中部プロリーグ レポート

一覧

第20期中部プロリーグ Bリーグ 第4節レポート

2012/11/27
執筆:朝岡祐


混戦のまま後半戦を迎えた今期Bリーグ。
第4節は各卓で大きな動きがあり、最終節を前に順位が激しく入れ替わる波乱の展開を迎えた結果となった。

1卓 朝岡・葛山・佐藤・中西
後半戦を迎えるに当たって逆転昇級を決める為に、いかにトータルトップに立つ佐藤を自由にさせないかというテーマを持って臨んだ。
しかし、結果は大きな失点を喫してしまう結果となった。
私が敗着と感じたのは、3回戦。それまで奮わなかった私に以下の1シャンテンの手が入る。

四万四万五万白白中中  ポン八索八索八索  ポン発発発  ドラ九筒

三元牌は配牌時4枚だったのだが、大物手が見える1シャンテンまで漕ぎ着け、手応えを感じていた中盤、中西から白を宣言牌にリーチの発声が。
この白を仕掛け打五万とし、待望の大三元テンパイを取ることが出来たのだが、中は生牌ということで、中西と持ち持ちの可能性が高いと思いつつも当然勝負に。
しかし、程無くして中西の当たり牌の九筒を掴み、あっさり終戦。
この時、中西の手には中は無く、少々無謀なリーチにも思えたのだが、中西の手には役が無く、リーチ宣言しなければアガリが成就しなかったのも事実。
麻雀は一筋縄には行かないと痛感した瞬間であった。
一方、首位を走る佐藤は、何とか浮きを確保し首位と僅差の3位につける。

2卓 杉村・菅野・清水・土岐
ここでは、降級候補であった清水が健闘し、卓内トップ。僅かながら降級ラインからの脱出に成功した。
暫定3位だった菅野は、スコアをやや落とし暫定6位に後退したが、爆発力に定評がある菅野だけに、まだまだ諦めていない事だろう。

3卓 牛尾・小坂・樋口・大滝
前節にマイナスを喫し、7位に順位を落としていた大滝が後半に大奮闘し、+70P超えの大勝利。
順位を一気に上げ、トータルトップに躍り出た。前回の反省を活かしてしっかりと修正してくる、彼の姿勢を私も見習いたいと思う。
暫定2位の樋口は、その煽りを受けスコアを落とす形となったが、まだまだ昇級を狙える位置。最終節どのような戦術で立ち向かうのか、注目したいと思う。

4卓 太田・木村・長谷川・大西
残留に向けてこれ以上スコアを落とせない大西と、暫定4位、5位、6位の上位陣との闘いになったが、
軍配は太田、木村に上がり、大西は暫定2位、木村も暫定4位につけた。
太田はここまでオールプラス、木村も2節以降オールプラスと、共に好調さが伺える。
この勢いのまま最終節も勝ち続ける事ができるのか、楽しみな所である。

泣いても笑っても残すはあと1節だけとなった今期Bリーグ。
混戦模様の降級争い。そして2つの昇格の椅子を巡り、+90P台の3人を筆頭に熾烈な闘いが繰り広げられる事が予想される最終節。
どちらも最後の最後まで、目が離せない。

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 大滝 聡 47.4 8.1 ▲ 29.9 70.9 96.5
2 太田 充 7.7 24.2 2.2 61.3 95.4
3 佐藤 あいり 74.3 ▲ 26.2 34.6 8.8 91.5
4 木村 東平 ▲ 32.9 9.3 50.3 39.0 65.7
5 樋口 新 26.2 52.2 ▲ 2.5 ▲ 29.1 46.8
6 菅野 直 25.2 36.5 ▲ 6.9 ▲ 23.7 31.1
7 中西 栄二 ▲ 53.1 35.7 ▲ 10.6 32.7 4.7
8 土岐 雄太 ▲ 32.1 42.0 ▲ 16.2 5.1 ▲ 1.2
9 小坂 美樹 ▲ 34.2 6.6 15.6 ▲ 0.4 ▲ 12.4
10 長谷川 弘 66.5 ▲ 9.9 ▲ 14.6 ▲ 73.3 ▲ 31.3
11 牛尾 信之 ▲ 38.6 ▲ 25.1 71.5 ▲ 41.4 ▲ 33.6
12 葛山 英樹 ▲ 1.8 ▲ 14.0 ▲ 39.9 15.2 ▲ 40.5
13 清水 哲也 4.8 ▲ 66.5 ▲ 19.4 36.1 ▲ 45.0
14 朝岡 祐 ▲ 19.3 7.3 15.2 ▲ 56.7 ▲ 53.5
15 杉村 泰治 ▲ 35.9 15.8 ▲ 37.2 ▲ 17.5 ▲ 74.8
16 大西 義則 ▲ 4.2

▲ 96.0

▲ 12.2 ▲ 27.0 ▲ 139.4