北陸リーグ レポート

一覧

第8期 北陸リーグ 第1節レポート

2013/03/22
執筆:荒谷 誠


お初の方は初めまして。ご存知の方はご無沙汰しておりました。
第8期北陸リーグのレポートを担当させて戴きます22期生の荒谷と申します。
拙い文章ですが半年間のお付き合い、どうか宜しくお願い致します。

私事ではありますが、このたび中部本部より北陸支部に移籍して、戦いの場を地元である北陸の地に移させて戴きました。アマチュアの方も入るリーグ戦は初めてという事で、心機一転、新人の気持ちで臨みたいと思いながらも、中部プロリーグで鳳凰位戦のA・Bリーガーやタイトルホルダーと戦い続けてきた自負もあるだけに、中部の名に恥じぬ麻雀を心掛けようという想いを胸に、今期を戦い抜きたいと考えています。

さて、プロアマ総勢21名が集まった第8期の北陸リーグだが、1節目にして早くも縦長の展開となり、今後の各人の戦略が問われる機会が多くなりそうである。

只一人100P越えの森田繁基さんは、2回戦、3回戦と四暗刻を連続でアガる豪腕を発揮し、見事なスタートダッシュに成功。早々に決勝の椅子を予約したかに見える。

オールプラスで2位に着けた小泉さん共々、彼らはアマチュアながら北陸では実力・実績の兼ね備えた打ち手で、その重厚な打ち筋は私も度々セットの場で勉強させて戴いている。

「今節はTV対局モードで行く」と開始前に意気込みを述べていた山井も好位置につけている。
リーグ内でも特に注目を集める立場だけに、今後も他者のマークの中で決勝の椅子を確実に狙ってくるだろう。

逆に、大きく躓いてしまった後藤、松原は、次節以降の巻き返しに期待がかかる。
ただ、目の前の1局のみに全霊を傾けるのではなく、全節を見据えての押し引きができる『大局観』。
長いリーグ戦を戦い抜く上で、この部分の有無に関しては今更語るまでもない両名。
今期終了時には、キッチリとスコアを纏めてくるのではないだろうか。

私自身に関しては、結果的には良い順位に居るが、1回戦で箱をかぶる1人沈みのラスという見事な立ち上がり(?)からの3連勝。粗い麻雀と言われても返す言葉も無い。ただ、これが打撃戦を旨とする私の平常運転。北陸リーグのデビュー戦、その初手で横っ面を豪快に張り倒されたおかげで、かえって己の雀風を見失わずに貫く事が出来た事を、スコア以上の収穫としたい。

北陸リーグには昇級/降級のシステムがなく、アマチュアの方も多い為、次節以降の戦略等勝手の異なる部分も多いが、全5節全てを学びの場とし、プロアマの隔てなくリーグ戦にて勉強させて戴き、その上で尚、己の雀風を貫く気概を忘れずに今期を戦い抜きたいと思う。

順位 名前 プロ/アマ 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 森田繁基 アマ 110.2 110.2
2 小泉陽平 アマ 53.5 53.5
3 荒谷誠 プロ 46.4 46.4
4 飯田輝雄 アマ 42.5 42.5
5 本田朋広 プロ 33.7 33.7
6 山井弘 プロ 30.6 30.6
7 平澤憲一 アマ 26.7 26.7
8 窪田一彦 アマ 22.4 22.4
9 恵比須均 アマ 18.9 18.9
10 濱平光朗 プロ 16.9 16.9
11 谷口真悟 アマ 8.5 8.5
12 押川憲一 アマ ▲ 9.8 ▲ 9.8
13 香林明子 プロ ▲ 12.4 ▲ 12.4
14 光岡大幸 アマ ▲ 24.8 ▲ 24.8
15 谷内口遥 プロ ▲ 30.1 ▲ 30.1
16 高村和人 アマ ▲ 31.3 ▲ 31.3
17 森田有一 アマ ▲ 41.6 ▲ 41.6
18 後藤正博 プロ ▲ 54.4 ▲ 54.4
19 松原健志 プロ ▲ 58.2 ▲ 58.2
20 小坂智徳 アマ ▲ 66.5 ▲ 66.5
21 北川光 アマ ▲ 83.2 ▲ 83.2

決勝進出ライン:順位枠内に表示