女流プロリーグ(女流桜花) レポート

一覧

第10期女流桜花第5節レポート 南里 晴美

2015/08/28
執筆:南里 晴美


女流桜花第5節対戦者は清水、安田、古谷、南里。

東2局、親の古谷の仕掛けから場が動いた。
ドラが九索でチャンタ系の仕掛けなのでこちらは硬直状態だが、上家の清水は牌を絞らない。
結果3フーロをはたした古谷が、ペン三筒をツモりあげる。

途中九索が暗刻になり待ち選択の場面もあるが、一筒 は2枚切れなので古谷は自然にペン三筒を選択できた。

清水のスタイルは攻撃型で、相手の手配構成どの形から仕掛けているのかわからないかぎり、上家であろうとギリギリまでかわしに行くのがスタイル。
その姿勢が清水の手牌の勢いを落とすことなく、浮きの2着でまとめている。

東4局、ドラが九万で古谷のリーチに、親の私は三万六万でおいかける。
ドラの九万を持ってきたらアウトだなと感じながらも、ここは勝負をぶつけていかなければという気持ちがある。
結果、古谷の六万ツモアガリ。手牌もまとまり加点をかさねる古谷が初戦トップをかざる。

2戦目は、安田が234の三色を安目でアガった後も、一通ドラドラをつもりトップにおどりでる。
その後ちょっと違和感があったのは、古谷の一索がアガれない一索四索七索。幸い一通と三色両天秤をかけた清水から七索がでる。
オーラスは清水の連荘が怖かったので多少強引な仕掛けをいれたところアガリにつながり私のトップとなる。

3戦目は後から連盟チャンネルをみて思ったけど、古谷の五筒八筒はスゴいな!!と。
自分だったら絶対なっていない形、

六万七万八万三索三索四索五索五索六索七索二筒四筒七筒

この手から五筒八筒テンパイに仕上げ、安田のテンパイ打牌の五筒をとらえる。三色をみているからか??
3回戦目は、清水から567の三色をきめた安田がトップを守りきる。

4回戦目、南3局

三万三万四万五万七万八万五索七索九索六筒六筒六筒七筒七筒  ドラ三万

序盤に九万が3枚きれ、上家の四万をチーしたりする手もあるが、私はマンズ七万八万を落とす。
場況との兼ね合いもあるが、ここから一万二万を持ってきてドラドラを使いきってのテンパイなのでカン六索でリーチを打つ。
終盤で六索をツモれたのはついていたのだろう。

4戦終わって、結局みなプラスマイナス10ポイント圏内におさまり4人それぞれが課題を最終戦につないだ。
残り1節悔いのない闘いをしたいと思います。