文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

北陸リーグ レポート

一覧

第21期北陸プロアマ混合リーグ最終節レポート

2020/02/19
執筆:梅本 翔


1月19日、文化サークル富山蜷川店で北陸プロアマリーグ最終節が行われた。
今節を経てポイントが上位4名だった者が、2月2日に行われる決勝戦へと進出となる。
すでにご存じの方もいると思うが決勝進出者は以下の4名だ。

1位 里木  +227.5P
2位 原さん +154.5P
3位 木戸  +102.7P
4位 荒谷  +97.1P

まずは1位通過の里木が印象に残ったと述べるのは以下の1局。

1回戦 東3局 
東家 宮川さん 28,000
南家 光岡さん 31,000
西家 里木   31,500
北家 荒谷   29,500

8巡目で以下の牌姿を迎える。

五索五索五索二筒二筒七筒七筒西北白白発発  ドラ七筒

ドラドラ七対子の1シャンテンである。
同巡に河に打たれた白をポンした後、2巡後には二筒を自力で暗刻にし、以下の牌姿。

五索五索五索二筒二筒二筒七筒七筒発発  ポン白白白

ミニマム跳満、マックス倍満まである勝負手をテンパイ!
次巡にあっさりとドラの七筒をツモり、4,000・8,000のアガリ!
いかにも今の里木の勢いを感じさせるようなアガリだ。

・対局後のコメント
倍満ツモでアドバンテージをとれたのでとても戦いやすくなった。首位通過が目標でマイナス5、60ポイント負けると危ないと思っていたので序盤のリードはかなり大きかった。

・決勝への意気込み
首位通過アドバンテージがあるのでそれを最大限活かした戦い方をして優勝したい。

・気になる選手
荒谷、木戸は何度も対戦してきたが、初出場の原さんに関しては一切情報がないので、やりにくいと思う。

大きく崩すことなく決勝進出を決めた里木。決勝でもこの勢いを維持したままどう戦っていくのか気になるところだ。

次は唯一アマチュアでの決勝進出の原さん。
彼の記憶に強く残っているのは以下の1局。

2回戦 南2局 親番 

8巡目に以下の牌姿の1シャンテン。

一万一万二万二万四万五万五万六万八万九万九万白白  ドラ白

なんとドラドラ確定のメンホン七対子の1シャンテンだ。

11巡目に八万をツモり、小考。
この時点では四万六万も場には出ておらずどちらが良いのかは選べない。
後に打六万とし、四万単騎メンホン七対子テンパイ!
13巡目に中を持ってきての待ち替え後、すぐに久保さんから打たれた中を仕留め、18,000!決勝に大きく近付くアガリである。

・決勝への意気込み
初めての決勝なので貴重な機会を楽しみたいと思います!

・気になる選手
もちろん全員です!

唯一アマチュアで決勝に残った原さん。初のリーグ戦で決勝進出というものだから驚きである。決勝進出決定後に本人と話したが、とても楽しみだと目を輝かせていた。
持ち味の重厚な麻雀を決勝でも披露してもらいたい。

次は3位通過の木戸の会心の1局。
4回戦 南2局 1本場 供託千点 南家 26,800持ち
今日ここまでのポイントが+5.0Pで、なんとかして浮かなければいけない最終戦の7巡目で以下の牌姿。

二万三万四索五索六索七索北北  チー八索 左向き七索 上向き九索 上向き  チー二索 左向き一索 上向き三索 上向き  ドラ六万

ここから巡目も早いのと、一万四万が3枚切れという事もあり、テンパイとらずのホンイツへ移行。
次巡に北をポンし、2巡後に七索を出アガリすることに成功。
3,900は4,200+1,000で大きな原点復帰!
その後南3局の親番でリーチを受けるも7,700の横移動。
オーラスでは700・1,300をツモられるも、先ほどのアガリがあったためなんとかプラスで決着。

・対局後のコメント
南2局のアガリが本当に大きかったです。このアガリがなければ、3位どころか予選敗退をしていた可能性もあるので、落ち着いて判断できたかなと思います。

・決勝への意気込み
北陸プロリーグは敗退してしまいましたが、プロアマリーグでは何とか決勝に進出することができました。先に行われる予定の北陸プロリーグに負けないような戦い方が出来たらと思います。

・気になる選手
唯一対戦経験のない原さん。

北陸プロリーグでは惜しくも決勝進出を逃した木戸。その代わりにプロアマリーグではしっかりと決勝進出を手にした。決勝では多少のアドバンテージはあるが、それを覆すような闘牌を見せてくれるだろう。

最後に4位通過のベテラン荒谷。
彼の会心の1局はこれだ。
4回戦 南1局 1本場 

二筒三筒三筒四筒五筒五筒五筒五筒南南発発発  ドラ二筒

打撃系らしいメンホン、発、ドラ1の勝負手のテンパイ!
実はこの局、親番の宮川さん以外全員がピンズの染め手模様。
しかし荒谷、この一筒を力強くツモりあげ3,000・6,000!このアガリからボーダーを意識することに成功。さらに直後の局ではドラ単騎のリーチをかけツモるなど、完全に仕上がった様子。
1、2回戦で連続ラスを引くも3、4回戦をトップでまとめての予選通過。
実に荒谷らしい麻雀である。

・対局後のコメント

今節は決勝が狙えるとはいえ、30P以上は叩かないといけない勝負駆けでした。
初戦、2戦と勝負手が悉く競り負けてラス、ラスと続きボーダーを争う直対者(宮川さん)との差も絶望的に広がり、さすがに心が折れかけましたが、こんな私を応援してくれている僅かばかりの方々の顔が勝負中に頭をよぎりました。
背中を押してくれている方々のために、最後まで諦めずに戦い抜こうと決意を固めました。
その甲斐あって勝負手が立て続けに実り、3、4戦目トップにての通過でした。

・決勝への意気込み

決勝では挑戦者の意識を忘れず、恐れず驕らず、打撃の雀風で頑張ります。

・気になる選手

全員。

ついに念願の決勝進出を果たした荒谷。
いつも梅本は荒谷と一緒に会場へ行くのだが、帰りの車内で話す荒谷は本当に嬉しそうだった。決勝でも自慢の打撃系麻雀を見せてくれるだろうか。楽しみだ。

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。

プロアマリーグ決勝戦は2月2日富山文化サークル蜷川店で行われました。
結果はレポートにてご期待ください。

順位 名前 プロ/一般 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 里木 祐介 プロ ▲ 13.1 23.4 60.3 141.8 15.1 227.5
2 原 修平 一般 ▲ 27.0 64.1 21.0 34.8 61.6 154.5
3 木戸 僚之 プロ 7.3 54.8 ▲ 18.2 49.5 9.3 102.7
4 荒谷 誠 プロ 42.8 ▲ 32.0 11.8 40.0 34.5 97.1
5 窪田 一彦 一般 ▲ 35.5 23.2 44.0 98.1 ▲ 40.6 89.2
6 宮川 悟 一般 13.3 44.1 37.0 ▲ 15.0 7.9 87.3
7 鍛治 愛美 一般 26.1 50.7 ▲ 52.2 51.0 7.7 83.3
8 久保 智央 一般 1.9 3.2 75.0 ▲ 30.1 24.8 74.8
9 安城 るい プロ 16.3 13.1 3.6 ▲ 45.9 68.1 55.2
10 平澤 憲一 一般 16.2 70.0 ▲ 49.2 ▲ 8.2 3.1 31.9
11 前田 倫也 プロ 1.0 18.0 ▲ 40.2 13.6 23.6 16.0
12 獅坂 祐一 プロ ▲ 8.4 9.1 24.2 ▲ 27.9 11.5 8.5
13 山元 一成 一般 53.9 ▲ 58.5 10.1 48.0 ▲ 45.8 7.7
14 梅本 翔 プロ 19.9 ▲ 24.0 31.4 ▲ 63.0 35.8 0.1
15 岡田 雅文 一般 ▲ 29.9 22.8 ▲ 1.9 19.1 ▲ 12.2 ▲ 2.1
16 吉田 健彦 一般 15.7 ▲ 4.0 ▲ 9.5 ▲ 19.9 12.1 ▲ 5.6
17 光岡 大幸 一般 41.3 ▲ 4.3 ▲ 11.7 21.3 ▲ 58.5 ▲ 11.9
18 阿戸 翔太郎 プロ ▲ 3.1 12.5 ▲ 27.8 3.0 ▲ 1.2 ▲ 16.6
19 藤本 鉄也 プロ 37.5 ▲ 16.3 ▲ 56.0 0.9 13.7 ▲ 20.2
20 浦田 豊人 プロ ▲ 23.5 ▲ 5.8 37.1 ▲ 37.3 6.7 ▲ 22.8
21 西田 大志 一般 ▲ 17.5 ▲ 0.1 28.4 0.0 ▲ 39.2 ▲ 28.4
22 成田 理良 プロ 2.8 59.5 ▲ 31.8 ▲ 56.9 ▲ 4.8 ▲ 31.2
23 本田 朋広 プロ 6.2 32.8 ▲ 8.3 ▲ 45.0 ▲ 23.9 ▲ 38.2
24 森田 有一 一般 ▲ 7.0 ▲ 7.9 ▲ 12.9 10.9 ▲ 43.0 ▲ 59.9
25 小泉 陽平 一般 ▲ 30.1 ▲ 43.9 ▲ 2.0 ▲ 5.0 17.5 ▲ 63.5
26 瀧根 克登志 一般 25.2 ▲ 101.0 ▲ 17.5 59.1 ▲ 32.5 ▲ 66.7
27 志多木 健 プロ ▲ 44.7 ▲ 35.8 16.9 19.4 ▲ 28.8 ▲ 73.0
28 小林 和樹 一般 ▲ 22.6 11.9 ▲ 34.0 ▲ 80.7 21.8 ▲ 103.6
29 藤田 竜弥 一般 ▲ 33.5 ▲ 89.8 15.8 ▲ 27.9 30.7 ▲ 104.7
30 南 和之 プロ 8.4 ▲ 39.7 ▲ 12.1 ▲ 64.6 ▲ 24.5 ▲ 132.5
31 後藤 正博 プロ ▲ 30.0 ▲ 36.2 ▲ 50.0 ▲ 50.9 2.2 ▲ 164.9
32 美咲 優菜 プロ ▲ 44.9 ▲ 15.9 ▲ 34.3 ▲ 53.2 ▲ 55.7 ▲ 204.0