文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

王位戦 レポート

一覧

第39期王位戦 準決勝レポート

2013/12/20
執筆:羽山真生


去る11月30日、日本プロ麻雀連盟のスタジオにて、第39期王位戦準決勝が行われた。
今回から、最終第6回戦は生放送にて配信されるため、組み合わせが変更となり、
最後の半荘は1卓ずつ順番となった。

まず半荘5回戦を行い下位4名が途中敗退。
そして最終戦は順に、

(7位×8位×9位×10位)
(3位×4位×5位×6位)
(1位×2位×11位×12位)

上記のような組み合わせでの対戦となり、トータル上位5名が決勝進出。
そして翌日、決勝7回戦が行われ第39期王位が決まる。

ということは、5回戦終了時の順位も決勝進出のための重要な要素になってくる。
最初に対局をこなすとポイントが確定するため、あとの対局のほうが有利となる。
しかし、11位と12位になると、1位2位との対局になるため苦しい。
逆に、5回戦終了時に1位、2位の対局者にとっては、とても有利な戦いになる可能性が高い。

準決勝に進出したのは、現王位を含めて以下の16名(予選通過順)

oui38_a_03
二見大輔
(現王位・協会)
oui38_a_08
伊藤優孝
(連盟)
oui38_a_03
猿川真寿
(連盟)
oui38_a_03
近藤久春
(連盟)
oui38_a_03
杉浦勘介
(連盟)
oui38_a_08
安村浩司
(連盟)
oui38_a_03
手塚紗掬
(連盟)
oui38_a_03
京平遥
(連盟)
oui38_a_03
桶本篤史
(連盟)
oui38_a_08
森下剛任
(連盟)
oui38_a_03
安藤大貴
(連盟)
oui38_a_03
三浦智博
(連盟)
oui38_a_03
坂井秀隆
(最高位戦)
oui38_a_08
西川貴司
(最高位戦)
oui38_a_03
穴澤義則
(一般)
oui38_a_03
伊藤康宏
(一般)

1回戦(猿川×桶本×三浦×西川)

開局早々12,000の声があがったのが西川。
oui38_a_02

四万四万八万八万八索八索東南南西西白白  リーチ  ロン東  ドラ八万

三浦から12,000点のアガリで幸先良いスタート。
負けじと桶本ドラの南を切り、

二万二万五万六万七万四索五索二筒二筒三筒三筒四筒四筒 リーチ

リーチと行くが西川が、

三万三万五万七万五索六索七索八索八索八索五筒六筒七筒  ロン六万 

この5,200を桶本からアガリ西川好調か。
しかし桶本もリーチを打ち続け親で2,600オール。
Aリーガー猿川は苦しい展開。
oui38_a_02

南2局3本場、ここまで我慢してきた猿川に3巡目、

一万二万三万一索二索三索四索五索八索八索八索南南  リーチ  ドラ八索 

この勝負手が入るが、

五万六万四索六索七索二筒二筒三筒四筒五筒七筒八筒八筒 

三浦がここから六筒をチーして1,000点で応戦。
ラス目でもあり、やむなく前に出るが五索を引きテンパイ後、300・500は600・800で猿川の本手はかわされてしまう。

最終局、親・三浦

三浦 
二万二万白白  ポン中中中  ポン九万 上向き九万 上向き九万 上向き  ポン五索 上向き五索 上向き五索 上向き  ドラ東

oui38_a_02

桶本 
一万一万八索九索七筒八筒九筒  ポン東東東  チー七索 左向き八索 上向き九索 上向き

oui38_a_02
本手がぶつかる。トップ目の西川が二万を三浦に放銃し、7,700。
結果、猿川が1人沈みのラスを引かされ苦しいスタートとなった。

(二見×安村×杉浦×穴澤さん)
一般の穴澤さん。今回福島にあらたに設けられたB級予選から勝ち上がり、A級本戦ではベストアマを獲得。破竹の勢いで準決勝に進出。とても楽しそうに対局しているのが印象的だ。
東場の穴澤さんの親番。

六万七万八万三索五索七索八索九索九索九索六筒七筒八筒  ドラ東 

これをヤミテン。
ツモ六索で4面張リーチには取らず三色を確定させる打五索。 
4面張でリーチをしていれば、ツモ八索の1,300オールであったが、待ち変えをしていくものの流局。
少し緊張しているか?
しかしオーラス、僅差の2着目の穴澤さんとトップ目の杉浦。

穴澤さん 
六万八万八万八万二筒三筒四筒五筒六筒七筒  チー五筒 左向き六筒 上向き七筒 上向き

杉浦 
四万五万六万七万六筒七筒八筒  ポン二索 上向き二索 上向き二索 上向き  ポン二万 上向き二万 上向き二万 上向き

この対決は穴澤さんが六万をツモり500・1,000でトップに。
oui38_a_02

(伊藤優×伊藤康さん×手塚×安藤)
一般の伊藤康宏さんは先日行われたインターネット麻雀日本選手権にて、安田麻里菜プロとの激闘を制し優勝し、ロン2カップでも決勝進出と実績のある打ち手。Aリーガーでもあり、鳳凰位決定戦進出濃厚の伊藤優孝、プロクイーン決勝進出の手塚相手にどう戦うか。

東2局、伊藤さん 

三万四万五万六万二索五索六索七索五筒五筒東東南  ドラ三索 

ここから東をスルーし、しっかりと面前で手組をする。
そこに安藤が、 

六万七万八万一索二索三索四索四索六索八索六筒七筒八筒  リーチ

しかし手塚追いかけ、 

二万三万四万五万六万七万一索一索一索三索六筒七筒八筒  リーチ 

ツモ三索で2,000・4,000のツモアガリ。
そのままリードを保ち、オーラスを迎えて手塚の1人浮き状態だが、
伊藤康さんがオーラスの親で、

二万二万七万八万一索二索三索七索七索八索八索九索九索  リーチ  ツモ九万  ドラ三筒 

この2,600オールをツモり手塚に迫る。
なんとか浮きにまわりたい安藤。 

六万七万七索九索一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒西西  ツモ二筒  ドラ六万 

ここから打九索として三色と一通の両天秤。ツモ八筒で一通が見えたところに再びツモが二筒

六万七万一筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒西西  ツモ二筒 

持ち点は21,100のため、打七万としてドラターツを払ってホンイツに向かうが、やや苦しいか。
そこに伊藤優。

三万三万六万六万六万一索二索三索五索六索七索四筒六筒 

このテンパイだが、ピンズは場に高いのでヤミテンに構えるが、あっさりツモ五筒で2,000・3,900で原点確保。勝負手をさばかれていたが、値千金のツモで浮きの2着となり安藤は1人沈みのラス。

1回戦成績

手塚+14.3P 伊藤優+7.1P 伊藤康さん+1.6P 安藤▲23.0P

穴澤さん+17.8P 杉浦+10.0P 安村▲7.9P 二見▲19.9P

西川+14.6P 桶本+4.4P 三浦+2.2P 猿川▲21.2P

坂井+15.3P 近藤+10.5P 森下▲9.7P 京平▲16.1P

2回戦
(三浦+2.2P×手塚+14.3P×京平▲16.1P×二見▲19.9P)

京平 
二万三万八万八万八万九万九万二索三索四索五索二筒五筒五筒  ドラ五索

ここから打二索としてしまうが、そのあとのツモ七索で打九万、ツモ五索九万、とツモがきいて結局、

一万二万三万八万八万三索四索四索五索五索五筒五筒五筒  リーチ

親の三浦から追いかけリーチが入るがツモ三索で2,000・4,000。
そして更に京平。
oui38_a_02

四索四索五索五索六索六索四筒五筒六筒九筒九筒北北  リーチ  ドラ九筒 

積極的にリーチを打つ。トップ目の二見がなんと北のトイツ落としで8,000の放銃。
京平の積極策がうまくかみ合っている。
しかし、元王位の二見もダブ東を仕掛けて、

一万一万六万八万  ポン東東東  チー二万 左向き三万 上向き四万 上向き  チー四索 左向き五索 上向き六索 上向き  ドラ一万

ここで五万をツモ切り。
四万が3枚見えている上に、手出しで八万だと待ちがしぼられるためツモ切りだが、終盤、三浦が七万をつかむがツモ番がないためオリて流局。
しかし、2回の1人テンパイで6,000点を回収し、ついに勝負手が入る。
oui38_a_02

三万三万四万四万五万五万七万八万五索六索七索六筒六筒  リーチ  ドラ南

ここに三浦が、
 
六万六万七万九万九万三索三索四索南南  ポン発発発 

ここからドラを仕掛け、六万で11,600を放銃。
二見がトップ目を奪還し、三浦は1人沈みの展開となり苦しくなった。

(安村▲7.9P×近藤+10.5P×伊藤優+7.1P×猿川▲21.2P)
Aリーガー3人に、安村がどう挑むかという注目卓となった。

猿川 
五万六万三索四索五索六索七索八索九索九索六筒七筒八筒  ドラ八索

猿川が攻めかかるがまたも流局。1人テンパイだが、なかなかアガリに結び付かない。

次局、親の猿川 

二万三万四万六索六索二筒三筒東東東  チー二索 左向き三索 上向き四索 上向き  ドラ白

これで一筒が4枚切れているため、5,800確定のテンパイ。安村も、

二万三万五万五万五万八万八万八万南南  チー七万 左向き八万 上向き九万 上向き 

追いつくがこれも流局。
さらに次局、猿川。

八万八万四索五索六索七索七索七索三筒三筒四筒六筒八筒  ドラ七筒 

ここから七索を暗カンそして、

八万八万四索五索六索三筒四筒四筒五筒六筒八筒  暗カン牌の背七索七索牌の背 

八筒でリーチ。二筒が3枚切れており、ドラのカン七筒待ちもあったがリャンメンに受ける。
しかし、二筒五筒七筒もツモらず流局。猿川の親はなかなか流れない。
しのいでテンパイを繰り返し、やっと500オールは900オールのアガリ。
気がつけばテンパイ料や供託もあり、39,700点持ちでトップ目。
その後、500・1,000しかアガっていない猿川がなんとトップ!!
oui38_a_02
苦境を我慢してしのいだトップだけに、猿川にとっては大きいトップとなった。

2回戦成績( )内は2回戦トータルの成績

二見+27.0P(+7.1P)京平+6.4P(▲9.7P)手塚+3.2P(+7.5P)三浦▲34.4P(▲17.7P)

猿川+16.7P(▲4.5P)伊藤優+7.6P(+14.7P)安村▲5.4P(▲13.3P)近藤▲18.9P(▲8.4P)

伊藤康さん+24.5P(+26.1P)杉浦▲3.4P(+6.6P)森下▲8.0P(▲17.7P)西川▲13.1P(+1.5P)

安藤+13.4P(▲9.6P)桶本+6.4P(+10.8P)坂井+3.8P(+19.1P)穴澤さん▲23.0P(▲5.8P)

3回戦
(森下▲17.7P×穴澤さん▲5.8P×手塚+17.5P×猿川▲4.5P)

猿川 
一万一万五万六万七万三索四索五索七索八索三筒四筒五筒  リーチ  ドラ七索

森下 
三索四索五索六索七索八索二筒二筒四筒五筒七筒七筒七筒  リーチ

いきなりぶつかるが、森下が六筒をツモり2,000・3,900。
猿川は、相変わらずアガリに結び付かず苦しい。
森下は東4局親で、

四万四万四万七索八索四筒四筒四筒東東東中中  ツモ六索  ドラ中 

この6,000オールで大きく抜け出す。
しかし猿川が、

二万三万四万五万六万三索三索四索五索六索四筒五筒六筒  リーチ  ロン一万 

これをトップ目の森下から打ちとり7,700で原点復帰。
少ないチャンスをものにしている。森下はオーラス、

四万四万四索五索六索四筒五筒五筒六筒六筒七筒東東  リーチ  ツモ東

力強く東をツモリ4,000は4,100オール。
猿川は、いったん原点を割り込むがオーラス

二万三万四万五万五万六万七万八万二筒四筒六筒七筒八筒  リーチ  ツモ三筒 

この1,000・2,000をツモり原点確保し浮きの2着に。
場の状況もピンズが安くうまく待ちどりをした値千金のアガリだ。
森下は得意の親番の爆発力を生かしトップを取る。
oui38_a_02

(西川+1.5P×二見+7.1P×安藤▲9.6P×近藤▲8.4P)

三万四万五万六万七万三筒四筒四筒五筒五筒六筒六筒六筒  リーチ  ツモ八万 

二見がこの1,300・2,600のアガリ。
テンパイをしている近藤の、親のホンイツに被せていくがすぐにツモ。

二見 
三万三万七万七万九索九索七筒九筒九筒南南発発  リーチ  ドラ六万

捨て牌に四筒があるが、場況はピンズが良さそうには見えない。

そこに、親の安藤 

六万六万六万一索三索四筒五筒六筒六筒七筒八筒中中  リーチ

ドラが暗刻の勝負手。しかし、二見が七筒をツモり1,600・3,200。
一歩間違うと、痛手を負いそうなリーチもアガリに結び付いている。
打点がほしい近藤。

五万五万八万八万九万九万七索七索七筒七筒南南発  リーチ  ドラ五万

生牌の発待ちでリーチを打つ。点棒状況的にツモっての3,000・6,000が欲しいところだが、その前の待ち選択できた九索も場況的には悪くない。しかし、無情にも九索であればツモアガリであった。流局となる。
近藤はこのチャンスを逃し苦しい展開に。
オーラス安藤が、

二万二万六索七索八索二筒二筒三筒三筒四筒四筒六筒七筒七筒

こうなる。八筒は3枚切れでピンズが場に高い場況。
安藤はなんと打六筒と、シャンポンに受け七筒をツモり2,000・4,000で浮きの2着に。

(伊藤優+14.7P×三浦▲34.4P×杉浦+6.6P×坂井19.1P)
準決勝前日、白鳥翔プロが「勘介(杉浦プロ)は絶対来ますよ!」とコメントをくれた注目の杉浦。

一万二万三万六万七万八万一索二索八索八索一筒二筒三筒  リーチ

五索も3枚、四索も3枚見えており、三索は1枚切れと待ちはとてもいいが流局。

南家の坂井 
一索二索三索五筒六筒北北北白白中中中  リーチ 

出アガリ3,200。ツモって1,300・2,600のアガリだが、
捨て牌は 八筒 上向き五万 上向き三万 上向き発東八筒 左向き

一発裏アリのルールならこの手組もありかもしれないが、リーチ後に伊藤優が白を勝負していることを考えても、ドラの打東のところでテンパイ取らずも十分あったのではないだろうか?
打点的にもチャンタかホンイツにしたかったように思う。
結局、三浦に400・700でさばかれてしまう。しかし、その後坂井が三浦から7,700を直撃。

(安村▲13.3P×京平▲9.7P×桶本+10.8P×伊藤康さん+26.1P)
東4局、京平が仕掛けたとたんに安村、桶本、伊藤康と立て続けにリーチが入るが、安村の8,000のアガリ
南1局、京平に勝負手が

三万三万八万八万八万四索五索六索七索八索五筒六筒六筒  ドラ八万

七筒をチーテンにとる。九索は3枚切れ。
そしてドラ八を暗カン。他家にテンパイ気配はなく、八万をツモ切る手もあったが、ツモを1回でも増やしたい、リンシャンに九索がいる可能性を考え京平はカンを決断。
しかし点数的にも苦しい桶本。

一万九万一索一索九索九筒東南西北白発発 

国士無双の1シャンテンにツモ六索で打一索
京平のカンがなければここで決着だったかと思っていたら数巡後、無情にも桶本にテンパイになるツモ一筒。伊藤康さんも六索七索のシャンポンでテンパイをしていたが、京平の頭ハネで8,000のアガリ。
南2局、親・京平。

一万二万三万四万五万七万七万七万七万八万九万五索六索 

チンイツにも一通にもなりそうな好形。ツモ七索で、

一万二万三万四万五万七万七万七万八万九万五索六索七索  リーチ

高めの六万をあっさりツモアガリ、ドラ1で6,000オール!!
oui38_a_02
たった2局でトップ目に躍り出る。結局、桶本の1人沈みのラスとなり桶本は途中敗退の危機となった。

3回戦成績( )内は3回戦トータルの成績

二見+16.0P(+23.1P)安藤+11.2P(+1.6P)西川▲8.1P(▲6.6P)近藤▲19.1P(▲27.5P)

森下+35.6P(+17.9P)猿川+4.5P(+0.0P)手塚▲15.7P(+1.8P)穴澤さん▲24.4P(▲30.2P)

京平+31.4P(+21.7P)伊藤康さん+13.3P(+39.8P)安村+9.3P(▲4.0P)桶本▲54.4P(▲43.6P)

伊藤優+17.9P(+32.6P)杉浦+5.2P(+11.8P)坂井▲5.4P(+13.7P)三浦▲17.7P(▲52.1P)

4回戦
(二見+23.1P×伊藤優+32.6P×桶本▲43.6P×森下+17.9P)
東2局

森下 
二万三万八万八万八万八索八索二筒三筒四筒五筒六筒七筒  リーチ  ドラ八索

oui38_a_02

伊藤優
三万四万五万九万九万九万三索四索三筒四筒五筒八筒八筒  リーチ 

oui38_a_02

追いつくが伊藤優が一万をつかみ5,200は5,500の放銃。
親の二見が、

一万一索二索三索四索七索八索八索九索九筒北中中  ドラ五索 

ここから八索をカン八索でチー。二見らしい仕掛けだ。
二見は仕掛けを多用して、昨年筒井久美子との激闘を制して第38期王位を獲得した。
仕掛けは両刃の剣ともいえるが、二見のペースに持ち込めるか?しかし桶本が、 

二万三万四万五万六万二筒三筒四筒五筒六筒六筒六筒七筒  リーチ  ロン七万 

これを二見から3,900。

南1局、3回戦まで大きく沈んでいる親の桶本にチャンス手が。

九万三索三索三索六索六索八索八索六筒六筒西西西 

四暗刻が見える。場況も悪くないが森下が六筒をツモり400・700。

オーラス 森下35,000 桶本32,200 二見28,100 伊藤優24,700

トップ目の森下 

四万五万六万六万六万七万八万九万五索七索七筒七筒九筒  ドラ七索 

ここにツモ四索。僅差のためスピード重視で打九筒か?と思ったが森下は打七筒。三色の渡りとドラ打ちをしたくない、リーチをかけたくないのだろうが、これが事件を呼ぶ。
二巡後に七筒を更に河に置き、ツモ三索でドラ七索を打ちだしリーチ。

四万五万六万六万六万七万八万九万三索四索五索七筒九筒  リーチ

素直に、最初に打九筒ならツモっているが、場には七筒が3枚切れ、八筒は一枚切れのため絶テンだが・・・
なんと丁寧に安牌を打ちだしながらまわっていた伊藤優。

二索三索三索四索四索五索五索六索七索八筒白白白  ツモ八筒   

これで2,600オール!!
ソーズか字牌を引けば、当然打八筒になるところだけに紙一重。
この手を開けられた森下の顔色が変わる。伊藤優がラスから一気にトップに。
そして連荘した親の伊藤優。

四万四万五万五万六万七万八万九万八索八索八索五筒五筒  リーチ  ドラ三万

しかし29,600点持ちとなった桶本。

三万三万三万四索四索発発  ポン西西西  チー一筒 左向き二筒 上向き三筒 上向き

この発バックドラ3で勝負。
二見が追いつき

六万七万八万二索二索六索七索四筒四筒四筒五筒六筒七筒  リーチ

発は2枚とも山。森下は絶体絶命だが・・・伊藤が五索をつかみ二見の2,600は2,900。

その結果、森下31,400 伊藤優29,600 桶本29,600 二見29,400となり
なんと森下の1人浮きのトップとなった。森下が筆者を見て苦笑いする。
別卓では好調だった3回戦まで首位の伊藤康さんがなんと1人沈みのラス。大混戦となる。

4回戦成績( )内は4回戦トータルの成績

森下+13.4P(+31.3P)伊藤優▲2.4P(+30.2P)桶本▲2.4P(▲46.0P)二見▲8.6P(+14.5P)

安藤+21.0P(+22.6P)猿川+4.3P(+4.3P)京平▲6.6P(+15.1P)杉浦▲18.7P(▲6.9P)

穴澤さん+19.8P(▲10.4P)近藤+10.8P(▲16.7P)三浦+3.4P(▲48.7P)伊藤康さん▲35.0P(+4.8P) 供託1.0P

西川+20.5P(+13.9P)手塚+6.1P(+7.9P)坂井▲6.6P(+7.1P)安村▲20.0P(▲24.0P)

5回戦
ここで下位4名が途中敗退となる。
ここまでの成績は、
森下+31.0P
伊藤優+30.2P
安藤+22.6P
京平+15.1P
二見+14.5P
~決勝進出ライン~
西川+13.9P
手塚+7.9P
坂井+7.1P
伊藤康さん+4.8P
猿川+4.3P
杉浦▲6.9P
穴澤さん▲10.4P
~敗退ライン~
近藤▲16.7P
安村▲24.0P
桶本▲46.0P
三浦▲48.7P

下位4名のボーダーが▲16.7P。決勝進出のボーダー5位が+14.5Pとまれにみる大混戦。
ここで下位4名にならなければ、誰もが決勝進出の可能性が出てくるのではないか。
この5回戦は、6回戦の卓組もかかってくる重要な半荘となった。

5回戦
(穴澤さん▲10.4P×京平+15.1P×西川13.9P×伊藤優+30.2P)
京平のリーチ

三万三万八万八万三索三索四索四索二筒二筒白中中  リーチ  ドラ三万

南家の穴澤さん

四万四万二索三索四索九索九索南南白  チー一索 左向き二索 上向き三索 上向き 

ここに四万を打たれるが、ポンしてテンパイを取らずなんとか白を重ねる。
ダブ東を仕掛けて勝負した伊藤優から、白が打ち出され8,000のアガリ。

しのいだ穴澤さんが親で、

一万二万三万四万五万七万八万九万五筒六筒七筒八筒八筒  ダブルリーチ  ツモ六万

なんと6,000オールをツモリトップ!!
oui38_a_02
穴澤さんは途中敗退ボーダー付近から一気に2位に浮上。

(三浦▲48.7×森下+31.3×安村▲24.0×安藤+22.6)
カットラインが近い三浦、安村と、現状首位の森下と3位の安藤の対決。
東1局、後がない南家・三浦に最後の勝負手が。

五索五索四筒四筒四筒九筒九筒九筒南南  ポン白白白  ドラ五索 

つもれば4,000・8,000でまだわからないが無念の流局。
ここからテンパイで親を維持した森下が大爆発。

四索四索七索八索九索南南  ポン中中中  ポン五索 上向き五索 上向き五索 上向き  ツモ四索  ドラ七索   

この4,000は4,300オールなどをツモリ、東1局で55,000点持ち。東3局では70,000点オーバーと怒涛の勢い。逆に、安村は東4局で3,000点と途中敗退濃厚に。あせる三浦と安村から森下が点棒を奪っていく。結局、森下が66,000点と大トップを取り、最終戦を残して決勝進出をほぼ手中にする。
あおりを食った三浦、安村が途中敗退となる。

(桶本▲46.0P×杉浦▲6.9P×近藤▲16.7P×手塚+7.9P)

二万二万二万七万八万九万四索四索五索七索四筒五筒六筒  リーチ  ツモ六索  ドラ二万

杉浦がこの2,000・4,000をツモ。
oui38_a_02
後のない桶本がメンピンドラ1の六万-九万待ちで先行リーチ

手塚 
一万二万三万四万四万四万五万五万七万八万九万発発

杉浦 
六万六万六万西西発発  チー一万 左向き二万 上向き三万 上向き  チー七万 左向き八万 上向き九万 上向き

これで追いつく。結果は、手塚が西をつかみ親の杉浦に2,900の放銃。
そのままリードをうまくまとめた杉浦が1人浮きのトップ。
桶本はラスを引き、途中敗退が確定。近藤も▲18.3Pであったがこのポイントまでが途中敗退となる。

(二見+14.5P×猿川+4.3P×伊藤康さん+4.8P×坂井7.1P

猿川が 
三万四万五万六万六万三索三索四索四索五索五索四筒五筒  リーチ  ツモ六筒 

安めではあるが2,000・4,000で先制。
しかし、伊藤康の5巡目ドラの北単騎のリーチに、「親の猿川決めに行くが北で5,200の放銃。

親の坂井の一打目の五万を二見が仕掛ける。

二万三万四万六万八万九万九万西白白  チー四万 左向き五万 上向き六万 上向き  ドラ白

親の坂井 

三索五索七索九索南南南北北北白発発 

ここから四索をチーテンに取り打白。それを二見がポンして跳満のテンパイ。
坂井はチーテンを入れるが打点は3,900。明らかにマンズで仕掛けている二見に、ドラ打ちは焦りなのか?坂井が発をツモリカン八索から待ち替え。

九索南南南北北北発発発 チー三索 左向き四索 上向き五索 上向き 

この12,000に手変わり。となるが、直後に二見が八索をツモ切る。
なんと、そこに割って入ったのが伊藤康さん。
oui38_a_02

四万五万六万六索七索八索九索九索九索二筒二筒五筒六筒  リーチ

明らかにドラの白を打ちソーズの余った親と、ドラをポンして12,000が見えている仕掛けに、ピンズ待ちのため待ちの優位性は高いかもしれないが、このリーチは今の私には打てない。これが伊藤康さんの強さだろうか?とにかくぶれない。緊張からか手は震えているように見えるが心はぶれていない。
二見から四筒で1,300をアガリ、2人の大物手をさばいてしまう。

さらに二見がドラの八索を暗カンしリーチ。

五万五万四索五索六索一筒一筒七筒八筒九筒  暗カン牌の背八索八索牌の背  リーチ

三万が3枚切れており、シャンポンにあえて受ける打四万リーチ。
しかし、またも伊藤康さんが押し返す。

一筒一筒四筒五筒六筒七筒八筒  ポン発発発  チー二筒 左向き三筒 上向き四筒 上向き  ツモ三筒 

2,000は2,200オール。

伊藤康さん 

二万二万六万八万三筒四筒五筒六筒七筒八筒  チー五索 左向き六索 上向き七索 上向き

この2,900をテンパイ。

二見が 

五万六万七万四索五索六索六索七索八索七筒九筒発発  リーチ 

これで追いつく。伊藤康さんがテンパイをはずす。坂井も追いつき、

一万一万一万三万四万五万六万七万八万一筒二筒三筒七筒  リーチ

しかし、なんと伊藤康さんが再度テンパイし、

二万二万二万三筒四筒五筒六筒六筒七筒八筒  チー五索 左向き六索 上向き七索 上向き 

これも伊藤康さんのアガリとなる。

猿川 
一万二万三万六万八万四索四索四索二筒三筒四筒五筒五筒  リーチ  ドラ五筒

四索を暗カンし、リンシャンからなんとツモ七万で2,000・4,000!!
oui38_a_02
流石にリンシャンツモには力が入る。
我慢を重ねてきた猿川後半で爆発か?伊藤康さんがトップ、猿川2着でフィニッシュ。

ここで4名が敗退。コメントをもらった
桶本「3回戦目で大きなラスを引きバランスが壊れました。また勉強して精進します。
こういう場にこれてよかった。また来ます。」
安村「内容が悪すぎました。うっかりが多すぎた。」
三浦「くやしいっすね。また来年頑張ります。」
近藤「3回戦で七対子ドラドラを発単騎に受けたのが敗因でした。」

そして5回戦までのトータルポイントで、最終6回戦の組み合わせが決まった。

(7位・安藤+7.0P×8位・伊藤優+6.5P×9位・手塚+3.4×10位・坂井▲8.0P)
(3位・伊藤康さん+30.2P×4位・京平+20.1P×5位・猿川+16.3P×6位・杉浦+11.2P)
(1位・森下+75.3P×2位・穴澤さん+32.0P×11位・二見▲8.8P×12位・西川▲9.8P)
※対局順

この組み合わせとなった。6回戦終了時トータル5位までが決勝進出となる。
組み合わせが先の対局者の方がポイントがわかるため、目標になりやすく不利となる。
森下は決勝当確だが、二見や西川も差が小さいためチャンスがある展開となった。
最終戦は1卓ごとにニコ生で生中継となる。

6回戦 (7位・安藤+7.0P×8位・伊藤優+6.5P×9位・手塚+3.4P×10位・坂井▲8.0P)
まずはこの卓で卓内トップを取れば決勝進出に大きく可能性が残る。
卓内2番手だと別卓次第だが、ポイントにもよるが可能性が残るとみている。
卓内のトップ争いが注目だ。安藤、伊藤優、手塚はほぼトップであれば卓内トップ。
坂井は点差を少し離してのトップが必要。

手塚が1,300・2,600ツモ、1,600のアガリと好調な出だしであったが
東3局

坂井 
一万二万三万四万五万六万八万九万七筒七筒八筒八筒八筒  リーチ  ドラ九索 

これに対して、

手塚 
三万四万五万七万七万七万四索五索七索八索九索六筒七筒  ツモ五筒 

ここから打七万で5,200を放銃。
伊藤優も東4局に1,300・2,600をツモるが、南1局

安藤 
九万九万九万一索二索三索四索六索七索八索九索二筒二筒  リーチ  ドラ七筒

坂井 
三万四万五万六万七万八万西西西北北発発

これに挟まれ、伊藤優が打発で8,000放銃。
南2局、親の坂井が、

七万八万九万一索二索三索一筒三筒七筒八筒九筒南南  ロン二筒 

この7,700を安藤からアガリ更に加点。
しかし、伊藤優が続く1本場を七対子をうまくアガリ3,200は3,500。
南3局の伊藤優の親番で、1,000オールは1,100オール、2,900は3,500と加点し、坂井と卓内トップを争う。
南3局3本場、伊藤優が

四万四万一筒二筒二筒三筒四筒四筒六筒八筒九筒東中  ドラ西

ここからツモ西でホンイツに寄せる。

手塚
四万五万六索六索三筒三筒四筒四筒五筒五筒南南南  リーチ

この手で勝負にでる。伊藤優がドラの西を重ねて、

二筒二筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒西西  チー一筒 左向き二筒 上向き三筒 上向き 

西は2枚とも山に生きている。アガリになれば決勝進出に大きく近づくが・・・
伊藤が終盤に三万を勝負し、8,000は8,900を手塚に放銃。

オーラス 坂井45,700 手塚33,800 伊藤29,200 安藤11,300
現状こうなり坂井が卓内トップ。伊藤も7,700をアガるか、手塚から6,400直撃で卓内トップの条件を満たす。

坂井 
二万二万六万七万八万三索四索五索六索七索  ポン四万 上向き四万 上向き四万 上向き 

この手でテンパイするが

手塚 
五万五万三索四索五索八索八索八索三筒三筒五筒六筒七筒 

これで追いつき、ツモ三筒で1,000オール。
2,000オールなら坂井より上になるだけにリーチを打つ手もあったか?
しかし慎重に連荘。

手塚 
七万七万一索二索三索五索六索七索一筒二筒三筒三筒五筒  リーチ  ドラ六索 

これで先行リーチ。
しかし、伊藤が追いつき条件を満たす。 

二万三万四万六万七万八万東東東西西白白 

このテンパイ

坂井の3面張のテンパイ打牌四筒で、直撃となる大きな3,900は4,200を手塚がアガリ卓内トップ目となる。
しかし坂井が条件を満たすリーチ。

四万五万六万八万八万八万六索六索一筒二筒三筒五筒六筒  リーチ

ツモれば卓内トップ。手塚はフリテンの二万をチーして東バックのテンパイ。
流局するが、手塚はただの卓内トップではポイントが足りない可能性を考えテンパイ宣言。

オーラス3本場
oui38_a_02
手塚 
五万五万五万六万七万四索六索二筒二筒三筒三筒四筒四筒

これをテンパイ。ここからまず二索を引くがカン五索のままヤミテン。ツモ八万で打六索とし、四索単騎に受け替えるが、無情にも坂井が打五索。ツモ六万で長考し、フリテンの4面張に受けるがヤミテンを選択。リーチを打っていれば仕掛けも入らずつもれていたか?しかし、リーチ棒を出したくない手塚は辛抱。結局1人テンパイとなり差は拡がったが、坂井や伊藤優にとってはまだチャンスがある。

しかし、手塚が次局ノーテンで終了となり、無事卓内トップを手にする。
安藤「出だし安全策をとってアガリ逃しをした。二筒での放銃(7,700)が悔やまれます。」
伊藤優「いったら最後までいっちゃえというところがでちゃった。(三万での手塚に対する放銃)。(勝ちは)鳳凰戦の決勝に取っておこう。」
坂井「卓内トップを強く意識して打ちましたが勝負所で力負けでした。」

(3位・伊藤康さん+30.2P×4位・京平+20.1P×5位・猿川+16.3P×6位・杉浦+11.2P)
手塚の+25.9Pを目標にして、それより浮けば決勝進出の可能性が高くなりそうだ。
卓内トップはほぼ決勝進出。卓内2位でも手塚のポイントを上回れば決勝進出濃厚である。
猿川がいきなり456の三色含みで3面張のリーチを打つが、宣言牌が伊藤康さんに1,000点放銃。
しかし、次局は猿川が伊藤さんから1,000点をアガリ返し振り出しに。

東3局、杉浦が伊藤康さんのリーチをかわし、ドラ暗刻の手をツモリ2,000・4,000。
南2局、親・京平。
 
二万三万四万二索三索四索九索九索九索三筒五筒東東  ドラ五索 

この手をヤミテンに構える。ドラ引きが三色の手替わり、シャンポンになったらリーチか?
待望の二筒を引き、打五筒で渾身のリーチを打つが、猿川に1,000の放銃となる。
南3局、ここまで苦しい親の伊藤康さんだが、ドラ東九万からポンをして東バックの構え。
ターツ選択を間違わず、

四索五索六索五筒六筒七筒九筒九筒東東  ポン九万 上向き九万 上向き九万 上向き  ドラ東 

このテンパイ。

京平 
一万二万三万三索四索五索三筒四筒五筒東西西西  リーチ 

ここで追いつく。残り1枚の東はどちらの手に?または流局か?
伊藤康さんが最後のツモが東で大きな4,000オール。
伊藤さんはぶれない。とにかくぶれない。これで決勝進出確定か。

オーラス
oui38_a_02
杉浦 
五万六万七万七万八万九万三筒三筒三筒四筒五筒白白  リーチ

親の猿川苦しいがテンパイを目指していく。歯をくいしばり打牌を選択しながら最後の可能性にかけるが無情にもノーテン。上家の伊藤さんが丁寧に打ちまわし、猿川に仕掛けさせない。結果、杉浦がテンパイ料で手塚を上回り終了。

京平「下手なりに一生懸命頑張りました。配牌超悪かったね。でも自分なりに丁寧に頑張った。」
京平の目は悔し涙であふれていた。この悔しさをバネにさらなる成長に期待したい。
猿川「リーグ戦よりも手数を多くして臨んだが、ちょっと後悔が残る。リーグ戦では違う猿川をまたお見せしたい。」

ここまでで上位のポイントは
伊藤康さん +37.8P
杉浦 +27.3P
手塚 +25.9P
猿川 +10.7P
こうなり、やはり手塚の25.9Pあたりがボーダーか?

(1位・森下+75.3P×2位・穴澤さん+32.0P×11位・二見▲8.8P×12位・西川▲9.8P)
森下はハコラスでも決勝進出。穴澤さんは二見、西川にまくられなければ少々マイナスでも決勝に残る。
逆に、二見、西川にも、大きなトップを取れば決勝進出の可能性があるだけに面白い戦いになりそうだ。

東1局、親の森下がドラの白を切って1,000オールのツモ。
ダントツの状況だが打ち方は自然だ。やる気満々か。
次局は、二見が森下から2,000は2,300。

東2局、森下が 

二万二万三万四万五万五索五索六索六索七索四筒五筒六筒 

これでテンパイ。

更に、ツモ六万三万と入れ替え三色も見える。二見もテンパイだが穴澤さんが七索で3,900を放銃。

東4局

西川 
一万二万三万八万八万九万九万二索三索四索二筒三筒四筒  リーチ

二見 
三万四万五万七万七万七万四索五索六索三筒四筒八筒八筒

安全牌に窮した穴澤さんが、打五筒で二見に1,300を放銃。穴澤さんに暗雲がたちこめる。
このままいくと猿川を下回り決勝進出が危うくなる。
しかし南3局、穴澤さん。 

三万三万四万五万六万五索六索二筒三筒四筒六筒七筒八筒  リーチ  ツモ四索  ドラ発

この2,600オールでだいぶ条件的に楽になる。
南3局1本場、3巡目に穴澤さん。

一万一万四万四万四万五万六万七万七万八万九万北発  ドラ四万

このチャンス手。更に七万を引き、一万をポンして、

四万四万四万五万六万七万七万七万八万九万  ポン一万 上向き一万 上向き一万 上向き 

この24,000テンパイ。苦しい四万七万七万待ちだが2枚とも山に生きている。
穴澤さんは、八万を持ってきて打七万なら三万六万九万五万八万の5面張だが、八万をツモ切ってしまう。
筆者も解説者も思わず声があがってしまう。
しかし西川に、

二筒二筒二筒四筒四筒五筒五筒六筒七筒七筒八筒八筒九筒

この逆転の手が入って七万をつかみ24,000の放銃。これで穴澤さんの決勝進出が確定的となった。

二見「また来年っすね。我慢が足りなかった。力不足です。29,400点のラスが痛かった。(4回戦)」
西川「最後大きなトップが必要だったが、24,000放銃が効きました。また来年頑張ります。」

この結果、決勝進出は森下、穴澤さん、伊藤康さん、杉浦、手塚(通過順)となった。

森下「親番でのアガリが効きました。粘ったかいがありました。明日も一番狙います。」

穴澤さん「(最終戦)前半堅く行き過ぎたが、2,600オールで楽になりました。明日も優勝目指します。」

伊藤康さん「今日はついていたと思います。最後のTバックしかアガっていないので運も味方しました。できる限りの一生懸命で頑張ります。」

杉浦「今回一番きつかったのはプロ予選。最後大トップ条件をクリアして通過した。本戦からは勝負所であがれた。決勝はパワフルなアマチュアの方と森下君なので、気合いで負けしないように頑張ります。」

これを聞いた森下「気合い勝ちします。」

手塚「終始手が入らずに我慢して、最終戦もいろいろ思うところはありますが、反省は決勝が終わってからします。もうちょっと明日は丁寧に打って頑張ります。」

決勝はアマチュアの強豪2人と連盟のプロ3人の対決となった。
第39期王位は誰の手に?とても面白い決勝戦になりそうだ。