文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

プロクイーン決定戦 レポート

一覧

第12期プロクイーン決定戦 二次予選レポート 山田 浩之

2014/11/04
執筆:山田 浩之


2次予選は、昨日の勝ち上がり28名とシード選手16名(歴代プロクイーン、前年度ベスト16、タイトルホルダーなど)を加えた44名で争われます。

「シード選手」
涼崎いづみ(最高位戦)石井あや(最高位戦)清水香織 芽森早香(最高位戦)
小池美穂(最高位戦)二階堂亜樹 仲田加南 黒沢咲 魚谷侑美 和泉由希子
宮内こずえ 優木美智 斉藤智子 室伏理麻 内山えみ 大里奈美

masters21_02 masters21_03
masters21_02 masters21_03
masters21_02 masters21_03
masters21_02 masters21_03
masters21_02 masters21_03
masters21_02 masters21_03
masters21_02 masters21_03
masters21_02 masters21_03

 

2次予選のシステムはまず、メンバーを変えながら4回戦を打ち下位8名が敗退。
続く5回戦も下位8名が敗退。そして、最終6回戦を28名で行い、上位11名が翌週25日のベスト16に進出となります。

最初の4回戦敗退となったのは、麻雀格闘倶楽部などで活躍中の小島優や童瞳。
そして、女流桜花Aリーグ入りを果たした澤村明日香など。

 

masters21_02 masters21_03 masters21_03

 

続く5回戦では、先日の最強戦女流プロ予選優勝の井上美里、歴代プロクイーンの清水香織、石井あや(最高位戦)などが敗退となりました。

いよいよ最終戦。ここまで残った26名が11人の枠をかけての熾烈な戦いとなります。
ここで、モンドTVなどで活躍中の和泉由希子、二階堂亜樹、黒沢咲 魚谷侑美、
涼崎いづみ(最高位戦)などがあと一歩力及ばず敗退となりました。

「ベスト16進出者」
優木美智 宮内こずえ 朝倉ゆかり(協会)佐藤あいり 内山えみ 芽森早香(最高位戦)
王政芳 山脇千文美 ジェン 古谷知美 西山あみ(通過順)

 

masters21_02 masters21_03
masters21_02 masters21_03
masters21_02 masters21_03
masters21_02 masters21_03
masters21_02 masters21_03
masters21_02

 

この11名に、前年度決勝進出者と現女流桜花を加えたベスト16の組み合わせがこちらになります。

A卓  和久津晶vs朝倉ゆかり(協会)vs佐藤あいりvs西山あみ

B卓  豊後葵(協会)vs宮内こずえvs内山えみvs古谷知美

C卓  安田麻里菜vs優木美智vs芽森早香(最高位戦)vsジェン

D卓  手塚紗掬vs吾妻さおりvs王政芳vs山脇千文美

ベスト16からは同一メンバーでのトーナメント(卓内2名勝ち上がり)になります。
現プロクイーン二階堂瑠美への挑戦権をかけた熱い戦いになることでしょう。
尚、ベスト8からは連盟チャンネルで放送になりますので是非ご覧ください(文中敬称略)