プロクイーン決定戦 レポート

一覧

第15期プロクイーンベスト8B卓レポート 

2017/10/06
執筆:編集部


現プロクイーン宮内こずえに挑戦できるのはこの最後の関門を通過できた2名のみ。
1週前に行われたA卓では山脇、清水が決勝を決めている。

 

1回戦(起家から佐月→王→西嶋→魚谷)

前年度準優勝の西嶋ゆかり、現マスターズの佐月麻理子、意外にもプロクイーンは決勝経験すらない魚谷侑未。
実績の伴う3者に、この中では一番の先輩である王政芳。
誰が決定戦に進むか。

 

 

A卓同様東1局から四暗刻テンパイ。アガリにはならなかったが、B卓は西嶋のリーチから1人テンパイで流局。
そして続く東2局1本場

三万四万五万八万八万三索四索五索四筒五筒七筒八筒九筒  リーチ  ツモ三筒  ドラ一筒  裏三索

西嶋跳満のツモアガり。

高田同様、西嶋がリードしていく展開になるかと思われたが、ここから少しずつ点棒が減っていく。
そして終わってみれば、1回戦のトップは佐月。
積極的に仕掛けていきラス牌を引きアガリ。

三筒四筒五筒六筒七筒八筒八筒  加カン西西西西  加カン一筒 上向き一筒 上向き一筒 上向き一筒 上向き  ツモ五筒  ドラ一索七万一筒

ホンイツドラ4の跳満。

 

 

1回戦結果
佐月+30.1P 魚谷+17.6P 西嶋▲8.2P 王▲39.5P(▲30P)ペナルティ

 

2回戦(起家から魚谷→西嶋→佐月→王)
遅刻ペナルティのついた王は厳しいラススタート。ここで4着になってしまうと決定戦への道は険しくなる。

 

 

2回戦は小場で進み、東4局時ではトップ目であったが終わってみれば競り負け。

2回戦結果
西嶋+28.5P 魚谷+10.9P 王▲5.8P 佐月▲29.7P
トータル
魚谷+28.5P 西嶋+15.4P 佐月+0.4P 王▲45.3P(▲30P)

 

3回戦(起家から西嶋→魚谷→佐月→王)

上位3名のうち誰が抜け出すか。この3回戦はわずか45分で終わった。
魚谷が仕掛けていき局を捌いて行くなか、先制パンチを決めたのは佐月。

 

 

リーチツモ三暗刻。

そしてこの表情。一歩抜け出し南入へ。

 

 

しかしこの人が黙っていない。
わずか3巡目に3面張リーチ。そして5巡目に跳満ツモ決着。

 

 

三万四万五万七万七万一索二索三索三筒四筒五筒六筒七筒  リーチ  ツモ五筒  ドラ七筒  裏五筒

魚谷は3回戦を終えて大きく抜け出し、決定戦進出に当確ランプ。

 

 

3回戦結果
魚谷+33.1P 佐月+3.5P 西嶋▲10.1P 王▲26.1P
トータル
魚谷+61.6P 西嶋+5.3P 佐月+3.5P 王▲71.4P(▲30P)

 

最終戦(起家から王→佐月→西嶋→魚谷)
魚谷は2人に逆転される可能性はかなり低いので(持ち点0点で佐月、西嶋ともに4万点以上でもまだ足りない)
ほぼ確定。競っている2者は完全着順勝負。そしてこの勝負はオーラスまでもつれ続けた。
オーラスは魚谷が親ということもあり1局勝負。
西家佐月33,100点 北家西嶋33,800点。

南4局東家魚谷 ドラ五筒

佐月配牌
三万四万七万九万一索一索五索六索七索九索五筒八筒白  ツモ八索  打八筒

西嶋配牌
六万六万七万三索三索三索六索八索一筒四筒九筒西北  ツモ北  打一筒

配牌は佐月、しかし西嶋は佐月の下家という利点がある。そして第一ツモが自風の北
鳴けるかどうかがポイントに。

魚谷、王の捨て牌に中張牌がずらりと並んだ5巡目西嶋は北を諦めタンヤオ移行。
そして6巡目早くもテンパイ。

七万七万三索三索三索六索八索二筒三筒四筒  ポン六万 上向き六万 上向き六万 上向き

待ちの七索はこの時山に2枚。
遅れること3巡後佐月テンパイ。

二万三万四万七万九万一索一索五索六索七索七索八索九索  リーチ

これで2人の点差は1,700点差。西嶋はノーテンに出来ない。
佐月の八万はこの時3枚。
まず西嶋の七索が魚谷に流れ、八万が王に流れた。そして王の手牌が詰まる。

 

 

四筒が一番通りやすいが、八万が重なり六万がポンされていて一瞬八万に手が掛かるが、

 

 

ここは四筒切りとした。
このあと西嶋は四索を持ってきて打八索、待ちはカン五索に変化。
しかし五索は魚谷に流れアガリ牌は純カラに。
そして王にさらに試練。

 

 

ソーズが打てないとするならば六万ポン、そして九万3枚見えの八万か、トイツの南になりそうなところ。
八万なら佐月への放銃。王今日一番の長考が入る。そして南を河に置いた。流局。

 

 

最終戦結果
西嶋+20.3P 佐月+8.6P 王▲8.3P 魚谷▲21.6P
トータル
魚谷+40.0P 西嶋+25.6P 佐月+12.1P 王▲119.7P

1位通過 魚谷侑未
2位通過 西嶋ゆかり