女流プロリーグ(女流桜花) レポート

一覧

第10期女流桜花第2節レポート 仲田 加南

2015/06/24
執筆:仲田 加南


対戦者は内田、古谷、澤村。(敬省略させていただきます)

澤村の親で1回戦がスタートした。

気になる本日初の配牌は…悪い。凄く悪い。
何を目指せばいいのか分からないくらいに。
だが、最初の東1局は、なるべく素直にアガリを目指して、その上での結果を道しるべにしたいと思っている。
だから、ヤミテンにはオリない。なるべく…。
もう終盤、ドラもないし1シャンテンだし、危険な空気が漂ってるけど、オリなかった。

その結果、古谷にタンピンイーペーコードラドラの8,000を放銃。

「ずいぶんと良い手が入ってますね。羨ましい。」
これが素直な感想。

8,000は痛いが、今日はもう二度とこんな放銃はしないんだからね!しっかり頭を下げて戦うんだからね!
と、涙目になりながら気持ちを引き締めることに成功。

そして東2局、内田の親番。
その内田が7巡目にツモり四暗刻リーチ。

軽い手が入っていた古谷が、すぐに掴んだ南で放銃してくれて助かったが、内田の待ちは4枚全て山に眠っていた…。
「ひぃぃ。恐ろしい。」

怯えてる気持ちのせいもあるのでしょうか、全く手牌に恵まれず、一度もアガれないまま1回戦が終わった。

しかし、何故かそれから3連勝(笑)
どんどん手牌も展開も良くなって、まるで別人に。
役ナシのヤミテンツモとか、小さなアガリを拾えたのが良かったと思う。

でも劇的に変わったのは2回戦の南2局、親番で。

一万一万二万二万六万九万五索九索九索三筒東南北白  ドラ六筒

相変わらず酷い配牌を貰ってゲンナリしていたのだが、、、

一万一万二万二万九索九索九索三筒四筒四筒白白白

15巡目にこの形になり、四筒のポンテンを取ることに成功!
これだけでも嬉しかったのだが、なんとハイテイで一万をツモ!!!
6,000オールですよ、6,000オール♪あんな酷い配牌が6,000オールになるなんて。再び涙目ですよ。

第2節の結果は、1222で全て浮いた内田が+56.0P。
4111の私が+45.1P。
古谷と澤村には厳しい結果になってしまったが、敗戦こそ宝の山!しっかり見直して自分なりのチャンスを見つけてほしい。
たった2節が終わっただけなのだから、まだ6巡目くらいだもんね。

てゆーか私も、プラスだったけど、ものすごくミスがいっぱいありました。
4回戦なんて1人浮きで終われなきゃおかしいほどツイてたのに、内田さんに連荘を許し6,000オールを生んでしまった。
もちろん内田さんがしっかり打ってた結果ではあるんだけど、終盤の親の高いアガリは、子供の責任大。
特にトップ目で南家だった私。ホントに申し訳ありませんでした。

劣勢だと思えば割と丁寧にできるのに、優勢となるとすぐアバウトになってしまう。
ついてる時はラフに打つのが正解と思っているからなんだけど、ラフさと雑さの違いが難しい。

目標は決定戦!(プレーオフではありません)
もっと脇を締めて、1ポイントも逃さないように気合い入れて頑張ります。