文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

プロクイーン決定戦 レポート

一覧

第13期プロクイーン決定戦一次予選レポート 福光 聖雄

2015/10/05
執筆:福光 聖雄


私が入会した頃は片手で数えられたのだが、気づいたら13期目を迎えていた。
歴代のプロクイーン優勝者はこちらをご覧いただきたい。

今でこそ人気も実力もトップの女流プロばかりかと思われるが、黒沢咲、石井あや(最高位戦)、和久津晶、安田麻里菜が獲った当時は、あまり目立った存在ではなかったと記憶している。
彼女らの努力がプロクイーンの戴冠へと導き、またプロクイーンの名が彼女らをより強くしたのだろう。
この一次予選に集まったのは、4団体(日本プロ麻雀連盟・最高位戦日本プロ麻雀協会・日本プロ麻雀協会・RMU)延べ72名。
そんなスターがここから誕生するか、予選とはいえ目は離せない。

プロクイーンのルールは一発・裏ドラありの日本プロ麻雀連盟Bルールで行われる。(順位点は5-15)
簡単に一次予選のシステムを紹介すると、全部で6回戦を行い
・組み合わせを変えて4回戦行い、4回戦終了時に下位12名が敗退 (72名→60名)
・ポイント持ち越しで5回戦目を行い、5回戦終了時に上位4名が二次予選に通過、下位4名が敗退 (60名→52名)
・残った52名で6回戦目を行い、上位23名が二次予選に通過 (計27名通過)
※ ポイントは6回戦まで持ち越し
となっている。

4回戦終了時に残念ながら敗退となってしまったのは・・・と例年は何人か名前と写真が載るのだが、今年は載せません!
悔しさをバネに来年や別のタイトル戦で活躍してください!(なぜか上から)
次の5回戦で通過した上位4名はこちら

100

1位通過・平岡理恵

100

2位通過・鳥越智恵子(最高位戦)

100

3位通過・七瀬真実

100

4位通過・渋谷菜瑠美

平岡は1期目のファイナリストであり、この中ではベテラン。
「小娘には負けてられませんわ、おほほほほ。」と圧勝。(編集注:平岡プロはいい人なので、そんなこと言いません。)
渋谷は2回戦目オーラスにこの四暗刻!

100

この一索は親リーチの現物であり、放銃した高田麻衣子はトイツ落とし(単騎にしか当たらない)。これは不運。
逆に5回戦で敗退となったのはこの4名。また来年に期待したい。

100

小笠原奈央

100

川原舞子

100

杉村えみ(協会)

100

黄河のん(協会)

最終の6回戦。各卓でドラマチックな結末に。
トップ条件だった山本えりかは、親のホンイツ仕掛けにこのリーチ!

二万二万三万七万七万一索一索三索三索四索四索四筒四筒  リーチ 一発ツモ三万  ドラ三索  裏四索

この4,000・8,000で見事通過を決めた。
3着以上が条件だった片倉まちは、なんとオーラス15,000点持ちのラス目。

二索二索四索四索四索五索六索七索七索八索八索八索九索  ツモ八索

最後にこのアガリで辛うじて通過となった。

五万六万七万七万八万五索六索七索二筒二筒五筒六筒七筒  ツモ六万  ドラ三索

楠原遊は42,000点持ちからこの6,000オールと猛追したが、、、
これまでのマイナスが大きく、惜しくも届かず敗退。
水瀬夏海(協会)もオーラスの親番で更なる加点を目指したが、最終局に放銃した5,200点の分、敗退となってしまった。
東北から参戦の早川林香も、あと2ポイントの次点と悔しい悔しい敗戦。
ほんの少しの差で負けると、あの時の放銃が・・・とか、あのリーチをヤミテンにしてアガってれば・・・と何度も思い出すもの。
また来年に生かしてほしい。(なぜか上から)

100

楠原遊

100

水瀬夏海(協会)

100

早川林香

6回戦での通過はこの23名(順位順)

100

大里奈美

100

逢川恵夢(協会)

100

優月みか

100

命(協会)

100

高田麻衣子

100

西川舞

100

愛内よしえ(協会)

100

柚花ゆうり(協会)

100

石田亜沙己

100

稲岡ミカ

100

北野由実

100

山本えりか

100

吉田彩乃

100

トントン

100

片倉まち

100

青山めぐみ

100

池田幸枝(最高位戦)

100

佐月麻理子(協会)

100

古川彩乃

100

高橋侑希

100

南里はるみ

100

長内真実

100

内田美乃里

そういえば、不運な四暗刻を放銃した高田は、4回戦オーラスに箱下からの国士無双!
役満を放銃し、役満をアガって通過するという貴重な体験となった。

100
高田麻衣子

最後にこの選手も取り上げたい。
3回戦まで全部ラスの▲85ポイントと敗退濃厚なところから、7万点のトップ、7万点のトップ、2着、での通過!
諦めてしまっても仕方ないとは思うが、気持ちを切らさずに臨んだこその結果だろう。

100
佐月麻理子(協会)

二次予選は翌日に開催される。
タイトルホルダーや前年度ベスト16の選手がシードとなっている。
勝ちあがった選手はよいイメージが残っている中での対局となり、シード選手は大いに苦戦するのではなかろうか。
その模様も近日レポートを掲載したい。