北陸リーグ レポート

一覧

第12期北陸リーグ 第1節レポート

2015/04/07
執筆:荒谷 誠


お初の方は初めまして。ご存知の方は改めて失礼致します。
第12期北陸リーグのレポートを担当させて戴きます22期生の荒谷と申します。
拙い文章ですが半年間のお付き合い、どうか宜しくお願い致します。

3月15日、場所によってはまだ降雪の可能性もある北陸ではあるが、この日の北陸リーグは静岡支部、中部本部からのゲストプロ3名の来訪により、かつて無い程の熱気に包まれた。

中部からは「鬼軍曹」こと葛山英樹プロ。中部本部の古豪であり運営や指導を担う中部の顔の1人である。
私も中部に在籍していた折には幾度と無く対局し、その都度麻雀の厳しさを教えられてきた尊敬すべき先輩でもある。

同じく佐藤あいりプロ。女流でありながら強豪ひしめく中部Aリーグで鎬を削り、またロン2やメディアでの活躍も多い、人気と実力を兼ね備えたプロである。

そしてメインゲスト。日本プロ麻雀連盟静岡支部長にして現役A1リーガー、第23期鳳凰位である望月雅継プロが北陸リーグ第1節にゲストとして参戦してくれた。
勿論北陸リーグにも浦田や後藤といったタイトルホルダーも参加しているのだが、鳳凰の肩書は競技麻雀打ちにとって特別な畏敬の対象であり、アマチュアの方々にも注目の的である。
第12期の北陸リーグは、ビッグネームのゲスト参戦により過去最高の参加者32名(ゲスト含む)に加え、一般見学者まで訪れての大所帯での開幕戦となった。

今節は従来のリーグ戦と異なり、少しでも多くの方が望月を始めとするゲストプロと対局できるよう、半荘ごとに対局者を入れ替える形式にて4回戦を実施することとなった。
通常のリーグ戦とは異なり、毎回メンバーの変わる慌ただしい対局の中でもゲストプロの面々はそれぞれが高い実力を発揮し、1dayの短期戦にもかかわらず3人が揃って十傑に入る貫禄を見せてくれた。

圧巻は2回戦の葛山。国士無双を6巡目テンパイからの電光石火のツモアガリ。
魅せるべき時に魅せる、プロの技の醍醐味を北陸の地でしっかりと披露していた。

私は戦う機会を与えられなかったが、勝った者・敗れた者、北陸のプロアマ問わず皆にとって良い経験になったのではないだろうか。
主観ではあるが、こういった交流を今後とも推進することで、他の地方との連携、ひいては北陸の麻雀に対する普及/底上げにつながるだろう。
是非これを一過性のものとせず、今後も実施していければと思う。

北陸リーグの順位に目を向けてみると、前期デビューながらその打ち筋を高く評価されている若武者、栗野さんが80P超を叩いて首位に付けた。
栗野さんは前期4節も全てプラスで終えており、安定感と攻撃力を備えた卓抜した技術は、準決勝の椅子を1つ決めてしまった感もある。

2位の久々湊(くぐみなと)さんは今期が北陸リーグのデビュー戦。アマチュアのレベルの高い北陸リーグでスタートダッシュを決めたことで、次戦以降のマークの中でどう戦うかが注目である。

また、両名に走られたとはいえ、海千山千の北陸リーグの面々も大崩れしたものは少なく、大半が失点を最小限に抑え次節以降に繋げている。中団より脚を貯めて機を伺う、といったところだろうか。

今節は北陸のプロ達も快調な立ち上がりを見せた者が多い。
濱平、安城は前期が振るわなかっただけに期する思いも強いだろう。
1回のみのトップでもポイントを稼ぎ、しっかりと伸ばした濱平、安城、本田。トップを取れず苦しみながらも失点を抑え、スコアをまとめた木戸、後藤。それぞれの次節の立ち回りが楽しみである。

私はというと、北陸に移籍後初の4連勝としながらも+56Pというスコアは、打撃を本分とする私からすれば展開の利以外の何者でもない。
強引な攻めも実を結ばず、逆に言えば咎められる事も少なく、全て3万点半ばでのトップを拾う結果となった。

上記のスコアを良しとすべきか、不甲斐ないとすべきかは当人をして結論は出ていないが、おそらく今期を終えた時に1つの分水嶺だったと振り返ることだろう。

今期の北陸リーグは参加者が増えて、必然準決勝の枠は相対的に狭くなった。
全4節の短期戦は、状態次第では一気に突き抜けることも、またその逆も往々に起こりうる。
優勝を狙う当事者として、また全体を俯瞰する観戦者として、今期も北陸リーグを楽しみながら戦い抜きたいと思う。

順位 名前 プロ/一般 1節 2節 3節 4節 合計
1 栗野 健翔 一般 84.0 84.0
2 久々湊 康雄 一般 61.0 61.0
3 荒谷 誠 プロ 56.0 56.0
4 濱平 光朗 プロ 54.2 54.2
5 安城 るい プロ 40.8 40.8
6 本田 朋広 プロ 36.2 36.2
7 葛山 英樹 プロ 32.8 32.8
8 佐藤 あいり プロ 32.2 32.2
9 西村 孝之 一般 28.2 28.2
10 望月 雅継 プロ 16.4 16.4
11 押川 憲一 一般 15.9 15.9
12 光岡 大幸 一般 10.6 10.6
13 浦田 豊人 プロ 5.6 5.6
14 平澤 憲一 一般 4.8 4.8
15 高出 智宏 一般 3.5 3.5
16 飯田 輝雄 一般 2.6 2.6
17 西田 有佑 一般 ▲ 1.6 ▲ 1.6
18 北川 光 一般 ▲ 2.6 ▲ 2.6
19 木戸 僚之 プロ ▲ 2.6 ▲ 2.6
20 志多木 健 一般 ▲ 10.4 ▲ 10.4
21 久保 智央 一般 ▲ 10.8 ▲ 10.8
22 窪田 一彦 一般 ▲ 12.0 ▲ 12.0
23 小泉 陽平 一般 ▲ 13.3 ▲ 13.3
24 山川 眞一郎 一般 ▲ 15.6 ▲ 15.6
25 後藤 正博 プロ ▲ 20.4 ▲ 20.4
26 浦野 裕稀 一般 ▲ 22.0 ▲ 22.0
27 中島 亮 一般 ▲ 26.2 ▲ 26.2
28 森田 有一 一般 ▲ 34.1 ▲ 34.1
29 木下 玄基 一般 ▲ 52.4 ▲ 52.4
30 村上 拓也 プロ ▲ 62.8 ▲ 62.8
31 中西 正行 一般 ▲ 82.9 ▲ 82.9
32 恵比須 均 一般 ▲ 118.1 ▲ 118.1