しかし、今回の対戦相手は私以外決勝卓のようなメンバーであり、簡単には勝たせてもらえないことも分かっていたので覚悟をして臨んだ。

4回戦終了の結果は 
二階堂+44.6P 黒沢▲41.3P 仲田▲47.2P 朝霧+42.9P

アガリに結び付いたリーチは先手を取れたケースが多く、かわし手をアガった時は他家の大きな手をつぶしていることが多かった。
結果的には、来節につながるポイントをプラスすることができたが、決して上手く打てていたわけではなくこの日の私はついていた。

その点、二階堂は序盤こそ目立たなかったが、手が入った時はしっかりとアガリをものにしていた。
4回戦では1人浮きのトップで+44.6Pにまとめ、前節のレポートで目標としていた+40Pを達成するあたり、さすがである。

1回戦、配牌もまとまった感じで手も入り、序盤は私のペースで局が進んでいた。
南3局、9巡目に仲田がテンパイ打牌で切ったドラの発を、親の二階堂がポンし跳満のテンパイを入れる。

一万二万二万三万三万七万八万九万東東  ポン発発発  ドラ発

もちろん、この親のドラポンを見て行く気は無くなった私だったが、14巡目に四筒をカンしてテンパイを入れ、予想外のリンシャンツモでアガることができた。

四万六万五索六索七索三筒三筒五筒六筒七筒  暗カン牌の背四筒 上向き四筒 上向き牌の背  ツモ五万

1,300・2,600。
これは、親のドラポンを蹴ることができたとてもラッキーなアガりだった。
だが、後でタイムシフトを見直し、まさか二階堂がホンイツ付きの跳満だとは思わなかった。

2回戦、序盤は小場の展開で局が進んでいたが、南2局1本場、9巡目に親の二階堂がリーチ。

二万三万四万五万二筒二筒二筒七筒八筒九筒白白白  リーチ

リーチ後に二筒を暗カンしリンシャンツモで4,000オールと大きなアガりとなった。
続いて南2局2本場9巡目、仲田のリーチ。

四万五万六万七万八万一索二索三索北北中中中  リーチ  ツモ九万  ドラ八万

すぐに九万をつもり2,000・4,000 2本場のアガりとなった

これで、二階堂と仲田の2人浮きとなり迎えたオーラス。
南4局、13巡目に仲田がドラの白を切ってテンパイ。

四索四索五索五索六索二筒三筒三筒三筒四筒六筒七筒八筒  ドラ白

16巡目、親の私がカン四索を引き入れ、2枚切れの白待ちテンパイにとる。
仲田がラス牌の白をつかみ、12,000の放銃となった。

一索二索三索三索四索五索七索八索九索北北北白  ロン白

タンピン高めイーペーコーのテンパイで、誰もが打つであろうラス牌の白だったが、仲田にとっては痛すぎる失点でこの日の調子の悪さを物語っていた。

仲田と同じく、この日不利な展開が多い不調の黒沢だったが、3回戦では苦しいながらも2,000、5,800、3,900とアガりを重ね、開局早々黒沢が抜け出す。
この半荘、このまま黒沢が爆発しそうな感じがしたが、東2局、私がピンフのみのテンパイをし、同巡すぐにアガリを拾うことができた。

後でタイムシフトを見直し、黒沢がピンズチンイツの1シャンテンだったことを知り、助かったと思った。
リーチしていればすぐにアガれていたかどうかはわからないが、やはりAルールの場合、安い手は下手にリーチをせず、かわし手としてしっかりアガリを拾うことが重要だと再認識した局でした。

今回の対局全体を通して言えることだが、私は攻めに対しての詰めの甘さが目立った。
Aルールだと、ついている時に叩けるだけ叩くというのが鉄則であり、私のこれからの課題でもある。

南3局、5巡目にこの1シャンテン。

三万五万六万七万一索二索三索三索四索四索一筒二筒三筒発  ドラ一索

この時点で、特に他家の誰かをケアした訳ではないが、生牌の発を1巡でも遅く切り出すことと、三色やマンズの多面張期待で、三万のくっつきを見て打三索とした。
だがしかし、これが大きな間違いであった。次巡のツモは私の予想を裏切る縦引きの三万
仮テンに受け10巡目に四万を引き、二万五万八万のリーチを打つが流局。
5巡目に発を切っていれば二索五索のリーチを打つことができ、1,300・2,600をツモっていただけにとても後悔した。

一方、守備の面では、やめ時のタイミングや、リーチを打たなかったことで放銃を回避することができ、良かった面がいくつかあった。

4回戦東2局、親の仲田の9巡目リーチに対して

五万六万七万四索四索四索二筒三筒四筒六筒七筒北北  ドラ四万

これをテンパイするが、入り目がドラでは無く七万
リーチのみで親に追いかけるのはリスクが高くヤミテンを選択。すぐに危険牌を持ってきてオリたが、リーチしていればそれが仲田の当たり牌で放銃となっていた。

さて、今期女流桜花残すところあと1節。
私が残留できるかどうかはさておき、来節でプレーオフの8名が決定します!
ニコ生配信は10月22日(水)10月29日(水)
お見逃しなく!