文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

プロクイーン決定戦 レポート

一覧

第15期プロクイーン一次予選レポート 楠原 遊

2017/08/16
執筆:楠原 遊


100

今年もまた、暑い熱いこの季節がやってきた。
盛夏のど真ん中、活動地域や所属団体、リーグを超えた女性麻雀プロが集まり開催されるタイトル戦・プロクイーン。

第15期を迎える今期は、主催の日本プロ麻雀連盟をはじめとした、日本プロ麻雀協会・最高位戦日本プロ麻雀協会・麻将連合・RMU(参加人数順)の史上最多5団体に所属する女流プロが参加、会場の熱気も屋外に負けず劣らず上がってきている。

日本プロ麻雀連盟
和泉由希子 手塚紗掬 蒼井ゆりか
ジェン 中山奈々美 古谷知美
石田亜沙己 小笠原奈央 高宮まり
東城りお 菅原千瑛 波奈美里、等

日本プロ麻雀協会
蔵美里 愛内よしえ 水瀬夏海 黄河のん 柚花ゆうり、等

最高位戦日本プロ麻雀協会
佐藤かづみ 大澤ふみな 浅見真紀 元島明子、等

麻将連合
稲毛千佳子 草場とも子、等

RMU
白田みお、等

 

100

高宮まり

100

和泉由希子

100

東城りお

100

石田亜沙己

100

蒼井ゆりか

100

菅原千瑛

100

手塚紗掬

100

中山奈々美

100

小笠原奈央

100

ジェン

100

愛内よしえ

100

水瀬夏海

100

大澤ふみな

100

佐藤かづみ

100

稲毛千佳子

100

白田みお

 

敬称略

ルールは今期からWRCルールが採用された。
一発・裏ドラあり。30,000点持ちの30,000点返しで、順位点はトップから、+15.0、+5.0、▲5.0、▲15.0。
30符4ハンが切り上げ満貫となり、途中流局・食い替えはなし。

1次予選参加者は82名、最長半荘6回戦を戦う。
4回戦終了時に下位22名が敗退、5回戦終了時に上位4名が勝ち抜け・下位8名が敗退、そして6回戦を残った48名で行い上位24名が勝ち抜けとなる。
翌日の2次予選に駒を進めることが出来るのは合わせて28名。通過率34%の厳しい戦いとなる。
なお、1~6回戦までのポイントは持ち越しとなっている。

 

1次予選通過者

1位 藤井すみれ(日本プロ麻雀連盟)
100
④①①①①+105.2P

 

2位 稲岡ミカ(日本プロ麻雀連盟)
100
④①①①②+103.9P

 

3位 麻生ゆり(日本プロ麻雀協会)
100
③①②①①+93.2P

 

4位 西山あみ(日本プロ麻雀連盟)
100
①③①②①+87.6P

 

以上の4名が5回戦にて2次予選への切符を手にした。
そして続く6回戦を戦い、勝ち残りを決めた選手がこちら。(通過順)

高橋侑希(日本プロ麻雀連盟)
古谷知美(日本プロ麻雀連盟)
七瀬真実(日本プロ麻雀連盟)
赤司美奈子(日本プロ麻雀連盟)
川原舞子(日本プロ麻雀連盟)
中里春奈(最高位戦日本プロ麻雀協会)
黒崎有希(日本プロ麻雀協会)
寺西真美(最高位戦日本プロ麻雀協会)
可南(日本プロ麻雀協会)
早川林香(日本プロ麻雀連盟)
小島優(日本プロ麻雀連盟)
華村実代子(最高位戦日本プロ麻雀協会)
柚花ゆうり(日本プロ麻雀協会)
鳥越智恵子(最高位戦日本プロ麻雀協会)
森恵里佳(日本プロ麻雀連盟)
王政芳(日本プロ麻雀連盟)
りんのなお(日本プロ麻雀協会)
大澤ふみな(最高位戦日本プロ麻雀協会)
池沢麻奈美(日本プロ麻雀連盟)
大野彩乃(日本プロ麻雀連盟)
優月みか(日本プロ麻雀連盟)
天音まこと(日本プロ麻雀連盟)
相楽美佳(最高位戦日本プロ麻雀協会)
内田美乃里(日本プロ麻雀連盟)

以上28名が、シード選手の待つ2次予選トーナメントへ駒を進めた。ここからまだまだ長い戦いとなる。
全ての対局を終え、会場を後にすると外は予報外れの大雨となっていた。
この日勝った者たちだけがその雨をものともせず、明日の2次予選に向けて足早に帰路を急いで行った。