広島リーグ レポート

一覧

第5期広島リーグ最終節レポート

2014/10/02
執筆:木村 尚二


第5節終了時点で

1位 清水+198.2P
2位 松木+188.6P 

清水と松木の差が9.6Pで、現状3位の川崎が+13.2Pと、実質、2人の一騎打ちとなった。
卓組は、清水、松木、川崎、木村。

最終節 (第6節)

1回戦 
清水20.4P 松木▲18.7P 木村▲14.4P 川崎12.7P

2回戦 
清水6.0P 松木18.2P 木村▲5.6P 川崎▲18.6P

3回戦

松木がトップ目、清水は南2局時点で27,000点の3位。
親の木村が七対子のリーチに対して、すかさず上家の清水が追っかけリーチ。
まもなく、木村が六索で放銃となった。

清水の手

五万六万七万四索五索五索六索七索八索八索五筒六筒七筒

ドラは五索で、跳満をものにして、一気にトップに。
その後も、南3局、南4局ともアガリ、松木の追随を抑えて強さを見せ付けた。

3回戦
清水+23.2P  松木+14.8P  木村▲13.5P  川崎▲24.5P

3回戦終了時点で、トータルの差は44.9P。

4回戦

南3局、松木の親番、松木トップ目で2位・清水でプラス。
松木は、何が何でも連荘し清水を叩き落としたいところで、

木村の手

四索四索四索五索一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒

3面待ちリーチ。
終盤、川崎が三索を放銃、その時点で、清水の優勝がほぼ確実となった。

南4局、川崎は三万でツモの発声。

一万一万一万二万四万六万七万八万九万九万発発発  ツモ三万

この2,000・4,000で終局。

4回戦
松木+17.3P  木村+7.4P  清水▲4.1P  川崎▲20.6P

トータルは清水が+243.7Pで、松木が+220.2Pと、清水が序盤の不振を巻き返し強さを見せつけ優勝した。
また、松木もトータルでは安定した強さを強さを見せた。
今後の活躍に期待したい。

順位 プロ/一般 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 合計
1 プロ 清水 真志郎 ▲ 28.1 ▲ 3.2 104.1 58 67.4 45.5 243.7
2 プロ 松木 宏之 32.4 22.4 76.3 54.2 3.3 31.6 220.2
3 一般 川崎 麻里 6.7 25.5 48.8 ▲ 15.1 ▲ 52.7 ▲ 51.0 ▲ 37.8
4 プロ 木村 尚二 23.9 ▲ 5.9 ▲ 35.3 ▲ 15.5 ▲ 11.4 ▲ 26.1 ▲ 70.3
5 一般 岩口 昌弘 ▲ 3.4 ▲ 9.9 10.1 ▲ 31.2 ▲ 37.0 ▲ 10.2 ▲ 81.6
6 一般 寺戸 彬 ▲ 16.0 28 50.6 ▲ 30.7 ▲ 60.0 ▲ 60.0 ▲ 88.1
7 一般 根石 宣昌 ▲ 31.3 8 ▲ 46.7 ▲ 29.0 ▲ 20.7 5.2 ▲ 114.5
8 一般 永見 岳明 54.2 ▲ 50.3 ▲ 60.0 ▲ 11.7 ▲ 76.0 ▲ 51.7 ▲ 195.5