麻雀マスターズ 決勝観戦記

一覧

第21期 決勝観戦記

2012/05/16
執筆:瀬戸熊 直樹


いよいよ大詰めの最終戦オーラス。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

1人の青年は、今の自分の力量を測るかのように、逆転のリーチを打った。

二筒二筒四筒四筒四筒五筒五筒五筒六筒七筒七筒八筒九筒  リーチ  ドラ二筒

青年の優勝条件は、3倍満以上のツモアガリ。二筒を引けば、無条件優勝。五筒-八筒ならウラ1条件。
巡目は4巡目。二筒は山に2枚。五筒-八筒は山に1枚。
そのとき、観戦記者である僕のメモ帳にはこう示されていた。

「新しいスターの誕生か?」

リーチを打った青年は、高沢智(連盟)25期生の34歳。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記
高沢 智

まだDリーグ在籍だが、近年の新人王戦、十段戦、王位戦と全ていいところまで勝ち進んでおり、
今期のマスターズで、ついに決勝の舞台にたどり着いた。そしてこのオーラス。
三倍満ツモ条件という、条件と呼べないような条件をクリア寸前までこぎ着ける。
残り2枚の二筒をツモるかツモらないかで、高沢の麻雀人生は大きく分かれる。

このリーチを受けて、親の石井一馬(最高位戦)は、7巡目こうなる。

二万三万六万六万七万八万八万五索六索六索七索六筒八筒 ツモ二筒

石井の状況は、持ち点31,300の3着目。2着の高沢が32,900点。
5回戦までのトータル1位の石井は、2着になれば優勝。テンパイもしくは、アガリが必要なところ。
当然、石井もそのことは頭に入っている。そして、高沢の条件も。
と言うことは、高沢は自分から当たれない。よって小考後、そっと二筒を置いた。もちろん、高沢から声は発せられない。

石井一馬。最高位所属。わずか26歳でAリーグに在籍。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記
石井 一馬

開始前、「雀風は?」と聞くと、
「うーん。とにかく4人の中で一番フーロしますよ」と答えてくれた。
石井の麻雀は、これから解説していくが、荒々しく、まだ磨いていかなくてはならない箇所も多いが、確かに光るものがあるのも事実。

そして、南家は、平田孝章(連盟)11期生。59歳。東北支部支部長代理。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記
平田 孝章

震災後、連盟東北支部を盛り立てた功績は大きい。
開始前「7月1日に行われる、東北支部のチャリティー麻雀にハクをつける為にも、優勝トロフィーを持って帰ります」と力強く語ってくれた。
平田は、オーラスをこのまま終えれば優勝。つまり自身がツモアガるか、石井のノーテンで優勝。
但し、高沢を3着にするアガリの場合は、4,500点以上(リーチ棒込み)が条件。
高沢のリーチを受けて平田の手牌は、

一万一万一万五万二索二索六筒東東東中中中 ツモ六索

こうなっていた。正に優勝しろと言わんばかりの手牌。平田も条件は分かっているはずだった。
しかし、大ベテラン平田も、初の決勝、優勝目前で緊張から条件を間違えたのか、打一万。オリに入ってしまう。
終了後の平田は残念そうに、「頭が真っ白になってしまった」と語っていた。
実は、僕も経験がある。第21期十段戦オーラス。僕も条件が頭から飛んで、途中計算をやり直した事がある。
初タイトルといいうのは、それくらい極度のプレッシャーがかかる場面なのだ。平田を責める事は出来ない。

こうなると、俄然高沢の優勝が現実味を帯びてくる。
二筒は残り1枚だが、確実に山にある。5巡目から14巡目まで高沢は1枚もピンズを引かない。
15巡目に初めて引くが九筒五筒八筒は枯れたが、二筒はまだ1枚ある。16巡目ツモ五万
そして、北家・浅井裕介(最高位戦)に最後の二筒が。

動画再生

浅井裕介。最高位戦5年目の選手。25歳。C2リーグ所属。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記
浅井 裕介

昨年、連盟主催の王位戦準決勝まで勝ち上がった事は記憶に新しい。
本人もその事を忘れていないらしく、
「昨年の王位戦での悔しい気持ちを晴らしたい」と語ってくれた。
だが、この日の浅井は3連続ラスを引き、早々の敗戦が決まってしまう。
しかしその後の最後までプロらしくある姿は、実に感動させられた。
また、決勝の舞台に戻ってきて欲しい。そして次こそは優勝争いをして欲しい。

上図の動画を再生して頂くと分ると思うが、7巡目、浅井の八索に石井がチーをしている。
平田の一万暗刻落としと、高沢の捨て牌4枚の一万-四万がなければ、この八索に石井が反応できたかどうかは微妙な所である。
結果的にこのチーが、高沢のツモ筋にあった二筒を喰い下げている。
もちろん、平田もまっすぐ打ち抜いていれば、最速、高沢の四万でアガリ優勝していた可能性もある。
実に数奇なめぐり合わせである。この4人が今後、どういう麻雀人生を歩むのであろうか。実に興味深い。

石井も残りツモ4回のところでようやくテンパイを入れ流局。
次局は事実上、平田、石井の一騎打ちとなった。

5月のプロリーグ、高沢と少し話す機会があった。
高沢は、「あの日はそんなに悔しくなかったのですが、最近は毎日のように悔しいです。何をしていても、負けた事ばかり思い出します。」
僕は、高沢の気持ちを経験した事があったので、こう彼に答えた。

二筒をツモれなかったのが、今の高沢の“力”なんだよ。そしてそのやりきれない気持ちも分かる。
でも、僕がそうだったように、負けてよかったのかもしれない。そうした敗戦は必ず忘れない。
そして、それがまた高沢を大きくする。ただ、その悔しい気持ちを晴らすのは、同じGⅠタイトルを優勝する事でしか晴らせないよ」と。

今の高沢に、この言葉の意味が理解できるかどうかは怪しい。でもきっとチャンスは来る。
それが近い将来なのか、数年後かは分らない。しかし、高沢にはそれだけのセンスがあると僕は思う。
初決勝で敗れた者には、2通りの道が待っている。
1つはそれが完全にフロックで、二度と決勝の舞台に戻ってくる事なく低迷していく者。
もう1つは、その敗戦を糧として、少し成長して戻ってくる者。どちらになるかは、本人の生き方次第である。

それでは、このオーラスにたどり着くまでを振り返りたい。

1回戦(起家から、石井・浅井・平田・高沢)

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

4人の内、最も注目していたのは石井。
26歳という若さで、最高位戦Aリーガー。近い将来、どこかで戦うかもしれない相手。
どんな麻雀を打つのか興味があった。
東1局、公言通り石井が動く。3巡目、

七万九万一索四索四索六索六索八索九索西北白
白
 ドラ六万

南家、浅井の四索をポンして打九万。ホンイツに向かう。実に微妙なポンである。
6巡目、浅井がリーチ。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

まさに、石井のポンが誘発したリーチ。ここから石井の押し具合やいかに。
しかし、石井は、一索のトイツ落としでオリに廻る。現代風な打ち方と言えばいいのか。
そして、西家・平田も8巡目リーチ。

一万二万三万一索三索三索三索七索八索九索一筒二筒三筒 リーチ

結果は、なんと安牌に詰まった石井が放銃。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

この時点で、僕のノートには「本当にAリーガ―か?」と書かれている。
石井の強さは、この後、随所に出てくるのだが、この時点では全く分からなかった。

東3局1本場、親・平田3巡目に切った五筒を石井が、次の形からポン。

五万七万一索三索五筒五筒八筒八筒九筒白
発発中 ドラ五筒

石井の意図が全く見えない。
この局は、2人テンパイ。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

石井が、アマチュアか下位リーグならまだ分るが、Aリーグ所属なのである。
この時点でさらに僕は分からなくなった。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

東4局、親の高沢が、

一万二万四万五万六万七万八万九万六筒六筒六筒七筒八筒 リーチ ツモ三万 ドラ九索 裏ドラ七筒

これをツモアガリ、頭一つ抜き出る。
高沢は面前手役派。見ていて一番しっくりくる麻雀である。
ただ、高沢が連盟Dリーグなのも事実である。この時点では、高沢の方が石井より上に見えた。
しかし、石井の方が高沢より圧倒的に優れているものが、このずっと後にわかる事になるとは、この時は思いもよらなかった。

そして1回戦オーラス。
持ち点は、高沢44,900、石井25,700、浅井25,500、平田23,900。
順位点が1位+15,000、2位+5,000、3位▲5,000、4位▲15,000の為、高沢以外の3人は、何とか2着になりたいところ。
高沢はゆったり攻められる時間帯に入っていたはずだった・・・・。

動画再生

ポイントは2つ。またしても4巡目、石井の動き。こうなると嫌な予感しかしない。

そして、面前派高沢が、平田の七万に反応しない。
この七万、鳴くか鳴かないかの判断は難しい。石井の動きで、場が動いている以上、鳴く方がいいように思うが高沢はスルー。
この2人の判断が北家・平田に利する事となる。

4巡目、平田の手牌は、

六万一索四索四索五索六索六索六索九索五筒五筒中中

こうだった。石井の動きにより、ツモ一索中四索一索と来て、

一索一索一索四索四索四索五索六索六索六索中中中

こうなり、リーチ。一発で七索をツモり、ドラいらずの4,000・8,000。
なんとトップになってしまう。
天を仰ぐ高沢と、何事もなかったかのように振る舞う石井。実に対照的なシーンであった。

1回戦成績
平田孝章+25.2P  高沢智+11.8P  石井一馬▲13.4P  浅井裕介▲23.6P

2回戦(起家から、平田・石井・浅井・高沢)

東3局、親・浅井が3巡目に北家・石井の一万をチーする。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

浅井は開始前「僕もフーロ派ですが、石井君より動きません。そして、遠くて高い手をよく動きます」と言っていた。
このチーにより、誰が利するか?またしても得をしたのは平田。

七索八索一筒四筒四筒五筒六筒八筒八筒九筒九筒白
発

ここから、浅井のチーにより、六筒白
五筒と有効牌を引き、

四筒四筒五筒五筒六筒六筒八筒八筒九筒九筒白
白
発

このテンパイ。浅井が配牌から持ち続けた発で放銃となる。
浅井のチーで切りづらかった発で打ち取った平田。もう体勢的には敵はいないかに見えた。

敗戦後、原因を浅井に聞くと、「特に見当たりません」というコメントが返ってきた。
僕の質問に疲れも見せず丁寧に答える姿や、対局中のマナーは、普段から教室で教えているだけあって好青年そのものであり、実に清々しい。
でも、将来を担う若手だからこそ苦言を1つだけ言わせてもらえば、
「勝因はなくとも、敗因は必ずある」

一万チーは、失敗だったと思う。そしてまだこの時なら立て直せた。

3回戦、オーラスで見せた渾身のリーチ。

一筒二筒三筒四筒五筒六筒六筒六筒七筒七筒八筒九筒九筒 ドラ一索

あの二軒リーチを掻い潜ってかけたリーチの時の姿は、僕の目に焼き付いて離れない。
ただ、あのリーチが成就するか否かは、それまでの戦い方が大事なのだと。
今後の飛躍を期待したい。

2回戦成績
平田孝章+22.9P  高沢智+12.8P  石井一馬▲9.3P  浅井裕介▲28.4P  供託2.0P

2回戦終了時
平田孝章+48.1P  高沢智+24.6P  石井一馬▲22.7P  浅井裕介▲52.0P  供託2.0P

3回戦(起家から、浅井・平田・高沢・石井)

2回戦までは、全く同じ並びの着順。ここで平田がトップで高沢がラスになると、平田でほぼ決まりとなる状況。
しかし、ここから石井がようやく強さを見せ始める。

東3局2本場、平田が決定打かにも見えるメンチンを浅井からアガる。

一万二万二万三万三万四万五万六万六万六万七万九万九万 ロン九万 ドラ三索

東4局1本場、親・石井。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

石井がまたしても仕掛け、平田がリーチ。
石井の手牌は、

七万八万一索一索五索五索五索 ポン中中中 ポン四筒 左向き四筒 上向き四筒 上向き ドラ一索 カンドラ八筒

ここにツモ四筒ときて、迷わず加カン。ようやく、片鱗を見せ始める。
手順や雀風には違和感があるが、「勝負勘」これは、4人の中で石井が突出している。
ここが勝負と見たときの一打の切れ味は、一級品のものを感じる。
この2,600オールで平田を抜き去ると、その後も冷静なゲーム廻しで平田を3着に沈め、初トップをものにする。

3回戦成績
石井一馬+26.4P  高沢智+10.4P  平田孝章▲3.7P  浅井裕介▲33.1P

3回戦終了時トータル
平田孝章+44.4P  高沢智+35.0P  石井一馬+3.7P  浅井裕介▲85.1P  供託2.0P

4回戦(起家から、高沢・石井・平田・浅井)

高沢は、ここまで最もいい麻雀を打っていた。が、高沢に初タイトルという見えない重石が襲い掛かる。

東1局、親・高沢。

三万四万五万二索三索三索四索五索五索五索三筒四筒五筒 ツモ四索 ドラ三筒

浅井の仕掛けで五筒を引きテンパイ。そして高目四索をツモり6,000オール。
リーチと言わない打ち手も多いだろうが、高沢には言って欲しかった。
北家のチーによりテンパイしたのだから。

そして次局、またも高沢に絶好の手牌が入る。
東1局1本場、

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

高沢はヤミテンを選択。ここもヤミテンを選択するのは良くわかる場面。
同巡、石井のツモは四万。おそらく石井は切るであろう。
が、相手にプレッシャーを与え、ツモって決着をつけに行く場面もあるのも確か。
結果は、高沢が三索を持ってきて石井に放銃。

前局リーチに行けていたなら、今回も宣言できたはずであるし、その気迫が相手の判断を惑わす事にもなるのだ。
石井の胆力は強い。しかし前局、力強くリーチをしてツモっている場面を見せつければ、石井がこの四万をそんなに簡単に切れたとは思えない。
ここから石井の流れとなって行く。まるで高沢の運気を吸い上げたかのように。

東2局、親・石井。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

まず、高沢から12,000を直取りし、トップ目に立つ。次局、2,000オールで加点。
そして、南2局1本場の親番、決定打。

一万二万三万三索三索三索七索八索九索五筒五筒七筒八筒 リーチ 一発ツモ九筒 ドラ三索 カンドラ九万 裏ドラ六万 カン裏七索

この6,000オールで、トータルトップだった平田を3着に沈め、大トップで一気に2人を抜き去り、トータルトップに躍り出る。

4回戦成績
石井一馬+58.2P  高沢智+14.2P  平田孝章+15.7P  浅井裕介▲128.8P

4回戦終了時
石井一馬+61.9P  高沢智+49.2P  平田孝章+15.7P  浅井裕介▲128.8P  供託2.0P

5回戦(起家から、石井・浅井・平田・高沢)

いよいよあと2回。平田、高沢は石井より着順が1つでも上が目標。
石井は高沢より着順が上なら楽な展開となる。
ここで、石井一馬という男が、Aリーガーたる所以の一打が炸裂する。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

上の牌図を見て頂きたい。

当面の敵、高沢の親リーチをと浅井のリーチに挟まれて、石井ツモ七万となっている。
この勝負所でしっかり打七万と出来るからこその、26歳でAリーグをはる男なのだろう。
確かに、鳴きや戦い方はまだまだだと思う。しかし、この勝ちに対する臭覚は素晴らしい。

同巡、浅井が五万を持ってきて、石井のアガリとなる。

5回戦成績
平田孝章+29.0P  石井一馬+9.2P  浅井裕介▲5.9P  高沢智▲32.3P

5回戦終了時
石井一馬+71.1P  平田孝章+44.7P  高沢智+16.9P  浅井裕介▲134.7P  供託2.0P

最終6回戦(起家から、平田・高沢・浅井・石井)

プロ連盟の規定により、最終戦は起家からトータルポイント、2位、3位、4位、1位となる為、この並びの順でスタート。
平田は石井とのポイント差が26.4Pの為、2着順差をつければ優勝。
1着順の時は、素点差が必要(16,400点)となる。

東1局、平田が2,600オール、1,300オールと決め、アッと言う間にトップ目に立つ。
東1局2本場、高沢が2,000・4,000とツモり、条件が見えてくる。
そして、冒頭のオーラスを迎える。

流局後、石井の1人テンパイで石井は2着に浮上。そして次局、全員ノーテンで石井の優勝が決まった。

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

6回戦成績
平田孝章+25.0P  石井一馬+9.8P  高沢智▲1.6P  浅井裕介▲35.2P  供託2.0P

最終成績
石井一馬+80.9P  平田孝章+69.7P  高沢智+15.3P  浅井裕介▲169.9P  供託4.0P

麻雀マスターズ21期決勝観戦記

平田、高沢は、それぞれに勝つチャンスがあっただけに悔しさも大きいと思うが、またこの舞台に戻って来て欲しい。
特に平田には、東北に元気を取り戻すよう、これからも先頭に立って頑張って頂きたい。
浅井はその素質と素晴らしい性格をそのまま持ち続け、今後も精進して頂きたい。

そして見事な逆転優勝をした石井一馬、本当に荒削りで、麻雀の質としてはまだまだだが、随所に見せるセンスには驚かされた。
いつの日か、真剣勝負をしてみたいものである。
まだ26歳。これからは麻雀界を背負うつもりで成長して欲しい。
本当におめでとう。

(文中敬称略)