文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

王位戦 レポート

一覧

第43期王位戦準決勝レポート  清原 継光

2017/12/11
執筆:清原 継光


勝ち残った15名にはタイトルホルダーの顔がずらりと並んだ。

鈴木たろう(第15期最強位、第9,11,12,13期雀王、他)。
石井一馬(第21期マスターズ、第41期王位、他)。西島一彦(第23期マスターズ、他)。
山井弘(第一回世界リーチ麻雀選手権、他)。滝沢和典(第32,33期王位、他)。
櫻井秀樹(第31期十段位)。森下剛任(第39期王位)。山田浩之(第19期チャンピオンズリーグ)。
安田麻理菜(第10期プロクイーン)。山下将浩(第31期新人王)。
タイトルホルダー以外も、北海道からは前年度ファイナリストの浦山祐輔。
石川県からはプロ暦11年目、北陸リーグ準優勝2回の経験もある木戸僚之。
京都から、競技麻雀暦が長く関西での実績もある段谷昭夫さん(一般)。
東京本部からは映像媒体での活躍もある太田優介、野方祐介。
先の山下は九州所属であり、まさに日本全国からの強豪15名の顔ぶれが揃った。
それをディフェンディングの樋口徹が迎えうつ。

 

100

 

 

☆1回戦

1卓 (浦山・樋口・櫻井・木戸)
浦山が高め三色のリーチで先制をとる。

三万四万五万三索四索三筒四筒五筒六筒七筒八筒北北  リーチ

親番の木戸がドラの西を暗刻にして追いかけリーチを打つも、五索をつかんで7,700の放銃。
櫻井がツモ、イーペーコー、ドラドラの2,000・3,900をアガリ、オーラスに樋口も原点浮きを確保。
木戸は1人沈みの苦しいスタートとなった。

浦山+14.9P 櫻井+4.0P 樋口+1.9P 木戸▲20.8P

2卓 (安田・段谷・石井・鈴木)
起家の安田がいきなりの先制パンチ。

二索三索五索六索七索七索八索九索九索九索九索北北  リーチ  ドラ発

これでリーチを打つとすぐに一索をツモ。リーチ、ツモ、ホンイツで4,000オール。
石井も東場の親番で大きく叩く。

三万四万五万七万七万六索八索四筒五筒五筒五筒五筒六筒  リーチ  ロン七索  ドラ五万

リーチ、タンヤオ、ドラの7,700を鈴木からアガると、次局にリーチツモ白ドラの4,000オールと高打点のアガリを連発。
石井、安田の2人が突き抜ける。

南場では鈴木が石井に一矢報いるアガリ

五万六万七万三索三索五索六索七索五筒六筒七筒七筒八筒  リーチ  ロン九筒  ドラ六万

リーチ、ピンフ、三色、ドラの8,000点をアガリ返す。
南場は平たくなったが、実力者、石井が好発進のスタート。

石井+14.9P 安田+4.2P 段谷▲6.9P 鈴木▲12.2P

3卓 (滝沢・山下・西島・森下)
3卓は、1人が先制リーチを打つと、追撃の追いかけリーチが2人入るバチバチの打撃戦の卓となった。
東場は大物手のアガリが出なかったが、南場で森下が

二万三万三万四万五万一索二索三索一筒二筒三筒中中  リーチ  ロン一万  ドラ二索

西島からリーチ、三色、ドラの8,000点をアガると、オーラスに森下の一際大きい声が響く。

一万二万三万六万六万三索三索三索六索六索六筒六筒六筒  リーチ  ツモ六万  ドラ六筒

気合の6,000オールで森下が大きいトップをとる。

森下+26.0P 滝沢+9.7P 山下▲11.8P 西島▲23.9P

4卓 (野方・山井・太田・山田)
太田がドラ単騎の七対子をツモ。4,000オール。
さらに次局、

二索三索四索四索四索五索六索七索八索九索  ポン中中中  ツモ七索  ドラ七索

この追撃の4,000オール。
東場の親で太田が大きく叩く。野方が局面を打開しようと積極的に仕掛けるが、山田、山井の両名にがっちりガードされ、ジリジリとした展開。そのまま終局を迎えた。

太田+41.6P 山井▲5.5P 山田▲13.8P 野方▲22.3P

 

 

☆2回戦

1卓 (太田・段谷・樋口・西島)
西島がピンフ一通ドラの先制リーチを打つも、一般の段谷さんが追いかけリーチ。

二万三万四万三索四索五索六索七索八索五筒六筒八筒八筒  リーチ  ツモ七筒  ドラ七筒

一発でドラの七筒をツモる勝負強さを見せ、そのまま段谷さんがトップをとる。

段谷+15.2P 太田+4.0P 西島▲4.9P 樋口▲14.3P

2卓 (山井・山下・櫻井・鈴木)
東場は平たかったが、南場の親番で山井がダブルリーチ。見事ペン三索をツモりあげる。
ダブルリーチ、ツモ、ドラの3,900オールで山井が一歩抜け出す。
次局、事件は起きた。鈴木が

一万二万二万三万三万四万三索三索四索五索六索四筒六筒

ここから四万をチーして一万切り。場に安い五筒を出アガリできるよう、隙の無さを見せるが、その後にツモ切った一万に山下からロンの声がかかる。

九万一索九索九索一筒九筒東南西北白発中  ロン一万

鈴木、痛恨の国士無双放銃で大きいラスとなった。

山下+37.5P 山井+12.3P 櫻井▲5.2P 鈴木▲44.6P

3卓 (山田・安田・木戸・森下)
安田が仕掛けて、タンヤオ三色ドラドラ、2,000・3,900をツモると次局、

三索四索四索五索六索六索七索七索七索八索  ポン九索 上向き九索 上向き九索 上向き  ツモ五索

仕掛けからの大物手を連続で成就させた安田がトップをとる。
2番手には、親で中トイトイを森下からアガった木戸が2着をとった。

安田+23.6P 木戸+8.4P 森下▲7.6P 山田▲24.4P

4卓 (滝沢・野方・浦山・石井)
東場の親番で、野方が「らしい」仕掛けから連荘し2本積むと、役なしノミ手をヤミテンでツモ、ピンフのみをヤミとしてアガるなど、さらに親を持続。
七対子ドラドラの絶好の一万単騎を、ソウズのチンイツ1シャンテンの浦山からヤミで打ちとると、次局、

三万三万五万六万三索四索五索五索六索七索四筒五筒六筒  ドラ西

7巡目に入ったこの手を三色を見てヤミテン、12巡目に空切りリーチを放ち、ツモ七、メンタンピンツモ。2,600オールは3,200オール。
詭道から入って王道に至る素晴らしい麻雀で、野方が特大のトップをとる。

野方+49.8P 浦山▲7.1P 滝沢▲15.3P 石井▲28.2P

 

 

☆3回戦

1卓 (石井・山田・山下・樋口)
東場は山下が小刻みに加点してリード。南入して、山田の仕掛けに樋口が不要ターツを払うとそれが御用。

七万八万一筒一筒五筒五筒五筒中中中  ポン三索 上向き三索 上向き三索 上向き  ロン九万  ドラ中

中ドラ3、8,000点の放銃。
山下、山田の2人浮き。樋口は山田への放銃から大き目のラスを引く。
前年度王者に試練の時。

山下+14.7P 山田+9.0P 石井▲4.8P 樋口▲18.9P

2卓 (鈴木・木戸・太田・滝沢)
今半荘も苦しい鈴木だったが、ラス前に

四万五万六万一索二索三索四索六索四筒五筒五筒五筒六筒  リーチ  ロン五索  ドラ九筒

木戸からリーチ三色の5,200をアガると、オーラスには役牌のダブ南を仕掛けて満貫ツモの逆転トップ。
一方、滝沢はオーラスの親かぶりで原点割れになってしまう、という苦しい展開。

鈴木+13.9P 太田7.9P 滝沢▲5.3P 木戸▲16.1P

3卓 (浦山・山井・森下・段谷)
東場で段谷が1,300・2,600。1,300オールとアガると、次の1本場。

二万三万四万六万七万八万二索三索七索七索七索九筒九筒  リーチ  ツモ一索  ドラ九筒

リーチツモドラドラ。3,900オールの1本場は4,000オール。
段谷が怒涛の3連続アガリで、1人浮きの大きいトップをとった。

段谷+28.2P 森下▲2.0P 山井▲7.3P 浦山▲18.9P

4卓 (安田・野方・櫻井・西島)
親の野方の仕掛けに対応していた上家の安田。中盤、一筒を切ると西島からロンの声がかかる。

四万四万四万四索五索六索一筒一筒二筒三筒  ポン西西西  ロン一筒  ドラ四万

隠れドラ3の西ドラ3で7,700の放銃。
下家の野方の仕掛けに苦しめられ、安田は大きい1人沈みのラス。
トップ争いは激戦だったが、親で細かく連荘しRドラドラの2,000オールをアガった櫻井がトップをとった。

櫻井+23.3P 西島+13.0P 野方+2.3P 安田▲38.6P

 

 

☆4回戦

1卓 (樋口・滝沢・安田・山井)
親番の山井、アガリ牌をツモらずのフリテンリーチを決行。

六万七万八万九万九万六索七索八索四筒五筒六筒七筒八筒  リーチ  ツモ六筒  ドラ二万

これを見事ツモる。リーチツモピンフ三色の4,000オール。
その後もリーチタンヤオツモの2,000オール、ツモ七対子ドラドラの2,000,4,000と追撃を決め、パーフェクトゲームで大トップをとる。
前年度王者の樋口は苦しいラス。

山井+40.9P 安田▲6.2P 滝沢▲8.8P 樋口▲25.9P

2卓 (西島・浦山・山田・鈴木)
山田が鈴木からリーチ三色5,200をアガると、さらに親番で西島から7,700をアガリ、山田が主導権をとる。

四万五万六万五索六索七索四筒四筒六筒七筒八筒中中  リーチ  ロン中  ドラ八筒

山田がこのままトップをとるかと思われたが、オーラス、浦山のリーチに、親番で後がない鈴木が飛び込む。メンタンピンイーペーコーの7,700で浦山が逆転でトップをとる。
鈴木はトータルポイントのマイナスがさらにマイナスを招く苦しい状況。

浦山+22.2P 山田+16.5P 西島▲16.9P 鈴木▲21.6P

3卓 (森下・櫻井・太田・石井)
開局に森下が先制リーチ一発ツモ。リーチツモドラドラの3,900オール。

七万九万二索二索三索四索五索七索八索九索六筒七筒八筒  リーチ  ツモ八万  ドラ二索

いきなり森下が抜け出し、半荘の主導権を握る。
森下のゲームメイクが光り、さらに沈みを受け入れる覚悟の太田のマークにあい、櫻井はまるであがらせてもらえず、厳しいラスとなった。

森下+27.8P 石井▲3.1P 太田▲6.5P 櫻井▲18.2P

4卓 (木戸・山下・野方・段谷)
段谷がリーチツモドラドラの3,900オール。
木戸がドラの南を仕掛けて

四万四万四索五索六索六筒七筒北北北  ポン南南南  ロン八筒  ドラ南

先切りの七筒が効いて、1シャンテンの山下から南ドラ3の満貫のアガリ。
南場に入り、山下が親のリーチドラドラ7,700を段谷からアガリ一矢報いるも、仕掛けを駆使した段谷が原点浮きを確保のままフィニッシュ。段谷はこれで決勝がだいぶ見えたか。

木戸+14.2P 段谷+5.9P 野方▲6.2P 山下▲13.9P

 

 

☆5回戦

1卓 (鈴木・野方・樋口・森下)
南場の親番、鈴木が超弩級のテンパイ。

二万二万八万八万八万四索四索四索三筒三筒西西西  ドラ八万

出アガリ24,000、ツモると16,000オール。アガリ牌は山に2枚いたが、鈴木の願いも叶わず流局。
その後はトータルポイントプラス組とマイナス組の差が出る展開。マイナス組に大物手を決める暇を与えず、野方、森下が浮きにまわる。
数々の実績を持つ鈴木、前年度王者の樋口が、ここで敗退となった。

野方+17.2P 森下+4.6P 鈴木▲4.2P 樋口▲17.6P

2卓 (櫻井・段谷・山田・滝沢)
東場の親で段谷

四索四索四筒四筒  ポン三筒 上向き三筒 上向き三筒 上向き  ポン白白白  ポン発発発  ツモ四索  ドラ六筒

ヤクヤクトイトイの4,000オールをアガると、それを機に親番で大きく加点する。
追撃すべく櫻井がリーチを打つも、山田の3フーロチンイツに放銃。
段谷が大きいトップ。櫻井が大きいラス。滝沢はまたもオーラスに原点を割る厳しい展開となった。

段谷+27.7P 山田+11.3P 滝沢▲5.8P 櫻井▲33.2P

3卓 (西島・木戸・山井・石井)
トータルポイント的に後のない石井が先制リーチを打つ。

二万四万五万六万七万九万九万一筒二筒三筒南南南  リーチ  ドラ六索

同巡、親の西島にもテンパイが入る。

三万三万六万八万八万二索二索七索七索二筒二筒八筒八筒

1巡まわした後、意を決して西島が六万単騎で追いかけリーチを打つと、直後の石井のツモは六万。リーチタンヤオ七対子9,600の2本場は11,200のアガリ。
石井はその後も木戸にメンタンピンドラ7,700を打ち上げ、運に恵まれず大きめのラス。
トータルポイント的に苦しい西島は、その後、山井にリーチ三色の5,200、石井にダブ南ドラドラの8,000を放銃。
二冠の西島、三冠の石井がここで敗退となった。

木戸+17.6P 山井+12.1P 西島▲8.6P 石井▲21.1P

4卓 (安田・太田・山下・浦山)
4卓は、誰の大物手も成就しないまま小場の展開で局が進む。テンパイ料をしっかりとっていた山下が一歩リードか。
オーラス、原点浮きを狙って太田が素早く3フーロすると、親の浦山がツモ。

二索二索二索五索五索五索二筒二筒二筒四筒五筒南南  ツモ三筒  ドラ四筒

ツモ三暗刻ドラの4,000オール。
小場の展開の中、たった一度の大物手を決めた浦山がトップをとった。

浦山+17.6P 山下+7.2P 太田▲9.8P 安田▲16.8P

 

 

☆6回戦

6回戦A卓 森下(+48.8P)・山田(▲1.4P)・野方(+40.6P)・滝沢(▲25.5P)
東4局、野方が仕掛けて先制テンパイ、親の滝沢がその仕掛けにリーチをかぶせ、さらに森下が3面待ちで追いかけリーチを打ち、さらにさらに山田がメンピンイーペーコー高め三色のリーチを打つ面白い局面。
結果は森下がつかんだ三筒に滝沢からロンの声。

六万七万八万九万九万一筒一筒一筒二筒四筒五筒六筒七筒  ロン三筒  ドラ九万

リーチドラドラの7,700。決勝を狙う森下にとっては手痛い放銃になる。
攻めるしかなくなった森下はさらに滝沢にメンタンピンドラの7,700を放銃。
野方もオーラスの滝沢の親リーチにリーチ白の3,900放銃。さらに滝沢のリーチツモドラドラ3,900オールと、滝沢が親番で爆発する。決勝を狙う森下と野方にとっては辛く厳しい展開となった。
最後は野方が安目ながらメンタンピンツモの1,300・2,600をアガって終局を迎えたが、

六万六万七万七万八万二索三索四索三筒四筒五筒六筒六筒  リーチ  ツモ五万  ドラ一索

できるだけポイントの上積みをして終えたかった野方と森下だったが、最終戦にポイントを減らして終えるという結果に。
控え室に戻った2人の表情は暗く険しく、森下は自身への怒りに満ち、野方は飲み物をとる手が震えていた。

滝沢+41.4P 野方▲1.2P 森下▲16.9P 山田▲23.3P

6回戦B卓 山井(+52.5P)・木戸(+3.3P)・櫻井(▲29.3P)・太田(+36.8P)
東2局、櫻井の先制リーチに太田が勝負のドラ単騎追いかけリーチを決行。

三万四万五万六万七万八万一索二索三索五索六索七索中  リーチ  ドラ中

ドラの中は親の木戸の手の中に2枚あったが、櫻井が最後の中をつかむ。リーチドラドラ5,200。太田が勝負の局をものにする。
太田は続く親番でタンピン三色をヤミテンにするとリーチを打った木戸に、ツモ切り追いかけリーチ。木戸からメンタンピンの5,800をアガると、さらに南場で

一筒二筒三筒五筒六筒七筒七筒八筒八筒九筒九筒東東  ツモ四筒  ドラ七万

ツモピンフホンイツ一通イーペーコーの倍満ツモ、勝ち上がりを決定づけた。
山井も隙の無い麻雀できっちり加点し、太田、山井の両名がほぼ決勝を掌中に収めた。

太田+32.8P 山井+11.2P 木戸▲13.2P 櫻井▲30.8P

6回戦C卓 段谷(+70.1P)・山下(+33.7P)・浦山(+30.3P)・安田(▲33.8P)
C卓は、決勝の最後のイスをめぐって山下と浦山の争い。
まずは山下が機先を制す。

八万八万西西  ポン九筒 上向き九筒 上向き九筒 上向き  ポン七筒 上向き七筒 上向き七筒 上向き  ポン発発発  ツモ八万  ドラ南

ヤクハイトイトイの1,300・2,600のツモアガリ。
追う浦山は三色リーチを打つも段谷にタンヤオドラ3の11,600を放銃。両者の明暗は分かれる。
しかし、ラス前に親番で浦山が意地を見せる。
まずはチャンタ三色のリーチ、これはアガれずに流局となるも、次局に、

三万四万五万八万八万三索四索五索三筒四筒六筒六筒六筒  リーチ  ツモ五筒  ドラ二万

リーチタンヤオツモ三色の4,000オールで山下とほぼ横一線。
オーラスは、山下と浦山で1,000点アガった方が決勝に残るという超激戦だったが、このオーラスをアガったのは山下でも浦山でもなく段谷。
なんと、控え室で祈る気持ちで見ていた野方が決勝へのイスに滑り込む結末となった。

段谷+14.1P 浦山+5.0P 山下+1.0P 安田▲20.2P

 

・ベスト8コメント(勝ち残った4名には決勝の抱負も)

木戸「6回戦で山井さんに8で放銃した局面が甘かったかなぁ。準決勝の前半でポイントを失うマイナス発進が痛かったです。」
森下「6回戦の戦い方を間違えた。やらかした。」
山下「力不足でした。」
浦山「2回戦に野方プロに七対子ドラドラの9,600を放銃した局が悠長だったなぁ。6回戦で山下プロが1,300・2,600をアガった局。山下プロの仕掛けにドラの南を切れなかった局面、勝負ポイントだったかなぁ。切っていれば・・。」

段谷「配信が苦手なので落ち着いてやれてよかったです。明日も落ち着いてやれたらいいなぁ」

太田「ミスが多かったけど、今日はメリハリが良い方向に出ました。道場で働かせてもらったおかげで、今回残れたと思ってます。中央のタイトル戦決勝は2回目なので、前よりは緊張してません。結果を残したいです。」

山井「前半苦しかったけど、放送対局に爆発できました。前半、我慢したのが効いてよかったです。王位戦は10年ぶりの決勝なので、明日はしっかりと頭取りの麻雀を打って優勝を狙っていきたいです。」

野方「奇跡が起きました。残れると思ってなかったから気楽にやれるので、明日は普段どおりの麻雀を打ちたいです。」

決勝は、段谷、太田、山井、野方の4名。いよいよ第43期王位が決まる。