文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

プロクイーン決定戦 レポート

一覧

第12期プロクイーン決定戦 ベスト8B卓レポート 編集部

2014/12/15
執筆:編集部


二階堂瑠美(現・プロクイーン)、優木美智、宮内こずえ(A卓勝ち上がり)の3名。
残りの2名は御存知の通り、和久津晶、茅森早香(B卓勝ち上がり)に決まりました。
すでにプロクイーンのCMも連盟チャンネルにて流れていますね。

第12期プロクイーン決定戦を楽しむ材料の1つとして、改めてベスト8での彼女たちの戦いぶりをレポート致します。
併せてA卓のレポートもご覧ください。

ベスト8B卓

和久津晶(日本プロ麻雀連盟23期)
第9期プロクイーン。今期、マスターズ準優勝。決勝経験は数知れず。
近年はシルバーコレクター等と言われ始めてしまったが、実績だけを見ても女流トップクラス。
プロクイーンベスト8の1週前には女流桜花決定戦への進出を決め、その圧巻の内容からは今週も死角なしか。

吾妻さおり(日本プロ麻雀連盟21期)
第8期女流桜花にして、現・女流桜花。
彼女の持ち味も攻撃力。
女流桜花決定戦より一足早く和久津とここで対戦することに。
一発裏ドラルールも制して2冠を狙う。

茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会26期後期)
第11期女流最高位。
天才がついにプロクイーンベスト8に登場。
プロクイーン出場は意外と2回目。
自団体のルールと酷似しているためか、戦前の予想は茅森優勢の声がやはり多かった。

内山えみ(日本プロ麻雀連盟27期)
ベスト8の中で唯一勝ち残った若手。
昨年もベスト16まで残っており、今年はベスト8。
タイトルホルダー3名相手に、どこまで通用するか。
後1つ、勝って初決勝を目指す。

100

 

1回戦
起家から(和久津・内山・茅森・吾妻)

東1局、内山が先手

三万四万五万六万六万二索四索八索八索八索二筒二筒二筒  リーチ  ドラ七索

このリーチを打てた事は、内山が普段どおり緊張せずに打てている証拠かもしれない。
ただし、結果はハイテイで8,000の放銃。

茅森
五万五万五索六索七索五筒五筒六筒六筒七筒八筒八筒八筒  ロン七筒

内山は頭が真っ白になったに違いない。
彼女にとって初めてのテレビ対局のオープニングなのだ。

東2局、和久津

四索四索四索五索六索八索八索八索四筒四筒  ポン八筒 上向き八筒 上向き八筒 上向き  ドラ八索

空振り。

前週のA卓を観るようにこの後、流局が続く。
アガリが出たのは東4局3本場、親の吾妻が内山から七対子の2,400は3,300。
しかし二の矢は打てず本場を連れたまま南入。

6本場、和久津、内山のリーチを吾妻が交わす。
吾妻の出来が良い。和久津は手が入るもののここまで実らない。
茅森は最初の満貫以降、加点出来ずにじりじり持ち点が減っていく。

そして南3局、吾妻が勝負手をリーチ。

六万七万八万四索五索六索八索八索四筒五筒五筒六筒六筒  リーチ  ドラ六万

しかし勝ったのは仕掛けを入れた和久津。

三万三万三万六万六万三索四索五索六筒七筒  チー四万 左向き三万 上向き五万 上向き  ロン八筒

3,900をトップの吾妻から直撃で和久津がトップに立つ。

南4局
和久津42,700 内山12,200 茅森27,900 吾妻37,200

茅森にドラ暗刻のチャンス手。テンパイ後、即リーチ。

三万四万五万一索二索三索一筒三筒七筒七筒東東東  リーチ  ドラ東

跳満ツモでトップになれるが結末は、なんとトップの和久津が仕掛けを入れているところから一発で放銃。
裏が乗れば吾妻を捲くれたが裏ドラはなし。吾妻はやはり展開がいい。
打った和久津も苦笑い。その表情からはまだ余裕が窺える。

1回戦成績
吾妻+22.2P  茅森+10.9P  和久津▲0.3P  内山▲32.8P

 

2回戦
起家から(和久津・内山・茅森・吾妻)

起家、和久津、わずか5巡で5,800を吾妻からアガった次局。
8巡目に内山がポンテンを入れると、次巡、七万を引き入れてリーチ。

五万六万七万一索一索三索四索五索七筒八筒九筒中中  リーチ  ドラ一索

なんと9巡目にして待ちは4枚とも山に。
そして難なく一発ツモ。6,100オールのアガリ。

100

1回戦目のオーラスのあの不敵な笑いは、このアガリを知っていたかのよう。

東1局でこの半荘の勝負を決めてしまった感がある。

東場は小場で局が進む。
東4局、和久津攻撃の手を緩めない4巡目リーチ。
そこに追いついた茅森もリーチ。
安全牌に詰まった内山は、和久津の現物をツモ切りしてこれが一発ロン。
内山苦しい。

南3局、内山今シリーズ初アガリがようやく出る。

一万二万三万二索三索四索七索七索八索八索九索九筒九筒  リーチ  ツモ九索  ドラ南  裏三筒

そしてオーラスの得点状況は以下のように熾烈な2着争い。

和久津54,900 内山20,200 茅森20,800 吾妻24,100

茅森は2着を狙いリーチ。瞬間4着目に。

四万五万六万三索三索七索七索七索五筒六筒六筒七筒八筒  リーチ  ドラ南

ツモれば文句なしの2着。吾妻から直撃でもよし。他家からだと裏ドラが必要。
このとき吾妻はテンパイまでは程遠い。
3着致し方なしで、直撃だけは避ける打牌を選ぶだろう。

しかしこのとき、倍満を放銃してもトップの和久津がドラドラ1シャンテンで真っ向勝負。
その和久津が切った牌を内山はチー。

二万二万四万五万六万二索二索二索三筒四筒  チー五万 左向き四万 上向き六万 上向き

「1,000点の仕掛けだがリーチが入った以上、3着キープは致し方なし。」と解説の勝又。
吾妻は内山、和久津が戦ってくれれば2人テンパイ以上は確実なのでオリを選択。
内山も無筋を切り飛ばしていく。そしてついにドラの南を掴む。

一度テンパイを外しハイテイでまた選択。
ドラを切ればテンパイで3着キープ。もし仮に和久津もテンパイしていれば、吾妻と2,900点差の為、2着になれる。
しかし内山の選択は4着を引き受けた。

これはどうだっただろうか?
オリれば4着は確定。どうせ4着なら跳満を打ってでも3着以上を狙ったほうがいいのではないか?
賛否両論だとは思うが、単純に2連続4着はほぼ敗退を意味する。
そして吾妻、2着と展開がいい。

2回戦成績
和久津+38.9P  吾妻▲1.9P  茅森▲12.2P  内山▲25.8P (供託1.0P)

2回戦終了時
和久津+38.6P  吾妻+20.3P  茅森▲1.3P  内山▲58.6P (供託1.0P)

100

 

3回戦
起家から(内山・和久津・吾妻・茅森)

少し元気のない茅森。
攻守のバランスもよくトーナメントの戦い方も熟知している。
唯一展開だけが向かない。

東場大きな動きがないまま南場へ。
親番の内山、七対子テンパイもここは高打点を狙ってか見逃し。
するとあっさり吾妻が400・700ツモアガリ。
そして因果関係か、次局、吾妻に七対子ドラドラの6,400を放銃。
3連続4着で実質この3回戦で敗退が決まってしまった。

南4局、後がない茅森の親番。
しかし3回戦の主人公は女流桜花。

三万四万五万二索三索一筒一筒一筒三筒三筒三筒中中  リーチ  一発ツモ四索  ドラ二万  裏一筒

3,000・6,000。

100

3回戦成績
吾妻+36.8P  和久津+6.1P  茅森▲10.7P  内山▲32.2P

3回戦終了時
吾妻+57.1P  和久津+44.7P  茅森▲12.0P  内山▲90.8P (供託1.0P)

 

4回戦
起家から(茅森・和久津・吾妻・内山)

さてここからがトーナメントの面白いところ。
現状、茅森は和久津との差は56.7P。
3着順差(トップラス)で26,700点差。
2着順差(1・3・2・4)で36,700点差。

トップを一度取ることが出来れば和久津か、吾妻は3着以下になるので、この3回戦目は茅森にとって正念場。
攻め主体になるか。和久津と、吾妻はどう考えるか。
2回のうち1回でも茅森より上の順位ならば通過はほぼ固いであろう。
守りすぎないことと、ターゲットにならないことが重要。

東1局、和久津が茅森の親を1,300で落とす。
東2局、6万点以上の2連勝が最低条件の西家・内山にドラ暗刻のチャンス。

100

配牌
一万二万六万八万二索四索五索三筒七筒東西西西  ドラ西

跳満以上を狙いたいが、まずは満貫でもいいのでリードしたい。
2巡目

一万二万六万八万二索三索四索五索三筒七筒西西西  ツモ八万

ツモが良く雀頭が出来たところ。ここで内山は打5としてしまう。
三色を狙うのであれば打七筒。打六万。横に広げたければ、ペンチャンターツ外しも柔軟。
そして、親・和久津のリーチが入り3,900放銃。
そのときの形が

八万八万八万二索三索四索五筒西西西  チー二筒 左向き一筒 上向き三筒 上向き

少し勿体ない。

東2局1本場、和久津2,000オールは2,100オール。
2本場、怖い和久津の親をここは吾妻が400・700で交わす。
東3局の吾妻の親、ここも和久津が鳴いて捌きあっという間に落とす。

東4局、親の内山がまず先制リーチ。

一索二索三索四索七索八索九索二筒三筒四筒四筒五筒六筒  リーチ  ドラ四索

そして茅森がついに追いつく。

八万八万九万九万四索四索六索六筒六筒東東南白白  打六索  リーチ

無筋の六索か親の現物の南か。ただし茅森の河は明らかな変則手。
茅森は六索を勝負し、内山との真っ向勝負に出た。
そして内山が南を掴む。裏ドラが南で12,000の大きなアガリ。
これで和久津に迫る。

しかし茅森は親番に繋がらない。親が流れ和久津の親番、南2局2本場。
大きすぎる2,600は2,800オール。これで和久津50,000オーバー。

南2局3本場、ほぼ通過確定に近い和久津はさらに加点をしにいく。
ここで茅森がリーチ。

一万二万三万一索三索一筒二筒三筒五筒五筒五筒七筒七筒  リーチ  ドラ四索

そして吾妻も応戦。

五万六万七万四索四索五索五索六索三筒三筒  ポン四筒 上向き四筒 上向き四筒 上向き

和久津にもタンヤオテンパイが入っていたが二索を掴みオリ。
この局を制すれば、茅森は最終戦に勝負を持ち越せる。
吾妻に放銃するようだと敗退濃厚の場面。

ここは茅森に軍配。

一万二万三万一索三索一筒二筒三筒五筒五筒五筒七筒七筒  リーチ  ツモ二索  ドラ四索  裏四万

2,000・4,000これで和久津まで1,900点差。

南3局、西家・茅森が役ありリーチ。

一万三万二索二索七索八索九索七筒八筒九筒西西西  リーチ  ドラ四万

ヤミテンがセオリーの場面だが打点が欲しいところ。
これで親の吾妻の頭には否が応でも浮かぶ。
「満貫放銃すれば最終戦、着順勝負までなってしまうなあ。」
しかしそんな言葉を払いのけ真っ向勝負。
先に追いついたのはなんと内山。

四索五索五索五索六索六索七索八索三筒四筒五筒六筒七筒  リーチ

これに茅森が放銃してしまうと危なかったが、内山のハイテイ牌はなんと二万
天才がついにトップを奪取。

100

4回戦成績
茅森+35.8P   和久津+19.5P   吾妻▲8.6P  内山▲49.7P

4回戦終了時
和久津+64.2P  吾妻+48.5P  茅森+23.8P  内山▲140.5P(供託1.0P)

こうなってしまえば最終戦、差は歴然。
吾妻は大量リードを守ることが出来なかった。

最終戦成績
和久津+30.2P  茅森+9.3P  内山▲3.2P  吾妻▲36.3P

最終結果
和久津+94.4P  茅森+33.1P  吾妻+12.2P  内山▲143.7P

B卓勝ち上がり
1位通過 和久津晶  2位通過 茅森早香