麻雀マスターズ レポート

一覧

第23期マスターズ トーナメントレポート

2014/05/23
執筆:大木 亮典


第23期麻雀マスターズの本戦が行われた翌日、ベスト28の対局が行われた。
昨年度までは、ここでベスト8までの対局が行われていたが、今年度からは日本プロ麻雀連盟チャンネルの開設に伴い、ベスト8からは夏目坂スタジオで生放送される事が決定したため、この日はベスト16までの対局となる。

システムは通過順位によって決定した4名で半荘3回を戦い、トータルポイント上位2名が勝ち上がるトーナメント方式。ベスト28を通過した14名に加え、昨年度優勝者である小車祥と、前日の本戦を1位通過した紺野真太郎の2名を加え、ベスト16の対局が行われる。
なお、ルールは日本プロ麻雀連盟Bルール(一発、裏ドラあり)を採用しており、順位ウマはトップが+15P、2着が+5P、3着が▲5P、4着が▲15Pと、各順位に1万点の差がつくようになっている。

 

 

gpmax2012
左から、荒木栄二(協会)、四柳弘樹(連盟)、小西隆之(一般)、蛯原朗(連盟)

 

プロ連盟Aリーガーである四柳と2013年度の麻雀最強戦ファイナルに勝ち進んだ荒木のいるこの1卓。東三局に嵐が吹き荒れる。
親番の荒木。持ち味である仕掛けを多用し連荘に連荘を重ねる。何度も蛯原と小西さんが仕掛けで応戦し、果敢に立ち向かうものの、和了に結びつかず、10本場にも及ぶ大連荘を許す。
荒木は1回戦を+70.3Pで終え、大きなアドバンテージを獲得。

続く2回戦は四柳がトップをとり、荒木は4着。安全圏とは言えないかもしれないが、まだ優位である事には違いない。

 

gpmax2011_67
四柳弘樹

 

2回戦終了時成績

荒木+38.2P 四柳▲9.5P 小西▲13.6P 蛯原▲15.1P

 

最終3回戦、起家は小西さん。6000オールを決め、大きく前進。

そして東三局には蛯原が連荘。4者の持ち点は以下。

小西40700 荒木 12700 蛯原51900 四柳14700

終止苦しい四柳であるが、時間打ち切りがない限りまだ親番は2回ある。

しかし、東場で抜け出した小西さんは守りきり、蛯原はさらに加点しフィニッシュ。
波乱の1卓であった。

 

gpmax2011_67
蛯原朗

 

3回戦終了時最終成績

蛯原+40.5P 小西+2.6P 四柳▲16.8P 荒木▲26.3P

 

勝ち上がり:蛯原朗(連盟)、小西隆之(一般)

 

 

gpmax2012
左から、魚谷侑未(連盟)、水沼利晃(一般)、渋川難波(協会)、浅井裕介(最高位戦)

 

1回戦起家は魚谷。リーチをかけるがここは流局。しかし1本場は2000オール、2本場は4000オールと攻撃の手を緩めない。

 

gpmax2012
魚谷侑未

 

1回戦終了時成績

魚谷+31.9P 水沼+14.9P 浅井▲6.6P 渋川▲40.2P

 

続く2回戦。1回戦4着だった渋川が大連荘しトータルポイントを2着につける。

 

gpmax2012
渋川難波

 

2回戦終了時成績

魚谷+37.9P 渋川+11.2P 浅井▲11.2P 水沼▲37.9P

 

最終3回戦、浅井と、元最強位の水沼さんが首位に肉薄するが、あと一歩届かずここで敗退となってしまう。

 

3回戦終了時最終成績

渋川+9.6P 魚谷+6.4P 浅井▲1.2P 水沼▲14.8P

 

勝ち上がり:魚谷侑未(連盟)、渋川難波(協会)

 

 

gpmax2012
左から、仲田加南(連盟)、和久津晶(連盟)、鳥居裕一(最高位戦)、芝美穂子(一般)

 

第11期プロクイーン決定戦、第8期女流桜花決定戦での準優勝が記憶に新しい和久津晶。
4大タイトル戦であるこのマスターズでもここまで勝ち進むことは、その強さをより一層証明している。

 

gpmax2012
和久津晶

 

1回戦東四局の親番で4,000オールを和了り初戦トップの和久津。
2回戦は仲田がトップ、和久津が2着でトータルポイントは以下。

 

2回戦終了時成績

和久津+32.9P 仲田+27.3P 芝+0.2P 鳥居▲60.4P

 

最終戦、芝さんが南二局の親番で抜け出し4者の持ち点は以下。

和久津 32700 芝 51300 鳥居 16800 仲田 19200

仲田以下の形でリーチ

五万五万六万七万八万四索五索六索七筒八筒九筒発発 リーチ ドラ八万

打点が欲しい仲田、リーチ宣言牌は六万 左向き
しかし、鳥居に
一万二万三万三万四万四索五索五索六索六索七索五筒五筒 リーチ

この形で追っかけられ、二万をつかみ2000点の放縦。
ちなみに四万-七万での和了り逃しもなかった。

鳥居、仲田共にラス親にかけたい所だが、敢え無くここまで。

 

gpmax2012
仲田加南

 

3回戦終了時最終成績

和久津+43.2P 芝+34.2P 仲田▲3.4P 鳥居▲74.0P

 

勝ち上がり:和久津晶(連盟)、芝美穂子(一般)

 

 

gpmax2012
左から、坂本大志(最高位戦)、丸江茂(一般)、西野圭介(一般)、滝沢和典(連盟)

 

1回戦オーラス。

西野 17500 丸江 27600 坂本 44600 滝沢 29300

流れ4本場、供託1000点で迎えた滝沢の親番5巡目。

四万九万九万二索二索二索三索四索六索七索二筒三筒五筒 ツモ四筒 ドラ四索
三色の目が消えてしまうが、伸びをマンズかピンズに絞ってイーシャンテンキープする打ち手も多いと思うが、滝沢の選択は打九万

この切迫した状況で滝沢らしい一打。
坂本から三筒-六筒待ちの先制リーチが入るが、14巡目に、滝沢にもテンパイが入る。
四万二索二索二索三索四索五索六索七索二筒三筒四筒五筒 ツモ三筒 打四万 左向き ドラ四索
2巡後四筒をツモリ4000オール。

 

gpmax2012
滝沢和典

 

1回戦終了時成績

滝沢+23.6P 坂本+12.7P 丸江▲1.3P 西野▲35.0P

 

2回戦オーラス3本場、親番は滝沢。

西野 26000 丸江 36400 坂本 34500 滝沢 23100

西野さんが、

五万六万七万八万八万九万七索七索三筒四筒四筒五筒六筒 ツモ二筒 打九万

の形に受け、すぐに八万が出るがこれを見逃し。1回戦を4着で終え、この局面で3着から着順の変わらない和了りをしても、最終戦が苦しいと考えたためであろう。ここはタンピン三色の最終形を目指す。
しかし流局。親の滝沢もテンパイで続く4本場、滝沢5巡目。
二万四万六索六索七索七索七索二筒二筒四筒五筒六筒八筒 ドラ六筒 ツモ四万 打八筒 上向き

同巡丸江さんがリーチ。
一万二万三万六万六万六万一筒一筒六筒七筒北北北 リーチ
自然に打ち出された八筒であるが間に合っている滝沢。8順目に追いつきリーチ。
二万三万四万六索六索七索七索七索二筒二筒四筒五筒六筒 リーチ
丸江さんの北と滝沢の七索に暗カンが入り、三色の手変わりを待っていた西野さんもツモ切りリーチ。
三万五万九万九万四索五索六索三筒四筒五筒九筒九筒九筒 リーチ ドラ六筒西四万

丸江さんが六索をつかみ、滝沢に12000の放縦で決着。裏四筒七筒四索

そして5本場。8巡目、滝沢にテンパイが入るがここはダマテン。
七万八万九万五索六索七索四筒四筒七筒八筒八筒九筒九筒 ドラ九索
11巡目に丸江さんからリーチが入り、同巡ションパイの発を持ってきてヤメ。
丸江さんの手牌
五万五万五万三索四索五索九索九索七筒七筒七筒発発 リーチ

 

2回戦終了時成績

滝沢+47.4P 坂本+19.7P 丸江▲23.6P 西野▲44.5P

 

最終戦、西野さんが2着に差し迫るもここで敗退となってしまう。

 

3回戦終了時最終成績

滝沢+49.5P 坂本▲6.0P 西野▲8.9P 丸江▲35.6P

 

勝ち上がり:滝沢和典(連盟)、坂本大志(最高位戦)

 

 

gpmax2012
左から、杉浦勘介(連盟)、寺戸孝志(連盟)、市橋篤文(一般)、勝又健志(連盟)

 

1回戦終了時成績

杉浦+40.0P 寺戸+9.4P 市橋▲12.1P 勝又▲37.3P

 

gpmax2012
杉浦勘介

 

南二局の親番で7本場まで積み、初戦をトップで飾る杉浦。
一方、トーナメント巧者で有名な勝又は4着スタート。残す2戦の戦いぶりに注目だが、さっそく転機が訪れた。
2回戦、東一局の親番で、跳満を出和了り、最終戦を着順勝負にまで持ち込む。

 

gpmax2012
勝又健志

 

2回戦終了時成績

杉浦+25.6P 市橋+3.6P 勝又▲5.3P 寺戸▲23.9P

 

3回戦、南二局1本場、親番は市橋さんで4者の持ち点は以下。

杉浦35400 市橋 19400 寺戸33600 勝又30600 供1.0

7巡目に勝又先制リーチ。

一万一万一万二索三索四索六索六索七筒八筒九筒北北 リーチ ドラ六索

11巡目に寺戸も追いつき手がぶつかる。

四万四万四万五索七索七索八索九索二筒三筒四筒発発 リーチ

両者にとって勝負所。模打に力が入り、場面に言いようの無い重い空気が流れる。
勝又のシャンポンの片割れ、北は場に1枚、杉浦の手に一枚で、両者の待ちであるドラの六索は残り1枚。そこに・・・

 

『リーチ!』
親番の市橋さんである。
15巡目に追いつき、そして次巡手が開かれた。

三万四万三索四索五索六索七索八索三筒四筒五筒九筒九筒 リーチ 一発ツモ五万 ドラ六索 裏四万

強烈な8000オールでベスト16に駒を進める。

gpmax2012
市橋さん

 

3回戦終了時最終成績

杉浦+33.0P 市橋+25.0P 勝又▲9.0P 寺戸▲49.0P

 

勝ち上がり:杉浦勘介(連盟)、市橋篤文(一般)

 

 

gpmax2012
左から、西島一彦(連盟)、櫻井秀樹(連盟)、中西正行(一般)、小池美穂(最高位戦)

 

1回戦、東四局、6巡目に親の西島が先制リーチ。

五万六万七万二索三索四索八索八索八索五筒五筒七筒九筒

10巡目、小池に四暗刻のテンパイが入るがここは流局。

四万四万五索五索五索六索六索九索九索九索二筒二筒二筒

南一局、親は小池に変わり、先制リーチ。押し返していた中西さんからロンの声がかかる。
開かれた手は国士無双。痛恨の放縦となってしまうが、まだ1回戦。諦めるわけにはいかない。
2回戦は見事トップをとり、2着争いに食い込む。

 

gpmax2012
櫻井秀樹

 

2回戦終了時成績

中西+70.7P 櫻井▲11.6P 西島▲25.0P 小池▲34.1P

 

3回戦、2着を狙う3者の激しいデッドヒート。成績を見ても分かるように、僅差で勝負が決まった。

 

3回戦成績

西島+25.6P 櫻井+6.4P 小池▲10.3P 中西▲22.7P

 

3回戦終了時最終成績

中西+48.0P 西島+0.6P 櫻井▲5.2P 小池▲44.4P

Aリーガーの櫻井と女流最高位の小池が敢え無く敗退。

 

gpmax2012
小池美穂

 

勝ち上がり:中西正行(一般)、西島一彦(連盟)

 

 

gpmax2012
左から、木原浩一(協会)、宮崎皓之介(連盟)、山田浩之(連盟)、猿川真寿(連盟)

 

1回戦終了時成績

宮崎+33.9P 木原+8.3P 猿川▲11.8P 山田▲30.4P

 

2回戦、東二局1本場、連荘中の山田。3巡目に木原の先制リーチが入る。
受けつつも終盤にこのテンパイを入れ、反撃成功。

一万一万一万二索三索三索三索四索六索六索七索七索八索 リーチ ロン八索 裏一万

持ち点を6万点オーバーとし、1回戦の成績をひっくり返す。

 

gpmax2012
山田浩之

 

2回戦終了時成績

宮崎+46.6P 山田+19.9P 猿川▲32.2P 木原▲34.3P

 

最終戦オーラス今度は木原がトップ目に。

山田 18100 宮崎 21300 猿川 24300 木原 56300

山田は2着条件、猿川はツモなら三倍満であったが、木原の4000オールで終了。
山田、猿川の両名はここで敗退。

 

gpmax2012
猿川真寿

 

勝ち上がり:宮崎皓之介(連盟)、木原浩一(協会)

 

 

gpmax2012
左から、木原浩一(協会)、杉浦勘介(連盟)、紺野真太郎(連盟)、魚谷侑未(連盟)

 

昨日の本戦を堂々の4連勝で飾りベスト16の切符を手に入れた紺野真太郎。満を持しての登場である。
しかし、相手は先刻ベスト28を勝ち抜いてきた選手達。立ち上がりは苦しい展開となる。

 

1回戦終了時成績

木原+49.2P 魚谷▲5.4P 紺野▲16.0P 杉浦▲27.8P

 

2回戦、初戦を一人浮きで終えた木原が、東一局、東二局と連続で満貫をツモ和了り、首位の座をより強固なものとする。
それにより、他の3者は残り1席をかけた戦いを強いられる事となった。

南一局、場面が動く。
親番は魚谷。木原が先制リーチをかけると、魚谷が追いつき三万-六万で追いかけリーチ。
三筒をポンしていた紺野がツモってきた牌は六万
六万は暗刻でかかえていて、カンをした後リンシャンからツモ三万。それが跳満の和了り牌であった。

三万三万六索六索発発発 暗カン牌の背六万 上向き六万 上向き牌の背 ポン三筒 上向き三筒 上向き三筒 上向き ツモ三万

 

2回戦終了時成績

木原+65.7P 紺野+15.2P 魚谷▲35.8P 杉浦▲45.1P

 

最終戦、魚谷が3000,6000そして4000オールと和了り、南三局でツモれば逆転という所まで肉薄するが、紺野自ら決着をつけベスト8進出。

 

gpmax2012
紺野真太郎

 

紺野『1回戦苦しかったけどラス抜けできた事が大きかったです。ターニングポイントはリンシャンから跳満をひけた局。木原さんが抜けた分、お互いにテーマが一致したところがあるので、その後は優位に進める事ができたと思います。
しかし魚谷の追い上げは凄かった、さすがです!』

 

3回戦終了時最終成績

木原+54.1P 紺野+24.6P 魚谷▲0.9P 杉浦▲77.8P

 

勝ち上がり:木原浩一(協会)、紺野真太郎(連盟)

 

 

gpmax2012
左から、宮崎皓之介(連盟)、小車祥(連盟)、小西隆之(一般)、中西正行(一般)

 

そしてこちら、昨年度のマスターズ覇者で紺野と同じくベスト16シードの小車祥。小車にとって今期のマスターズ初戦となるため、いかに勝ち上がってきた選手の温度に順応できるかが鍵となる事は間違いないであろう。

 

gpmax2012
小車祥

 

1回戦、(起家から中西、小西、小車、宮崎)東一局、小車からリーチの声。流局かと思われた矢先、タンヤオのみで宮崎がチーテンをとり、本来回ってこない小車にハイテイを回す。
『3000,6000!』
私はこの和了りを見て、他の卓の観戦に足を向けたのであるが、終局時のポイントは逆転していた。

 

1回戦終了時成績

小西+24.5P 宮崎+7.2P 小車▲5.3P 中西▲26.4P

 

2回戦、ベスト28で国士を和了った中西さんがトップでトータル2着に浮上。宮崎は連続2着でポイントを伸ばし、トータル首位で最終戦を迎える。

 

gpmax2012
宮崎皓之介

 

2回戦終了時成績

宮崎+26.1P 中西+8.8P 小車▲15.9P 小西▲19.0P

 

最終戦オーラス、小車はマンツモ条件で、10巡目にタンヤオドラ2のイーシャンテンまでいくがテンパイ叶わず、小西さんは倍ツモ条件で、条件を満たすメンチンリーチまでこぎつけるが敢え無く流局。

 

3回戦終了時最終成績

 

宮崎+16.7P 中西+16.5P 小車+5.7P 小西▲39.9P

 

勝ち上がり:宮崎皓之介(連盟)、中西正行(一般)

 

 

gpmax2012
左から、西島一彦(連盟)、蛯原朗(連盟)、滝沢和典(連盟)、芝美穂子(一般)

 

1回戦東一局、蛯原の親番を西島が捌くと、迎えた親番。

六万七万八万九万九万四索五索六索六索七索六筒七筒八筒 リーチ ツモ八索

高めツモで4000オールと好スタート。さらに2回戦東一局、親番は西島。

三万四万五万五万六万七万六索七索二筒二筒五筒六筒七筒 リーチ

こちらもあっさり高め五索をツモ和了り6000オール。

 

gpmax2012
西島一彦

 

南一局、好調の西島が親番であるが滝沢がこの手で先手を取る。

一索二索三索三索四索六索六索八索八索八索北北北??リーチ

しかし芝さんが置いた東にロンの声。

九万九万九索九索二筒二筒東白白発発中中

9600をヤミで和了り追撃を許さない。

滝沢は東場の親では芝さんのハネツモを親っかぶり、南場の親でも芝さんのマンツモを親っかぶりと進退両難。

 

2回戦終了時成績

西島+77.7P 蛯原▲1.1P 芝▲12.1P 滝沢▲64.5P

 

最終戦オーラス持ち点は以下

西島 29000 蛯原 39000 滝沢 11400 芝 40600

蛯原と芝さんの息を呑むような戦いとなったが、芝さんがこれを制した。

 

gpmax2012
芝さん

 

勝ち上がり:西島一彦(連盟)、芝美穂子(一般)

 

 

gpmax2012
左から、市橋篤文(一般)、坂本大志(最高位戦)、渋川難波(協会)、和久津晶(連盟)

 

1回戦終了時成績

市橋+43.5P 坂本▲1.7P 和久津▲14.0P 渋川▲27.8P

 

gpmax2012
坂本大志

 

2回戦、南一局親番は渋川。
和久津と渋川の手がぶつかる。

和久津先制

四万五万七万八万九万二索三索四索五索六索七索九筒九筒??リーチ??ロン六万??ドラ八筒??裏九筒

渋川

一万二万三万七万八万九万七索八索九索七筒八筒中中??リーチ

渋川が六万をつかみ和久津へ8000の放銃となった。

南二局1本場、和久津が満貫をツモり3者のポイントが横一線となる。

二索三索八索八索??ポン発発発??ポン白白白??ポン北北北??ツモ四索

 

2回戦終了時成績

市橋+29.8P 坂本+20.0P 和久津+19.9P 渋川▲69.7P

 

最終戦、東一局、和久津が渋川から決定打となる18000を和了り、ベスト8進出。

 

gpmax2012
和久津晶

 

勝ち上がり:和久津晶(連盟)、市橋篤文(一般)

 

ベスト8A卓:市橋篤文(一般)vs紺野真太郎(連盟)vs西島一彦(連盟)vs宮崎皓之介(連盟)

ベスト8B卓;木原浩一(協会)vs芝美穂子(一般)vs中西正行(一般)vs和久津晶(連盟)