女流プロリーグ(女流桜花) レポート

一覧

第10期女流桜花第2節レポート 和久津 晶

2015/06/03
執筆:和久津 晶


皆さまこんばんは。今回、B卓のレポート担当になりました和久津です。
コアな読者の方は知っていると思いますが、和久津は文才がありません。
しかし、一生懸命書いたのでお付き合いくださいませ。

まずはB卓、メンバーから。
二階堂亜樹、南里はるみ、中川ゆかり、和久津晶

以下、敬は省略させていただきました。

1回戦、2局連続で二階堂に放銃からスタート。

しかも8,000、7,700と結構イタい。まずはラスをひきます。
「二階堂がリードすると今日1日ややこしくなるな、とりあえず下家だし仕掛けて面倒くさくしときましょう。面前でリーチを打とうとしても間に合わないはず・・・。」

色々考えた結果、作戦Bに変更しました。
先に言っておきたい事があります。私は降級するかもしれません。
それは、私は残留するためにリーグ戦に出ているわけではないからです。

怖がっていては勝てない。かといって無理をすれば1年、2年、いやそれ以上の月日を無駄にしてしまうかもしれない。
それでも、命を守る為だけに戦場に向かうのは性に合わないのです。

「女流戦なのだから華麗に」
「応援してるんだからもっと大事に」

と思って観ていたらすみません。雑になっているわけではありません。
決勝までの長いターンで、セットで観ていただければ嬉しいです。
納得出来る結果をお見せ出来ると思います。

とゆーわけで今節のテーマは

「ピント合わせ」になりました。

普段から、気配や息遣い、目線、音程、打ち手の性格などからピントを調整する私が苦手とするのが、あまり当たった事のない相手。
そして二階堂は、その日の状態でパターンを変えてくるとても強いタイプの対応型。

1回戦はことごとく気配を読みハズしてしまいます。
このままではマイナス100とかしちゃいそう!

2回戦からなんとなく合ってきた感じが自分ではあったので、なんとか…。と思っていたところに二階堂のこのアガリ。

二万三万四万六万四索五索六索二筒二筒二筒六筒七筒八筒  ツモ六万  ドラ六万

前巡に七万を切っている。五万八万は5枚切れ。完全にピントが合っている。
流石だなんて感心してる場合じゃない

二階堂の2連勝。

3回戦、東1局、親の中川からリーチ。

声のトーンからして待ちは筋にかかっているはず。
678か789の三色で引っかかっているのは八索七筒
すぐに八索を掴みオリにまわると、二階堂が八筒をトイツ落としして無筋のソウズを切りリーチ。
だがすぐに中川が七筒をツモ。

ん?なんとなく何か変わった?

1本場、中川がタンヤオの2フーロ。読み筋の四索七索を鳴いたので待ちはピンズの上。
持ってきた四筒を触った指に聞いてみると「切れ」と言う。

次にやって来たのは八筒。私がオリると中川が八筒をツモった。

ピントが合った!

ここからは「なるべくロン牌を打たずに加点する」手牌もツモも上がって来た感じ。

東2局 

一万二万四万四万五万六万七万一索二索三索  ポン白白白  ドラ四万

ここに、ツモ一万で打二万、次巡、ツモ四万
この日初めての高打点、2,000・3,900をアガる事が出来た。

「戦える!」

東4局、二階堂とのリーチ対決に勝ち、むかえた南場、配牌にドラの八索が暗刻。
カンチャンから喰いタンで仕掛け、すぐに五筒六筒でテンパイ。
すると二階堂からリーチ!親の南里が九万を切り追いかけリーチ。

二階堂からロンの声

七万七万七万九万の形で役はリーチ、ドラ1。
私の仕掛けに通るマンズの上に照準を合わせた、見事なアガリ形!

後から訊くと「一万三万のターツを三万から外して、鳴かれてカン八索を埋めた」
そう。全てが技あり、の1局!

3、4回戦もトップをとらせてもらえず、結果、成績はマイナス42.0P。

1節目のプラスを吐き出してしまいました。
全体的に遅い手組みにした事、親番で両面ターツを外してホンイツにしてしまった事、役牌のドラを切り遅れてしまった事・・・。

敗因はあり反省すべき点もいっぱいありますが、自分なりに収穫のある1日となったつもりでもありました。

日々の積み重ね。しっかりと振り返る事。起きてしまった事に泣いても仕方がない!
順位はまだまだですが、今年も決勝戦に向けて、全力で戦いたいと思います。

全然レポートじゃなくて自戦記になってしまいましたが

最後まで読んでくださってありがとうございます。

ではまた、

勝利者インタビューでお会いしましょう。

戦い続ける女、和久津でした。