文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

関西プロリーグ レポート

一覧

第13期関西プロリーグ A・B・Cリーグ 第4節レポート

2014/08/04
執筆:A:辻本翔哉   B:宮田豊夢   C1:秋山淑子  C2:下山学


Aリーグレポート:辻本翔哉

 

A1卓:花岡、佐々木、勝間、中川
A2卓:仁科、貫上、辻本、堀
A3卓:藤川、米川、横山、上村

4回戦東1局の北家・花岡。
配牌は、発のトイツと後は東北白1枚ずつ、両面はソーズ1つでマンズはペンチャン。
後はバラバラの状況で始まった。

私なら国士を狙いながら、仕掛けや強い打牌がされたら止めるような配牌。
花岡はマンズ、ピンズを払いソーズのホンイツを狙いにいく。
しかし、途中一筒を親の現物で最後まで残していた牌がトイツになると、場に2枚出ている字牌を切り出した。
一筒があるとホンイツにならないが、発を仕掛け、ソーズの両面を鳴きテンパイ。

1,000点の手だが、場の捨て牌はホンイツに思わせるようにしている。
結局リーチが入りツモられはしたが、花岡は簡単にそのような打ち方が出来てしまう。
前太閤位の打ち筋は変幻自在に感じた。

今節も反省と課題が見えた局を振り返りたいと思います。
西家スタートの私は、東1局に跳満をツモアガリトップで南家を迎えました。
ツモの調子も良く、5巡目にテンパイし8巡目にツモ。リーチツモドラ1の1,000・2,000をアガリました。

しかし、二索二索三索三索四索五索とあった所で2巡目に二索を払い、待ちが二索三索の両面の形で引いた牌が四索でのアガリ。
イーペーコーを取りこぼした形になりました。
南家で早く自分の親が迎えられるように先に二索を切り、少しでも一索が出やすいようにしましたが、考えてみればその時はとてもツモの流れも良く五索を切って素直に打つべきでした。
競技ルールでは100点でも多く素点を高くしなければという気持ちでやらなければ、競り合いに勝てない。
調子が良かったのは1回戦だけで、2、3回戦はラスを引いてしまいました。
今後は、自分の状態をもっと客観的に感じとれるようになりたいと思います。

A3卓は、トータルポイントの1位から4位の対戦。白熱した戦いになりました。
その中で今節は藤川の打ち筋をレポートします。

東1局目は上村の4,000オールからのスタート。その後、1.000オールを上村がツモアガった。
東1局2本場、ようやく配牌に恵まれた藤川。ドラの四万と役牌の北がトイツ。
巡目が進みテンパイした形

四万四万六万七万七万八万九万四索五索六索北北北  ドラ四万

リーチをすれば満貫だが、上村の連荘を止めたい気持ちからヤミテン。
その後、四万を上村が切った。私なら飛びついてポンしたいドラ四万
しかし、見送りするも、その巡に五万をツモアガった。
結局、その半荘は藤川がトップ。A3卓のトータルも藤川の1人浮きで終了した。

対局後に質問したら、「入り目の北をツモったらヤミテンと決めていた。」「5,200の手が好き」と言った後に、
四万鳴いたら七万捨ての六万九万は出ないでしょ。逆に、親が四万出るって事は、五万八万が出やすくなる。他に振り替えて頭待ちの良い候補もなかったし、鳴かないよ。四万をツモったら話は別だけど。」

麻雀は打ちながら色々な思考を巡らせる。
私もプロの端くれなので、考えているつもりであったが、藤川は質問にも直ぐに返答出来るほどに深く考えていた。

私も他の雀士の良いところを取り入れ、少しでも追い付けるようにこれからも精進していきたいと思います。

Aリーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 藤川 議次 62.9 4.0 18.9 44.2 130.0
2 米川 基紀 27.9 26.7 60.0 ▲ 2.3 112.3
3 横山  毅 50.3 31.2 40.9 ▲ 18.4 104.0
4 上村 宜久 53.1 ▲ 34.5 42.2 ▲ 24.5 36.3
5 辻本 翔哉 30.1 ▲ 6.8 13.2 ▲ 6.9 29.6
6 中川 由佳梨 ▲ 13.4 38.0 ▲ 7.9 ▲ 24.5 ▲ 7.8
7 仁科健一郎 ▲ 79.2 ▲ 1.6 ▲ 4.4 34.8 ▲ 50.4
8 堀  昭義 ▲ 75.7 39.9 ▲ 19.7 3.4 ▲ 52.1
9 花岡 章生 43.0 ▲ 26.4 ▲ 82.5 12.9 ▲ 53.0
10 佐々木 亮 ▲ 16.9 1.4 ▲ 40.2 ▲ 18.9 ▲ 74.6
11 勝間 伸生 ▲ 37.5 ▲ 56.3 ▲ 13.9 10.5 ▲ 97.2
12 貫上 洋志 ▲ 44.6 ▲ 15.6 ▲ 6.6 ▲ 31.3 ▲ 98.1

 

 

Bリーグレポート:宮田豊夢

 

B1卓 (延原・山本・山中・吉田)
Cリーグからの昇級者が3名いる卓で、3者の勢いや動向が気になるところ。
南場にして山本、山中、吉田の3者の3つ巴戦、ほとんど差がなく誰が抜け出すか?というところでした。
南3局 親山中 上位拮抗の展開から、

一万二万三万四万四万五万六万七万三索四索五索二筒三筒  ロン一筒  ドラ五索

まず、5,800,これをアガリ、頭一つ抜け出した。
続けざまに、1本場、1,000は1,100オール。

一万二万三万七万八万一索二索三索九索九索四筒四筒四筒  リーチ  ツモ九万

そして、オーラスも山中が

四万四万六万七万八万五索六索七索三筒三筒  ポン三万 上向き三万 上向き三万 上向き  ドラ三筒  ツモ四万

1,000・2,000と実に強いツモアガリをみせて締める。

チャンピオンズリーグ準優勝、Cリーグ昇級と実に勢いのある山中の強さの光る一戦であった。

Bリーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 原田 保正 66.3 ▲ 8.7 39.5 17.1 114.2
2 筒井 宏晶 19.7 55.9 27.5 3.0 106.1
3 坂本 誠裕 22.5 18.1 2.4 23.5 66.5
4 近野理智男 15.4 10.7 18.6 10.0 54.7
5 西原 佳隆 83.2 ▲ 15.1 ▲ 12.4 ▲ 8.7 47.0
6 宮田 豊夢 ▲ 18.4 7.2 43.5 13.4 45.7
7 中川  保 ▲ 43.0 46.0 19.6 ▲ 16.1 6.5
8 中野 孝治 1.9 0.0 0.0 0.0 1.9
9 山中  翼 ▲ 9.4 4.0 ▲ 0.2 2.4 ▲ 3.2
10 山本 善嗣 12.0 ▲ 67.5 44.8 2.4 ▲ 8.3
11 掛樋 忠雄 ▲ 4.5 ▲ 32.0 6.3 10.6 ▲ 19.6
12 玉木 章司 14.5 ▲ 4.0 ▲ 63.5 1.3 ▲ 51.7
13 森下 恭好 0.8 ▲ 24.9 ▲ 33.2 ▲ 20.4 ▲ 77.7
14 吉田 哲史 ▲ 98.2 27.7 ▲ 17.7 2.5 ▲ 85.7
15 延原 明美 1.1 ▲ 17.5 ▲ 57.0 ▲ 40.7 ▲ 114.1
16 稲森 英子 ▲ 66.9 ▲ 20.9 ▲ 18.2 ▲ 21.3 ▲ 127.3

 

 

C1リーグレポート:秋山淑子

 

じめじめとした季節ですが、C1は5節で終了なので、第4節終了時点で昇級、降級がはっきり見えてきました。
結果的に、昇級組が順調にポイントを伸ばし、降級組がマイナス、という超縦長展開になってしまいました。

C-1卓(赤木・田村・川崎・谷上)
2回戦 東2局 8巡目 北家 赤木(32,900)の手牌

一万二万三万五万六万七万三索五索七索七索五筒六筒南  ドラ南  ツモ七筒

三色目のある七筒をツモり、さてドラを切ろうか?というよくある構図ですが、
こういうとき状況によって切る牌が違うと思います。
南場でマイナスだったらドラを残すだろうし、三色目も確定させていくと思います。
しかし、今回は親が流れた北家、しかも原点以上なので、アガリ優先の選択となります。
ということで役なしテンパイの打南としました。
11巡目、六索をツモってピンフの形にして出アガリの利く形に変えました。

一万二万三万五万六万七万三索五索七索七索五筒六筒七筒  ツモ六索  打三索

四索は西家の川崎がトイツもちで少ない待ちではありましたが、東家・田村もあわせて打三索としたことで、前局トップだった谷上からあっさり四索が出てきて、きっちり場を進めることが出来たのでした。

C-4卓(吉本・富田・伊原・上村)
3回戦 南4局 1本場 4巡目 南家 冨田(22,400)の手牌

三万三万六万七万九万二索三索六索六筒七筒七筒九筒発  ドラ五万

前半2戦プラスだった冨田、今回は西家・吉本と3,000差のラスですが、トップが親の伊原で38,000なので跳満ツモでトップまで狙えます。
その後、一筒五筒七万八筒一索とツモり、迷わずテンパイ即リーチといきます。

三万三万六万七万一索二索三索五筒六筒七筒七筒八筒九筒  ドラ五万

この形、ドラが出ればどこからでも順位が3位になれるのですが、安めの八万の方は、西家・吉本以外から出ても順位が変わらないし、原点を割らないという条件付のリーチだったのですが、迷うことなく進める冨田に幸福はささやかに微笑んで14巡目、八万をツモるのでした。

三万三万六万七万一索二索三索五筒六筒七筒七筒八筒九筒  ツモ八万

4回戦 南4局 2本場

伊原が1人沈みで、トップ北家・上村38,100、2着が西家・冨田38,000
東家の吉本が浮きの3着で31,200。
前局ドラ入りピンフでリーチとしましたが流局。
何とか連荘してトップを狙おうという勢いが感じられましたので、後ろから観戦させてもらうことにしました。

東家・吉本配牌

一万二万二万一索三索五索六索七索八索一筒七筒八筒発  ドラ白  打北

南家・伊原配牌

四万六万三索四索二筒三筒八筒九筒南西西北中

吉本は親にふさわしくピンフがすぐに出来そうな好配牌!
あっさり連荘かと思われましたが、ツモに恵まれず足踏みしていると3巡目、トップ目の北家・川上が西家・冨田の三筒二筒四筒の形でチー。打ドラの白とし、タンヤオで逃げ切りを図ります。
このチーが吉本には停滞を、伊原に革命を与えます。

東家・吉本 六万白九万とツモ

一万二万二万五万一索三索五索六索六索七索八索七筒八筒

南家・伊原 東北九万とツモ

一筒二筒二筒三筒八筒九筒東南西西北北中

そして同6巡目、川上が七万をポン。テンパイ濃厚とします。
このポンは、吉本にまた迷いを、伊原には更なる革命を与えました。

東家・吉本 八万一索七筒とツモ
二万二万一索一索三索五索六索六索七索八索七筒七筒八筒

南家・伊原 東六万南とツモ
一筒二筒二筒三筒九筒東東南南西西北北

そして次巡一筒を引き入れテンパイ

一筒一筒二筒二筒三筒東東南南西西北北  ドラ白

しかしこの手をツモっても、沈みの3着にしかなれないという厳しい点棒状況でした。
役満に向かって突き進むのみです!捨配にも北1枚だけしかでておらず、可能性は十分にありました。
そして11巡目、タンヤオを目指すトップ川上から西が捨てられます。
当然「ポン!」の声

一筒一筒二筒三筒東東南南北北  ポン西西西

キター!役満1シャンテン!
しかし次巡の伊原の打五索に、無情にも「ロン」の声でした。

四索四索四索六索五筒六筒七筒  チー三筒 左向き二筒 上向き四筒 上向き  ポン七万 上向き七万 上向き七万 上向き  ロン五索

前巡の捨配が八索だったので、西ポンにより待ちが六索八索から四索四索四索六索にかわった直後の放銃となってしまいました。
次節は最終節で、順位ごとの卓割りとなります。正直、下位の自分の卓より上位陣の卓を4回戦きっちり見学したい気持ちでいっぱいです。

C1リーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 中安 武尊 72.0 29.7 ▲ 16.9 53.5 138.3
2 上村 政雄 36.0 33.2 21.7 40.6 131.5
3 山室 太二 45.8 25.3 5.1 50.9 127.1
4 川崎 諒介 ▲ 20.4 42.9 50.2 ▲ 13.9 58.8
5 川上 直也 ▲ 2.9 ▲ 0.2 53.2 ▲ 0.2 49.9
6 三好 直幸 20.8 81.1 11.0 ▲ 86.5 26.4
7 西村 友和 36.9 ▲ 20.3 38.4 ▲ 36.8 18.2
8 赤木 由実 39.6 41.9 ▲ 42.8 ▲ 27.9 10.8
9 谷上 脩平 ▲ 47.2 ▲ 42.5 12.2 65.6 ▲ 11.9
10 田村  豊 ▲ 43.1 15.7 27.4 ▲ 23.8 ▲ 23.8
11 富田 淳一 9.4 ▲ 38.4 ▲ 29.0 31.0 ▲ 27.0
12 吉本 卓矢 ▲ 3.9 ▲ 2.9 6.5 ▲ 40.3 ▲ 40.6
13 森元 直哉 ▲ 42.3 ▲ 20.7 ▲ 39.0 41.3 ▲ 60.7
14 木下 恭子 ▲ 2.6 ▲ 98.6 19.9 ▲ 13.9 ▲ 95.2
15 秋山 淑子 ▲ 37.4 ▲ 31.4 ▲ 37.8 ▲ 8.3 ▲ 114.9
16 伊原 達也 ▲ 61.7 ▲ 35.8 ▲ 81.1 ▲ 31.3 ▲ 209.9

 

 

C2リーグレポート:下山学

 

吉田×辻井×高谷×大久保
4回戦 南2局
親・辻井(26,000)トップ目南家高谷(31,000)
前局ボンミスをして精細をかく辻井が

五万五万三索四索五索五索六索一筒一筒一筒三筒四筒五筒

この形でリーチをかけるがそのまま流局となった。
1本場となって、南家高谷の配牌は

三万四索四索二筒二筒六筒八筒南白発発中中  ドラ七筒

ここから
二筒 ポン→三万
七筒南
白四索
発ポン→四索

六筒七筒八筒白白中中  ポン二筒 上向き二筒 上向き二筒 上向き  ポン発発発
小三元、ホンイチのテンパイ

親の辻井も

四万四万五万六万七万七万八万八万三筒四筒五筒白白

こう頑張るが、数巡後、中を引いてしまい迷ったが、四万切りとした。
2回戦、3回戦を制した辻井だったが、ちょっとしたミスがツモを曇らせる。
しかし、中をツモ切りしなかったところは、彼のセンスでしょうか。
その後、高谷が中をツモアガリ3,100・6,100。
このまま高谷が勝ち、今節最高の得点で一躍4位に順位を上げました。

前節までトップを走る下村に、すぐ後ろで追う丸山は、同卓対戦。
4回戦、トップ取り争いになったが、丸山の勢いが勝って逆転しました。

「私、頑張っちゃいました」と笑顔いっぱいの稲岡ミカは、48ポイント上げて、昇級ラインの6位に、「次も頑張ります」って。

次節がC2の最終節になります。
昇級がかかる人は激しい戦いになると思います。
昇級が無理そうな人も何か得られるような意味のある麻雀を打ちましょう。

C2リーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 丸山  直 1.9 47.6 81.9 44.0 175.4
2 下村 学 54.5 8.2 86.4 2.5 151.6
3 松永 侑己 4.9 50.9 18.5 50.1 124.4
4 高谷 圭一 50.0 10.4 ▲ 33.8 91.7 118.3
5 前川 憲一 ▲ 3.9 10.1 107.5 ▲ 6.6 107.1
6 稲岡 ミカ ▲ 13.7 5.6 30.6 48.4 70.9
7 木下 誠二郎 14.4 39.2 22.5 ▲ 19.0 57.1
8 辻井 和也 20.8 25.8 ▲ 10.1 19.8 56.3
9 後藤 俊孝 33.8 41.0 ▲ 47.3 27.4 54.9
10 大橋 慶一郎 ▲ 15.8 ▲ 37.1 ▲ 8.4 98.0 36.7
11 鎌田 周平 15.8 ▲ 26.9 ▲ 15.2 34.7 8.4
12 大久保 朋美 ▲ 37.7 ▲ 8.3 61.2 ▲ 19.6 ▲ 4.4
13 長尾 浩平 ▲ 33.3 26.1 ▲ 7.1 3.3 ▲ 11.0
14 永田 知也 ▲ 37.1 20.0 ▲ 29.0 27.8 ▲ 18.3
15 疋田 豪 ▲ 39.2 6.6 ▲ 6.2 18.4 ▲ 20.4
16 赤木 里恵 57.4 ▲ 46.0 ▲ 41.0 5.8 ▲ 23.8
17 長野 恵美 13.7 ▲ 37.1 11.8 ▲ 14.6 ▲ 26.2
18 吉田 圭吾 95.1 ▲ 48.1 3.1 ▲ 91.9 ▲ 41.8
20 辰巳 晴基 1.0 ▲ 32.1 ▲ 16.9 1.9 ▲ 46.1
21 城 裕介 ▲ 4.8 29.5 ▲ 39.0 ▲ 43.3 ▲ 57.6
22 小西 輝彦 ▲ 32.4 ▲ 47.8 2.9 ▲ 4.2 ▲ 81.5
19 山神 剛 ▲ 33.9 9.8 ▲ 29.0 ▲ 42.3 ▲ 95.4
25 高橋 正人 ▲ 16.5 ▲ 88.6 ▲ 14.1 ▲ 46.4 ▲ 165.6
23 只野 真理子 ▲ 82.8 21.6 ▲ 52.8 ▲ 92.7 ▲ 206.7
24 土田 小緒里 ▲ 14.2 ▲ 24.4 ▲ 76.5 ▲ 96.2 ▲ 211.3