プロクイーン決定戦 レポート

一覧

第15期プロクイーンベスト8A卓レポート 

2017/09/28
執筆:編集部


現プロクイーン宮内こずえに挑戦できるのはこの最後の関門を通過できた2名のみ。

1回戦(起家から清水→高田→仲田→山脇)
開局からぶつかり合いの局となった。

 

100

 

清水が大物手テンパイ。
実は直前、場に3枚目の三万を打たれていたが、見向きもせず、自力でテンパイ。
四万は自分の目から4枚見えていたが清水はピンフの待ち取り。

 

100

 

すると高田も四暗刻1シャンテン。
そしてすぐにテンパイ。

 

100

 

清水のツモはアガリ逃しのドラの六万
高田にアガリ牌の七万は暗刻、高田の四暗刻南七索は山に1枚ずつ。
いきなり大物手が決まるかと思われたがこの局を制したのは…

 

100

 

山脇。リーチ一発ピンフイーペーコーは8,000のアガリ。放銃者は清水。
清水不調かと思われたが東2局は跳満のツモアガリ。

このまま大きな動きのないまま迎えたオーラス1本場。
親はトップ目の山脇39,100点。
2着目から高田28,700、清水29,200、仲田23,000。

東家 山脇

六索七索七索八索八索九索三筒四筒五筒八筒九筒九筒九筒  リーチ  ドラ七筒

ここに真っ向勝負は高田。

六万七万八万二筒二筒七筒七筒発発発  ポン六筒 上向き六筒 上向き六筒 上向き  ロン二筒

山脇からの直撃で高田の逆転トップとなった。

1回戦結果
高田+20.2P 山脇+7.6P 清水▲5.8P 仲田▲22.0P

 

2回戦(起家から高田→清水→山脇→仲田)
1回戦大人しかったのは、宮内に続く、女流桜花とのダブルクラウンを目指す仲田。
大きな点棒の動きのないまま、南場へ。

 

100

 

南3局このアガリが決まり手となり仲田がトップ、2回戦を終えて混戦模様へ。

2回戦結果
仲田+21.8P 清水+9.1P 高田▲3.8P 山脇▲27.1P
トータル
高田+16.4P 清水+3.3P 仲田▲0.2P 山脇▲19.5P

 

3回戦(起家から山脇→仲田→清水→高田)

 

100

 

ドラ2のテンパイ。
山脇の選択は六万切りのテンパイ取らず。まだ焦りはないように見える。

 

100

 

そしてドラを暗刻にしてリーチ。見事ツモりあげ4,000オールのスタート。
続く1本場

 

100

 

狙いを定めたカン八筒のツモアガリで4,100オール。
持ち点は55,000点を越えてトータルトップに。
誰が2番手に続くか。
高田にはなるべく2着を取られたくない、仲田、清水だが今日は高田の調子がいい。
東4局 東家 高田

七万八万三索四索五索二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒八筒  リーチ  ツモ六万  ドラ七万  裏北

大きな4,000オール。2着を確定させて、トータルトップに返り咲いた。

3回戦結果
山脇+29.4P 高田+11.6P 清水▲14.6P 仲田▲26.4P
トータル
高田+28.0P 山脇+9.9P 清水▲11.3P 仲田▲26.6P

 

最終戦(起家から山脇→仲田→高田→清水)
若手の両名がこのままだと決定戦へと進む。清水、仲田の両名に逆転はあるのか。
点棒が動いたのは1本場
東家山脇リーチ

三索四索六索七索八索一筒一筒六筒六筒七筒七筒八筒八筒  リーチ  ドラ八万

追いついた高田の手牌

二万三万四万六万七万八万九万一索二索三索五索五索五筒五筒

選択はテンパイ取らずの打五索
これが痛恨の放銃となってしまい高田がラスになり一気に混戦模様へ。
東2局
先手は西家清水。

一万二万三万四万四万七万八万一索二索三索五筒六筒七筒  リーチ  ドラ六万

高田はドラ単騎の七対子で粘るも撤退。
現物待ちで待っていた親仲田も無筋を切り、追いかけリーチ

一万二万三万六万七万八万四索五索七索八索九索九筒九筒  リーチ

しかし仲田のツモはドラの六万
清水へ3,900の放銃となった。

 

100

 

しかしこのままでは終わらないのが現女流桜花。
このリーチを一発でツモりあげて戦線に残った。

最終戦開始時
高田+28.0P 山脇+9.9P 清水▲11.3P 仲田▲26.6P
オーラス持ち点
高田9,700 山脇31,300 清水43,500 仲田35,500
高田▲7.3P 山脇+6.2P 清水+17.2P 仲田▲16.1P

高田、仲田ともに跳満が必要なオーラス。

 

100

 

高田に逆転リーチが入るも、ツモる力は残っていなかった。

最終戦結果
清水+27.5P 仲田+9.5P 山脇▲4.7P 高田▲33.3P
トータル
清水+16.2P 山脇+5.2P 高田▲5.3P 仲田▲17.1P

決定戦進出 1位通過 清水香織 2位通過 山脇千文美