女流プロリーグ(女流桜花) レポート

一覧

第10期女流桜花第1節レポート 平岡 理恵

2015/05/01
執筆:平岡 理恵


いよいよ女流桜花が開幕した。
昨年1年間は産休をいただいていたので、ニコニコ動画でライバルたちの闘牌を見ていた。
この1年間でみんなとの差がついてしまったのではないかと不安が常につきまとう。
正直言って自信はない。今期は自分との戦いになるだろう。

一昨年の女流桜花はまだニコニコ動画での配信がなかったので、私にとっては初めての公式試合のテレビ対局となった。
普段はあまり緊張する方ではないが、その日は少なからず緊張していたようだ。

1回戦(起家から、魚谷・斉藤・古谷・平岡)

オーラスをむかえるまで私はラス目にいた。手探りで一歩一歩前に進んでいるような感覚だった。

南4局 親

五万五万六万八万三索七索八索三筒六筒八筒八筒南発  ツモ三筒  ドラ三筒

ドラの三筒がトイツになりようやく前に出たい気持ちになってきた。

五万五万六万六万二索三索八索三筒三筒六筒六筒八筒八筒  ツモ三索 

メンツ手は見切り七対子へ移行した次巡テンパイが入る。
選択は二索八索の単騎待ちであったが、前巡に七索を捨てていたので連続で七索八索のターツを捨てるところを見せたくなったということもあり、八索待ちを選択した。
二索を切った瞬間、下家の魚谷が二索をツモ切りし、選択ミスだったかなと不安がよぎる。
古谷はソーズのホンイツ手がうかがえたので、なるべくならソーズ待ちにはしたくなったのだが、待ち変えできる牌が来ないまま数巡進み、この間は気が気ではない。
待ち変えした瞬間、古谷に八索で放銃するのではないか、他家に先にアガられてしまうのではないかと。

五万五万六万六万三索三索八索三筒三筒六筒六筒八筒八筒  ツモ八索  ドラ三筒

結果八索をツモり6,000オールのアガリとなった。ここでラス目から一気にトップ目に入れ替わった。
本来ならこの勢いを止めることのないよう、さらなる加点をしたいところだ。

南4局1本場 親

役牌のドラを打つタイミングは難しい。鳴かれた時の対処の仕方や、今のうちにと思って打つと放銃することもある。
せっかくトップ目まで持ち直したのに、これ以上の失点はしたくないという思いもあったが、自分の納得のいくテンパイもしくは形になったら打とうと思っていた。

まずここでドラをはずすタイミングがあった。

一万一万二万三万二索三索四索五索五索七索三筒四筒南  ツモ二筒  ドラ南

三色にしてアガリたいがそうならないならドラは打ちたくない。
ドラが重なっても悪くないなと思っていた。
先に四万が入ればカン六索待ちにするつもりでいたので、打五索とし四万六索が入ればもちろん南は打つつもりでいた。

次にまたドラを打ち出すチャンスがあった。

一万一万二万三万二索三索四索五索七索二筒三筒四筒南  ツモ一万 

役なしのカン六索テンパイでドラを打ちだしたくなかった。
三色になれば気持ちよく南が打てたのだが、理想の形にならなかったのでここでもテンパイを取らず打七索とした。
なんて弱気な打牌だったろうと後から少し後悔もした。それより南の重なりもかなりいい形になったと思っていた。

さらにまたドラを打つ時があった。

一万一万一万二万三万二索三索四索五索二筒三筒四筒南  ツモ一筒 

123の三色も見えてきたので打五索とし、その後六索を引き失敗した形になったがさほど気にはしていなかった。

15巡目に、

一万一万一万二万三万二索三索四索一筒二筒三筒四筒南  ツモ五筒 

ここでピンフの役がついたが、まだ理想の形ではなくさらに終盤までもつれ込んでしまい、南を打つタイミングをすっかり失ってしまっていた。
ここで南を打つならはじめの1シャンテンの時点で打っていただろう。
ここでも五筒をツモ切りしテンパイは取らなかった。

どこにドラがあるのか、誰が本手なのか、誰がテンパイしているのか、状況を読む力があればすんなり南を打つことができただろう。
実際魚谷は、一度役なしのテンパイが入るが南を打たずにテンパイをはずし、その後かなりの終盤でもう一度役なしのテンパイが入り、誰もテンパイしていないだろうと読みきり南を打ち出した。

これが今の私の弱さなのであろう。
斉藤から一万が出たのでポンして南単騎にうけることもできた。
正直ここまでくる間にグダグダになってしまった感じがあり、気持ちが前に出てテンパイを取る状態ではなくなってしまっていた。

一万一万一万二万三万二索三索四索一筒二筒三筒四筒南  ツモ一筒 

偶然最後のツモ牌で一筒をツモり、四万四でアガれば三色になるテンパイを取ることができ、さらに南も安全に切りだすことができた。

一万一万一万二万三万二索三索四索一筒一筒二筒三筒四筒  ロン四万 

ホウテイで7,700は8,000アガれたことは本当についていたんだと思う。

この次局、四暗刻をツモりあがるのだか、最後にテンパイしなければ、また南を打つことができなければ、この四暗刻もなかったことになる。
今回はたまたま次につなぐことができたが、やはり私が一番先に南を打ち出してしかなければ、この先プレーオフに残るのも危ういかもしれない。

1回戦成績 
平岡理恵+79.5P 斉藤理絵▲17.7P 古谷知美▲25.0P 魚谷侑未▲36.8P

2回戦は自分の中で受け入れられるラスだったが、3回戦は途中までトップ目にいて最終的には斉藤に大きく突き放されてしまい、浮いて終わることができたが感触はあまりよくなかった。
2回戦のラスよりも痛いと感じた。

3回戦の違和感が次まで尾を引いてしまったのか、4回戦は大きくマイナスしてしまった。
カン三筒待ちか、二筒とドラ七万のシャンポン待ちかの選択で、シャンポン待ちでリーチを打ったが、暗カンしてリンシャンから持ってきたのは三筒
結局二筒は王牌にいたようだ。

ホンイツのペン三索待ちの牌も3枚王牌に、親でドラが暗刻になってテンパイした打牌で放銃と、非常に苦しい戦いとなった。

麻雀は紙一重の展開が多々あるのでこのようなことはよくある。
そのたびに一喜一憂していられないし、チャンス手をアガリきることができないことも序盤のリードを守りきれないのも、今の私の弱さなのだと感じる。

4回戦終了時 
斉藤理絵+61.1P 平岡理恵+47.5P 古谷知美▲44.8P 魚谷侑未▲63.8P

卓内トップになることはできなかった。
親の役満をアガったらならば100P以上浮いてもおかしくはない。
役満分のポイントしか残っていないというのは後の対局に響くかもしれない。
ポイントは浮いたが気持ちは負けたようだ。
反省しまた次につなげていきたい。