文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

プロクイーン決定戦 レポート

一覧

第12期プロクイーン決定戦 一次予選レポート 山田 浩之

2014/10/30
執筆:山田 浩之


例年7月に行われていたプロクイーン決定戦。
今年は7月に世界選手権が行われたため、今回は10月18日に一次予選、19日に二次予選が行われました。

 

masters21_01

 

一次予選は、昨年を上回る過去最多の75名での戦いとなりました。
大会のシステムは、まず組み合わせを変え半荘4回を行い、下位7名が敗退。
次に、残った68名で5回戦を行い、ここまでの成績上位4名が6回戦を戦わずして1次予選通過。
逆に、下位8名が敗退。残った56名で最終6回戦を行い、24名が二次予選進出となります。

最初の4回戦では、麻雀格闘倶楽部などで活躍中の中川由佳梨や月江いくこなどが早くも姿を消すことに。

masters21_02 masters21_03

 

続く5回戦で上位4名に入り、一足先に一次予選通過を決めたのはこの4名。

 

1位 足木優(最高位戦)


masters21_01

 

2位 天音まこと


masters21_01

 

3位 渡辺洋香(最高位戦)


masters21_01

 

4位 山脇千文美


masters21_01

 

逆に、こちらも麻雀格闘倶楽部などで活躍中の井上絵美子、石田亜沙己らはここで涙を呑むことになりました。

 

masters21_02 masters21_03

 

6回戦は、約4割勝ち上がりという厳しい戦い。
ここで敗退となってしまったのは、蒼井ゆりか、長内真実、中山奈々美、小笠原なお、高宮まり、東城りお、菅原千瑛など。

 

masters21_02 masters21_03 masters21_03
masters21_02 masters21_03 masters21_03
masters21_02

 

一次予選通過

足木優(最高位戦)天音まこと 渡辺洋香(最高位戦) 山脇千文美 朝倉ゆかり(協会)松岡千晶
竹居みつき(協会)西川舞 童瞳 大野彩乃 西山あみ 王政芳 井上美里 内田美乃里
池沢麻奈美 川原舞子 小島優 石井阿依(協会)花本まな(最高位戦)河野みのり ジェン
白銀紗希 中野妙子 古谷知美 佐藤あいり 佐月麻里子(協会)吉田彩乃 澤村明日香

 

masters21_02 masters21_03 masters21_03
masters21_02 masters21_03 masters21_03
masters21_02 masters21_03 masters21_03
masters21_02 masters21_03 masters21_03
masters21_02 masters21_03 masters21_03
masters21_02 masters21_03 masters21_03

 

明日の二次予選は、この28名にシード選手16名を加えて44名での戦いになります。