北陸リーグ レポート

一覧

第7期 北陸リーグ 第2節レポート

2012/11/08
執筆:木戸 僚之


今回の北陸リーグ第2節は、前回のレポートにも書いたように、なんと初の試みであるゲストプロを招いての対局となりました。
ゲストプロとして参加されたのは、第21期、22期最強位である板川和俊プロ。
そして、麻雀格闘倶楽部などで活躍中の、中川由佳梨プロ。ロン2など参戦している中山千鶴プロなどの3名に、
北陸支部長である浦田豊人プロが参戦しました。

今回はゲストプロ全員と対局できるようにするために、毎回対局者が入れ代る総当り戦となりました。

1、 2回戦が終わり1位・中川プロ37.6P。
2位・板川プロ32.6P。そして3位・小泉さん23.8Pとかなりの高成績で前半戦が終了致しました。
私は1、2回戦とアガリもなく辛い展開だったのですが、3回戦南4局、北家35,200持ちトップ6巡目、

四万四万五万六万七万八万八万八万五筒一索一索一索五索 ツモ五万 ドラ四万

ここで選択です。この時に同卓していた浦田プロの捨牌がピンズ模様で、全体的にピンズが高かったため打五筒
更にツモ九万になり三万-六万テンパイでリーチ。ラス親の濱平プロから三万が出て5,200のアガリとなりました。

四万四万五万五万六万七万八万八万八万九万一索一索一索 リーチ ロン三万

そして、このアガリで何とかトップを守ることが出来ました。
3回戦終了時点で、1位・小泉さん55.8P、2位・板川プロ55.3P、3位・中川プロ54.8P、4位・本田プロ26.2と、
上位3名が僅差でのトップ争いになりました。

最終戦4回戦で、1位・小泉さんと3位・板川プロの卓では、板川プロがオーラストップの条件を満たすリーチを打つも、
結果は横移動で終わり、この卓では2位・小泉さん+5.2P。3位・板川プロ▲7.0Pで終了となりました。

そして、優勝争いをしていた別卓の中川由佳梨プロは、南場で小場の展開から2,000・4,000を引きアガリトップ目に。
しかしオーラスの親で、3,000・6,000をツモられ2着で終了となりました。

その上位陣の過酷な優勝争いの中で、中山千鶴プロの卓ではなんと役満が出現していました!
後藤プロが、中山千鶴プロから国士無双をアガリ、上位陣との差を詰めていました。
放銃した中山プロも、序盤でリーチをして上位に食い込もうとした中での災難となりました・・・。

最終戦のポイントを見てみると、
1位・中川由佳梨プロ+69.6P
2位・小泉さん+61.0P
3位・板川プロ+48.3P
これで終了。

優勝はゲストプロの中川由佳梨プロでした!
本当におめでとうございます!

3位の板川プロも好成績で、さすがの一言に尽きます。
板川プロの卓では真剣勝負を、中川由佳梨プロ・中山千鶴プロの卓では、真剣ながらアットホームな楽しい雰囲気で良い雰囲気だったのではないかと思います。

今回、初の試みのゲストプロだったのですが、内容や結果もさることながら、北陸リーグ参加者全員に楽しんで貰えましたし、良い刺激になりました。
成績をみてみると、上位陣がポイントを伸ばした結果となりました。
残り3節、僕も良い位置に行けるように頑張ります。

順位 名前 プロ/ アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 小泉 陽平 アマ 5.9 61 66.9
2 越井 信也 アマ 30 27.4 57.4
3 森田 有一 アマ 24.2 12 36.2
4 松原 健志 プロ 0.8 24 24.8
5 光岡 大幸 アマ 37.7 ▲ 18.3 19.4
6 高村 和人 アマ 0 15.4 15.4
7 後藤 正博 プロ ▲ 22.5 26.5 4
8 木戸 僚之 プロ ▲ 27.0 29.5 2.5
9 森田 繁基 アマ 22.9 ▲ 26.3 ▲ 3.4
10 本田 朋広 プロ ▲ 39.1 29.8 ▲ 9.3
11 濱平 光朗 プロ 24.5 ▲ 34.7 ▲ 10.2
12 窪田 一彦 アマ ▲ 4.7 ▲ 13.3 ▲ 18.0
13 北川 光 アマ 15.4 ▲ 55.6 ▲ 40.2
14 谷口 真吾 アマ ▲ 69.1 ▲ 35.2 ▲ 104.3