文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

王位戦 レポート

一覧

第41期王位戦A級本戦レポート  中村 慎吾

2015/12/07
執筆:中村慎吾


100

さあ、今年も王位戦の季節がやって参りました。1973年から始まった王位戦も今回で41期目。昨年は清原続光プロの最終戦オーラス、6,000オールの劇的な逆転優勝で幕を閉じましたが、今年は一体どんなドラマが待っているのでしょうか。
本戦の模様を予選であっさり敗退した、私中村がレポート致します。

このA級本戦は、各地で開催された予選とA級予選を勝ち上がった者にシード選手を加えた220名によって行われます。
4回戦終了時にマイナスの者は敗退。プラスの者で5回戦目を行い、上位56名が翌日のA級決勝に駒を進めます。
ルールは一発・裏ドラのない日本プロ麻雀連盟Aルールを採用。

日本プロ麻雀連盟からは、

100

小島武夫

100

古川孝次

100

前原雄大

100

沢崎誠

100

ともたけ雅晴

100

藤崎智

100

瀬戸熊直樹

100

望月雅継

100

勝又健二

100

近藤久晴

100

柴田弘幸

100

山井弘

100

佐々木寿人

100

山田浩之

100

猿川真寿

100

櫻井秀樹

100

紺野真太郎

100

白鳥翔

100

二階堂亜樹

100

宮内こずえ

100

和久津晶

100

魚谷侑未

100

黒沢咲

100

手塚紗掬

100

仲田加南

100

童瞳

100

小笠原奈央

100

山脇千文美

等143名が参加。

日本プロ麻雀協会からは、

100

鍛冶田良一

100

木原浩一

等12名が参加。

 

最高位戦日本プロ麻雀協会からは、

100

近藤誠一

100

村上淳

100

石井一馬

100

設楽遥斗

等14名が参加。

 

RMUからは、

100

阿部孝則

100

河野高志

100

谷井茂文

の3名が参加。

 

一般からは48名の参加となった。

 

因みに、開始早々カメラを向けたらサービスショットを見せてくれたこちらのお二方は4回戦であっさり敗退。(笑)

100

藤原隆弘

100

二階堂瑠美

4回戦を終えてのボーダーが+30.3P。昨年が+22.7Pで最終ボーダーが+31.1Pだったことを踏まえると、+40P弱は欲しい所か。
各々の条件を確認しあい、最終5回戦が開始された。

全5回戦を終え、最終的なボーダーが+36.1P。
そして気になる結果だが、1位で通過したのはASAPINさん。

100

ASAPINさん

そしてなんとベスト3まで一般の方が独占するという結果になった。
団体別で見ると、連盟からは、143名中41名が通過。
協会からは12名中4名通過。
最高位戦からは、14名中5名通過。
RMUは3名とも敗退。
一般からは48名中6名通過という結果になった。

明日のA級決勝は、今日の勝ち上がり者56名に加え、歴代王位、鳳凰位、十段位、昨年の決勝進出者などの72名が、現王位である清原継光の待つ準決勝への椅子をかけて戦います。