文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

プロクイーン決定戦 決勝観戦記

一覧

第17期プロクイーン決定戦初日観戦記 藤井 すみれ

2019/11/22
執筆:藤井 すみれ


7月21日の一次予選から早3ヶ月。今年もついに決勝の舞台が整った。

世間ではドラクエウォークというアプリが大流行しており、私もすっかり夢中なのだが、予選を勝ち上がってきた4名にとっても、ついにボス戦まで辿り着いた!そんな気持ちなのだろうか。
しかも麻雀は自分以外みんな敵で、味方は基本的に自分だけ。
そんな中で最後まで生き残ってきた4名、そして迎え撃つは前年度優勝の日向藍子。
今年のプロクイーン最終章がいま始まる。

 

1回戦(起家から、瑠美・りんの・日向・西城)抜け番・童瞳

東1局
誰のどんなアガリで始まるのか。タイトル戦の開局はそこが楽しみでもある。

先制テンパイは西城だ。

 

100

 

西城凛
日本プロ麻雀連盟所属。
以前は日本プロ麻雀協会に所属。プロ7年目。
「メンゼン派、全ツッパ」と自身は語るが、高打点をしっかりと決めて決勝への切符を手にして来た。

二万二万六万七万一索一索一索七索八索九索九筒九筒白  ツモ五万  ドラ白

ドラを切っての、役なしヤミテンを選択。

一方、同巡に追いついたのはりんの。こちらはリーチだ。

七万八万九万二索三索二筒二筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒  リーチ

 

100

 

りんのなお
日本プロ麻雀協会所属。
プロ3年目。
入会当初より強いとの噂が瞬く間に伝わる。
仕掛けや積極的なリーチを駆使してここまで来た。

プロクイーン決勝は初めての2人。2人とも一次予選から長い道のりだっただろう。
そこにすぐさま追いかけたのは現プロクイーン・日向。

三万四万五万七万八万二索二索五索六索七索四筒五筒六筒  リーチ

更にそこへ親の瑠美もテンパイを入れ、こちらは役ありのヤミテン。

三万五万八万八万五索六索七索三筒四筒五筒発発発

リーチ2人。ヤミテン2人。いきなりの4人テンパイ!しかしここから更に白熱していく。

西城
二万二万五万六万七万一索一索一索七索八索九索九筒九筒

ここに瑠美の当たり牌四万を引くと、カン三万に待ち変え。ヤミテンのまま危険牌を勝負していく。

瑠美
三万五万八万八万五索六索七索三筒四筒五筒発発発

こちらも危険牌を勝負していたが、ツモ五万でシャンポンに待ち変えでヤミテン続行。

りんのも日向もツモれないでいると、西城の元へ来たのは日向の当たり牌六万五万八万待ちの両面変化でついにリーチ。
それを受けて瑠美もツモ切り追いかけリーチ。

まさか、東1局から4人リーチが見られるとは!
熱いめくり合いを制したのは、日向。

 

100

 

りんのから日向への3,900で熱い3日間が始まった。

細かいアガリを経て、東4局。7巡目、瑠美のリーチ。

三万四万五万七万八万五索五索五索三筒四筒五筒六筒六筒  リーチ  ドラ三筒

待ったをかけたのは親の西城。中のトイツ落としでキッチリ仕上げ、11巡目リーチ。

二万三万四万六索六索七索七索八索八索三筒四筒七筒七筒  リーチ

そして聞こえる「ツモ」の声。それは、どちらの声でもなかった。

りんの
一万一万六万六万四索四索一筒一筒二筒二筒四筒南南  ツモ四筒

2人のリーチを掻い潜った800・1,600。
実況の日吉が言う。「価値しかない」と。

南1局1本場
前局に2,600オールをツモった瑠美の親番中。これ以上やらせたくない。誰もがそう思うだろう。
しかし34,500点で瑠美と同点の日向。

五万二索三索四索五索六索二筒二筒二筒三筒五筒七筒七筒八筒  ドラ六索

ここから打五筒とする。
なんてゆったりとして素敵な一打なのだろう。好形を狙っていく。

一方りんのはダブ南をポンしていき、テンパイ。

一万二万七索八索九索五筒六筒七筒東東  ポン南南南

1シャンテンになっていた日向も、何枚かポンテンをスルーして打点を見ていたが、2枚目の二索をポンして折り合いをつける。

五万六万四索五索六索二筒二筒二筒七筒七筒  ポン二索 上向き二索 上向き二索 上向き

その2人が最も恐れていた瑠美のリーチがついに。

三万四万五万四索五索六索七索八索三筒四筒五筒発発  リーチ

綺麗な高目三色。瑠美の代名詞だ。

 

100

 

二階堂瑠美
日本プロ麻雀連盟所属。
プロ20年目。
第11期プロクイーン獲得。
第13期決勝では涙を飲んだ彼女だが、4年ぶりに戴冠を狙う。

今にもツモりそうな瑠美のリーチを受けてりんのは撤退。
日向は戦っていく。瑠美の現物七万が西城から打たれ、ここは日向のアガリとなった。

南4局
縦長の展開で迎えたオーラス。
西城17,300
瑠美34,800
りんの25,000
日向42,900
各選手、満貫圏内で着順アップの可能性がある。

ここまで苦しい西城。
この親こそは、という気合いが感じられる。
ドラを重ねて6巡目にリーチ。

一万一万八万八万八索八索四筒四筒八筒八筒西西北  ドラ八筒

山に2枚の北がりんのからツモ切られ裏ドラも乗る!
18,000の加点に成功。

このままトップまで、と思われたが1本場は瑠美が西城から6,400をアガリ2着確保。 日向がトップとなった。

1回戦成績
日向+27.9P 瑠美+16.5P 西城▲6.4P りんの▲38.0P

 

 

2回戦(起家から、りんの・日向・童瞳・瑠美)抜け番・西城
バッチバチの1回戦を終え、ここから童瞳が登場。

東1局
1回戦目に痛恨のラスをひいたりんの、親で即リーチと行く。

六万八万一索二索三索三索四索五索六筒七筒八筒発発  リーチ  ドラ一筒

これを一発でツモ!裏ドラはないが、気持ちの良い2,000オール。

しかし実はこの時、童瞳が一発でド無筋の八万を勝負していた。
それはこの後の熱い戦いを予期させるものだった。

東3局
日向に難しい選択が。

三万三万五万六万七万八万九万九万六索八索六筒七筒八筒  ドラ六万  ツモ七索

九万は場に1枚切れ。前巡に一万を切っているのでマンズの下の変化は厳しい。
日向は、ほとんどノータイムで三万切りリーチを選択!
このカン四万が山に3枚で、ナイスな選択だったのだが、無情にも一発目のツモは七万
ツモ切られる九万二万までツモってきて、こうしていればアガっていたというルートが日向に襲いかかって来る。

更にひたひたと忍び寄る影……親の童瞳。
無筋を躊躇なく切り飛ばし、ついに追いついた。

四万五万六万六万七万八万四索六索一筒一筒四筒五筒六筒

ヤミテンの親満!しかもこの五索も山に2枚もいる。
どちらかのアガリを確信したが、何と2人のアガリ牌は全て王牌に吸収され、流局となった。

東3局1本場
西家りんのが6巡目リーチ。

五索六索七索一筒一筒三筒四筒五筒五筒六筒七筒南南  リーチ  ドラ九索

親の童瞳
五万五万二索二索三索三索九索九索四筒四筒東北北

この恐ろしい手を11巡目に仕上げてリーチ。

瑠美も追いかけるが、りんのの元には東・・・童瞳に12,000は12,300。

更に次局

二万三万四万五万六万七万五索五索六索七索七索八索八索  リーチ  一発ツモ六索  ドラ発  裏六万

6,000は6,200オール!

解説陣が言う。
「東1局のあの八万から始まっていたんだ……」
1回戦抜け番を終えて、自身の1局目。親リーチに1シャンテンから無筋を勝負できるのは、きちんと心を作ってきた証拠だった。

 

100

 

童瞳
日本プロ麻雀連盟所属。
プロ10年目。
第13期プロクイーン獲得。
あれから月日は流れ、更に麻雀に磨きをかけてきたのが分かる。2度目の優勝なるか。

この半荘、りんのと日向は何度もリーチや仕掛けを試みるも、なかなかアガリに結びつかず。
童瞳の大きなトップで終局となった。

2回戦成績
童瞳+51.4P 瑠美+3.6P 日向▲18.0P りんの▲37.0P

2回戦終了時
童瞳+51.4P 瑠美+20.1P 日向+9.9P 西城▲6.4P りんの▲75.0P

 

 

3回戦(起家から、日向・童瞳・西城・瑠美)抜け番・りんの

東2局1本場
瑠美が魅せる。カン八万をチーしてこの形。

三索三索七索八索一筒七筒八筒九筒東東  チー八万 左向き七万 上向き九万 上向き  ドラ三索

ここから上家西城から続けて2枚打たれる六索を悠然とスルー。
東をポンしてテンパイ。あくまで8,000のルートは絶たない。うーん、かっこいい。
テンパイを入れた親の童瞳から六索をとらえて3,900は4,200。

東4局の親番でも、日向から5,800を召し取り、瑠美のペースか。
同1本場もリーチで連続攻撃。

五万五万六万六万七万二索三索四索二筒三筒四筒白白  ドラ二索

このままだと持っていかれそうな匂いしかしない。
その気持ちは誰しもが感じている中で、西城が連荘阻止に名乗りをあげた。

二万三万四万二索二索八索九索六筒七筒八筒  暗カン牌の背九筒 上向き九筒 上向き牌の背  ドラ二索七索

熱い息使いが聞こえてくるようなめくり合い。
間もなくして、西城が力強く七索をツモり上げ、3,000・6,000を決めた。

南2局
瑠美と西城がトップ争いをする中、今半荘もなかなかアガリにめぐまれないのは日向。18,600点持ちラス目だ。
これが自身の初日最後の半荘でもあり、なんとかして、加点を目論む。
手があまり良くなくても、ドラがなくても、手役やアガリへの道筋を懸命に追っていく。
そんな彼女の姿にみんな心を奪われるのだと思う。

 

100

 

日向藍子
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
プロ9年目。
現プロクイーンで、皆さんご存知の通りMリーガーとして渋谷ABEMASに所属し、活躍めざましい選手。連覇を狙う。

二度放った勝負のリーチも、日の目をみる事は無かったが、何度でもリーチをかける彼女の姿はきっとこのままでは終わらない、と我々に感じさせるものだった。

3回戦成績
瑠美+23.2P 西城+12.0P 童瞳▲8.1P 日向▲27.1P

3回戦終了時
瑠美+43.3P 童瞳+43.3P 西城+5.6P 日向▲17.2P りんの▲75.0P

 

 

4回戦(起家から、瑠美・西城・童瞳・りんの)抜け番・日向
これが本日の最終戦。

東1局2本場
西城がリーチ。

五万五万二索二索二索三索四索五索七索八索九索七筒八筒  ドラ白

その間、何度もテンパイをはずして高打点を狙う選手がいた。
りんのだ。

りんのはここまで2回のラスを引き、迎えた最終戦。
まだ初日とはいえ、これ以上のマイナスを背負うのは御免だろう。
1回戦、2回戦は持ち味でもある軽めの仕掛けやリーチを多用してきたが、この3回戦、重めの手作りにシフトしたように見える。
解説の白鳥が言うように、少しでもポイントが回復できれば、また元のように自由に打てるようになるかもしれない。

じっくりと手を育て、テンパイにたどり着く。

一万二万三万八索九索一筒二筒三筒七筒八筒九筒九筒九筒  ドラ白

りんのの手に力が入るが、なかなかツモれない。
更に親の瑠美の追いかけリーチも入り、ツモられる七索。それを見て唇をかみしめていた。

この半荘も瑠美が好調で、トップ目で南場を迎える。

南2局
逆につらいのは西城。
22,500点持ちのラス目で迎えた親番。三段目に入ってもテンパイが入らずに苦渋のオリを選択したその刹那。
3着目・りんのから14巡目のリーチが入る。それを受けて3人は対応。
ドラドラだった瑠美も、チーテンの牌が出たが、危険牌を打つのを嫌ってとらず。

2巡後、「ツモ」とりんのが開いた手は

六万六万六万二索二索二索七索七索八索八索三筒三筒三筒  リーチ  ツモ八索  ドラ六索

美しい四暗刻だった。

苦しい苦しい1日の最後に、神様はりんのに微笑んだ。

4回戦成績
りんの+39.8P 瑠美+15.4P 童瞳▲19.2P 西城▲38.0P

4回戦終了時
瑠美+58.7P 童瞳+24.1P 日向▲17.2P 西城▲32.4P りんの▲35.2P

プロクイーン初日に彼女達が見せてくれたのは、燃えたぎる闘志と、あきらめない心だった。
まだまだ勝負は、わからない。

次回プロクイーン決定戦2日目。ご期待下さい!