プロクイーン決定戦 レポート

一覧

第16期プロクイーンベスト16B卓レポート 

2018/09/21
執筆:編集部


 

100

 

 

1回戦(起家から山脇、北野、根本、浅見)

起家の山脇の役なしドラなしリーチに追いかけた浅見の放銃からスタート。

 

100

 

山脇千文美らしいシンプルな立ち上がり。昨年3位によりベスト16からのシード。
次局早速の大物手。
北野の三役ホンイツトイトイの12,000。
14期プロクイーン以来のベスト16に残った北野由実。

 

100

 

放銃は永世女流最高位の根本佳織。

 

100

 

北野親番で加点し大きなトップ目に。その後もまっすぐ戦い抜き得点を重ねたのだが。

 

100

 

オーラスを迎えた親番は浅見真紀。

 

100

 

0本場チンイツ12,000。

 

100

 

1本場リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ドラ2で6,100オール。

 

100

 

流局の後、3本場七対子・ツモ・ドラ2で4,300オール。

 

100

 

そして、さらにアガリを重ねて8万点。ベスト8への椅子は一つ埋まってしまった。

 

100

 

1回戦終了時
浅見+64.1P 北野▲1.4P 根本▲21.4P 山脇▲42.3P

 

2回戦(起家から山脇、北野、根本、浅見)
後のない山脇、東1局8,000スタート。
その後、決まり手が出ないまま局がじりじりと進んでいく。
ポイントを持っている浅見が局をうまく消化していき、大きな失点もないまま2回戦は山脇の逃げ切り勝ち。これで浅見以外の3者のポイント差はなくなった。

2回戦結果
山脇+28.6P 根本・浅見▲2.6P(同着) 北野▲23.4P

2回戦終了時
浅見+61.5P 山脇▲13.7P 根本▲24.0P 北野▲24.8P

 

3回戦(起家から北野、浅見、山脇、根本)
先制は根本がリーチ・ピンフ・ドラ1を山脇から。

 

100

 

しかしすぐさま山脇が7,700を根本からアガり返す。
すると次は北野が大物手。

 

100

 

放銃はまたしても根本。根本はリーチ後に2連続放銃。
そして、山脇と北野の着順勝負。決着はタンヤオのポンテンを取らずにこのアガリ。

 

100

 

3回戦結果
北野+28.0P 山脇+9.2P 浅見▲4.7P 根本▲32.5P

3回戦終了時
浅見+56.8P 北野+3.2P 山脇▲4.5P 根本▲56.5P

 

最終戦(起家から山脇、根本、北野、浅見)
浅見は確定。北野、山脇の差が7.7ポイントのため完全着順勝負となった。
根本は北野まで約60ポイントあるため、並び関係なく6万点にはしておきたい。

東1局1本場、北野のこれまで積み重ねてきた麻雀が決まる。

 

100

 

ライバルの山脇の親番、三色が確定する三筒だけは鳴かれる方も多いのではないか。
解説の現プロクイーンの西嶋ゆかりもこれだけは鳴きます。と言っていた瞬間、六筒を暗刻にしてリーチを掛けている北野がいた。
すると、

 

100

 

六筒を暗槓した嶺上に最後の三筒が眠っていた。
リーチ・ツモ・三色・嶺上開花・ドラ1・裏ドラ2 4,000・8,000のアガリ。
ライバルの山脇に親かぶりをさせる見事な決まり手となった。
そして山脇に最後のチャンス。

 

100

 

オーラスは浅見が親番のため、残り2局で北野を捲くらなければならない。
差は27,900点。跳満をツモアガれば、オーラスは満貫ツモ条件。倍満をツモれば3,500点差。
わずか4巡目にこのリーチ。打点があるのは間違いないだけに北野は驚いただろう。
しかし結果は根本からの出アガリで山脇はアガることを選択した。
オーラス倍満条件が入ることはなかった。

最終戦結果
北野+36.7P 山脇+11.1P 浅見▲15.5P 根本▲32.3P

最終戦終了時
浅見+41.3P 北野+39.9P 山脇+6.6P 根本▲88.8P

勝ち上がり
1位通過 浅見真紀(最高位戦日本プロ麻雀協会)
2位通過 北野由美(日本プロ麻雀連盟)