文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

関西プロリーグ レポート

一覧

第14期関西プロリーグ A・B・Cリーグ 第7節レポート

2015/11/04
執筆:A:仁科健一郎
B:森下恭好
C1:辻井和也
C2:冨田淳一


Aリーグ:仁科健一郎

夏の暑さもめっきり影を潜めて秋の涼しさを感じる今日このごろ。
しかしリーグ戦は更に熱気を帯びる展開となっています。

3卓 勝間・原田・上村・仁科

こちらの卓は4回戦すべて素点で10,000点以内の接戦での決着となった。
そんな接戦を制したのは過去太閤位の座にも着いた勝間が攻めの姿勢を崩さない強気な打ち筋で勝利をもぎ取り残り3節に望みを繋ぎました。

1卓 花岡・貫上・西原・佐々木
こちらは上位争いをしている花岡、貫上の戦いに注目したい。
花岡+18.6 貫上▲10.4で迎えた4回戦。
トップをとりたい貫上が、意地を見せ南四局まで1人浮きのトップとする。

南4局1本場
貫上45,200 花岡28,000で迎えた最終局、花岡が黙ってない
5巡目に南家花岡が

三万四万六万七万八万二筒三筒四筒南南南北北

このテンパイを入れると、7巡目に貫上から二を討ち取り、貫上の1人浮きを阻止しつつ自身もプラスに転じる上がりを見せました。

2卓 藤川・米川・山本・辻本
こちらの卓は、4回戦藤川の凄まじい大爆発が印象的でした。
4回戦開局3巡目

七万七万四索四索二筒二筒二筒三筒三筒三筒六筒六筒六筒

このテンパイを入れると、これをあっさりとツモあがり8,000・16,000
その後も6,000オール、11,600と高打点を連発し+100オーバーの大トップとし、トータル順位も決定戦圏内の3位まで上げてきた。

この結果決定戦の椅子3つに対して上位4名の大混戦となりました。

 

Bリーグ第2節:森下恭好

折り返し地点を過ぎ残り3節となりました。各々の現在の立ち位置から最終節を見据えての対局となりそうです。
B-1卓
2回戦 起家から(山中・松永・坂本・宮田)
南1局 配牌で山中にソーズの一色手が入りました。
二万一索一索二索三索三索五索六索七索七索東南白発  ドラ三万

ここから二索八索、とツモって6巡目にこの形

一索一索二索二索三索三索五索六索七索七索八索白発  ツモ一索

白発を切ってメンチンの1シャンテンとなりますが、この時、白発も生牌です。
中は2枚きれていますが、白発を切るのは難しいところです。
山中は白を選択、これが坂本にポンされ、九索九索二索とツモ切りされる。
九索二索をポンして六索九索テンパイ。直後に松永からもリーチを受けるがなんとか九索をツモりあげ4,000オール。
この後もメリハリの効いた押し引きでポイントをまとめることに成功しました。

 

C1リーグ第2節:辻井和也

C1リーグレポートを担当させて頂きます辻井と申します。
よろしくお願い致します。
C1リーグは5節での戦いである為、プロ野球日本シリーズでは第2戦が大事であると言われる同様に、第2節は昇級争いに入るか、また、降格争いになるのか大事な節となります。
本日の組み合わせは以下の通りです

C1-1卓 山神・赤木(由)・伊原・木下(恭)
C1-2卓 川上・中野・長尾・城
C1-3卓 秋山・吉田・小西・木下(誠)
C1-4卓 大橋・後藤・田村・辻井

4卓、4回戦南4局0本場 親、大橋
大橋 46,300
辻井 42,700
田村 17,200
後藤 13,800

トップと3,600差のオーラス時の辻井の9巡目の手牌は

一万二万三万三万三万四万三索四索六索七索八索四筒五筒  ドラ二索

タンピンの1シャンテンでトップを狙いにいくが、親の大橋から五万ポンの仕掛けが入り、13巡目に上家の田村から三筒が出てチーを入れ二索でロン。
結局2,000の出アガリにて終了。
3着目との点差を考えるとやはりここは、面前での勝負でも良かったのか悩ましい最終局となりました。

1卓は4回戦南2局1本場 親赤木

トップの赤木由(46,000)が

二万三万七万七万一索二索三索七筒七筒七筒 発発発発  ドラ三万

これを序盤テンパイすると、2位伊原(29,000)が、

一万二万三万六万八万六索七索八索六筒七筒八筒北北

この手を11巡目に追いかけてリーチ。
続く14巡目に、山神からも追いかけリーチが入るが、これに、木下(恭)からワンチャンスで山神の現物である七万がでて、伊原がロン。
トップ赤木との差を6,700点にしました。

そして、伊原は、南3局親で連荘して逆転すると、オーラス、チャンタ三色の8,000の出アガリして突き放しました。
第2節が終了して吉田、城、赤木(由)の3人が好調をキープし、昇級圏内に入る形となりました。
残り3節ありますので、まだまだ予想のできない展開になりそうです。

 

C2リーグ第2節:冨田淳一

1卓 只野・冨田・高橋(正)・三好・坂上
2卓 丸山・辰巳・長野・高橋(悟)・大久保
3卓 吉田・土田・南田・赤木・前川

1卓
1回戦から効果的なアガリを繰り返した三好が、+71.8Pと大きなプラスを叩き出しました。
三好は、良い流れを持続させる力を持っており、見習いたい点があります。
また、初戦こそ大きなマイナスを受けた只野は、4回戦 南2局で、 ハイテイ・三色をツモアガるなど力強さを見せ、最終的にはプラスで本節を終えることに成功しています。

二万三万四万七万八万九万一索一索二索三索二筒三筒四筒  ツモ四索

2卓
トータル1位と2位が同卓となりました。トータル2位の長野に大物手が訪れます。
2回戦 南2局

二万二万六索七索七索八索八索八索南南  暗カン牌の背九筒 上向き九筒 上向き牌の背  ドラ八万

ここで二万をツモりテンパイ。

二万二万二万七索七索八索八索八索南南  暗カン牌の背九筒 上向き九筒 上向き牌の背

ツモり四暗刻に受けてリーチを宣言しました。
しかし、この半荘トップ目の丸山がアガリ。長野大物手成就とはなりませんでした。
この後も果敢に攻撃を仕掛けるも、効果的なアガリをものにすることができず、本節はマイナスで終えることになりました。

3卓
前節大きくマイナスしていた吉田が、オールプラスでまとめ上げ、次節以降の励みとなる結果を残しました。
前節プラスを叩いていた者が、本節マイナスとなり、大きくマイナスしていた者がプラスを叩き出す結果となりました。
2節終えた段階ですが、混戦模様を呈しております。次節以降も充実した闘いを期待したいです。