女流プロリーグ(女流桜花) レポート

一覧

第10期女流桜花第5節レポート 平岡 理恵

2015/09/30
執筆:平岡 理恵


いよいよ女流桜花も終盤をむかえてきた。4節終了して私のポイントは+111.2Pで5位とまずまずの成績。
ここまではすべて浮きで終えることができ、成績だけみると安定しているように感じるが、これを好調だというのは疑問に思える。
というのも毎回対局を終えて、「もっと浮けたのではないか」というすっきりしない感覚があったからだ。
第1節では親の四暗刻をアガってポイントは+47.5P、第3節においても24,000点をアガってポイントは+27.7Pと少し物足りなさを感じた。
本来ならトータルポイントが150Pを越えてもおかしくはない。
その違和感を抱えたまま第5節がスタートした。

1回戦(起家から亜樹・小宮山・仲田・平岡)

東4局 東家 平岡 持ち点13,000点
これまで数局を終えて、攻めていないのに放銃したり、攻めているのにアガリに繋がらず、感触は非常によくなかった。

5巡目
四万五万六万二索三索五索五索七索九索五筒六筒六筒七筒  ツモ六筒  ドラ六万

普段なら迷わず打九索としている形だ。三色やタンヤオ、ピンズの伸びも見える。
しかしこれまでの感触からまずは一度アガってはずみをつけたいというのが正直な気持ちだった。
一索を引いたらタンヤオもつかない役なしのテンパイになるということから八索の受け入れも残し打五索とした。

7巡目に四索を引き、ここで再び選択をせまられた。

四万五万六万二索三索五索七索九索五筒六筒六筒六筒七筒  ツモ四索  ドラ六万

九索とすればタンヤオで役ありのテンパイがつく。場に六索が2枚打たれているということもあり、ここで私が選択したのは打二索としリーチを打った。
自分の捨て牌には五索七索と並んでいて八索が出やすい状況だったからだ。
またここで打九索とするならば五索を打つ前に九索を打っているだろう。九索を残すということは愚形でもリーチを打つつもりだったからだ。
そう考えていても長考しすぐにリーチを打つことはできなかった。
結果、小宮山からすぐに八索を出アガることができ、初めの構想通りまずはアガって親の連荘に成功したが、果たして本当にそれでよかったのかと、自分で選択した打牌だったのにやはりすっきりしないものがあった。

結局1回戦は1人沈みのラスと最悪な結果に終わってしまった。

1回戦成績 
亜樹+14.3P 仲田+7.6P 小宮山+3.6P 平岡▲25.5P

2回戦(起家から平岡・亜樹・小宮山・仲田)

1回戦でトップをとった亜樹がそのままいいアガリを連発した。
その中でも特に印象的だったのが、
南2局1本場R1 東家 亜樹
16巡目
二索二索三索三索三索六索七索三筒三筒三筒四筒四筒四筒  ツモ七索  ドラ九万

多くの人は打六索としツモリ四暗刻の形にするだろう。私もそうする。プレーオフそして決勝戦まで考えると喉から手が出るほど欲しい親の役満だろう。
しかしここは冷静に判断して七索をツモ切りとした。
三索が暗刻で持っているのであの終盤で六索を打って誰かに放銃し親番も落ちてしまうのではとても寒いからということらしい。
実際私もテンパイはしていなかったが三索六索は欲しい牌ではあった。
また仲田が手牌から九索を打ってきたのでソーズの上目を持っていることは明らかであり、アガリやすさを優先させたのである。
仲田が八索をつかみ、亜樹の9,600は9,900点、供託1本のアガリとなった。
果たして今の私にその冷静な判断ができるのか亜樹の凄さを目の当たりにした。

そして2回戦は亜樹の1人浮き大トップで終了した。

2回戦成績 
亜樹+48.1P 平岡▲9.9P 小宮山▲15.2P 仲田▲23.0P

3回戦(起家から亜樹・小宮山・平岡・仲田)

南4局、オーラスまで私がトップ目(持ち点35,100点)で亜樹はラス目(持ち点22,500点)だった。
亜樹はここまで我慢をし、しっかり打ってきた結果であろう、3巡目に1シャンテンとなり、8巡目にテンパイしリーチを打った。

六万七万八万二索二索七索八索三筒四筒五筒六筒七筒中  ツモ六索  ドラ五索

次巡、高目をツモり3,000・6,000のアガリとなった。

六万七万八万二索二索六索七索八索三筒四筒五筒六筒七筒  リーチ  ツモ八筒  ドラ五索

亜樹は浮きに転じただけでなく私からトップも奪っていった。

3回戦成績 
亜樹+12.5P 平岡+6.1P 仲田▲6.6P 小宮山▲12.0P

4回戦は際どい戦いだったが、ギリギリでトップをとることができた。

4回戦成績 
平岡+15.2P 小宮山+8.3P 亜樹▲5.0P 仲田▲18.5P

4回戦終了時 
亜樹+69.9P 平岡▲14.1P 小宮山▲15.3P 仲田▲40.5P

出だしでつまずくと残りの半荘にも響いてしまう。
例えば他家2人が序盤に五索を捨てていて私も1枚持っているのだが、五索を使ったターツができやすいし、いい待ちになるとわかっているのに、他家の現物牌だから安心して捨てられると私も捨ててしまい、その時の自分の気持ちの弱さが表れた打牌であった。

あとからタイムシフトを見直したところやはり解説でも指摘されていた。
細かい事だかリーグ戦においてはこのような小さな積み重ねがとても大切になってくる。
自分の気持ちで打牌選択が変わってしまうようでは、決勝戦で戦えたとしても負けてしまうだろう。
もちろん麻雀の内容もそうだがメンタル面の強化も今後の課題となるだろう。