関西プロリーグ レポート

一覧

第11期 太閤位C1リーグ 後期第2節レポート

2012/11/07
執筆:大橋 慶一郎


前節では好調なスタートを切ることができたが今節はかなり辛い対局となりました。
同卓者は中野、中安、高柳。

1回戦は高柳のアガリから始まり小場のまま南入。迎えた南2局で場に大きな変化が現れることになった。
中野が8巡目に変則的な捨牌からリーチをかけると、全員受けに回らされ、数巡後に西をツモアガる。

一万二万三万一索二索三索一筒二筒三筒東東西西 ツモ西

3,000・6,000を決め、これが決定打となり一回戦は中野のトップとなった。
3回戦は、中安が点棒を叩く半荘となる。
東4局の中安の親番で、トップ目にいる中安がリーチをかけてきた。

三万三万五万六万七万五索六索二筒三筒四筒七筒八筒 ツモ七索 ドラ三万

これをアガリ6,000オール。
そして1本場になり、五巡目に生牌の中をポンしてテンパイ。
ここに高柳が生牌の東を勝負してくるが、4,800は5,100の放銃となった。

一索一索一索一筒二筒三筒東南南南 ポン中中中 ロン東

更なる加点をした中安がこの半荘をトップで終わる。
4回戦オーラス、大橋が35,100点持ちのトップ目、中安が32,700点持ちの2着目、
そして中野が29,000点、高柳が23,200点と各自がトップ又は浮きを目指せる範囲であったが、中盤、中野が中を鳴き二万を高柳から出アガリして浮きの2着とした。

三万三万四万四万五万七万八万九万南南 ポン中中中

できるなら、南も鳴き7,700点に仕上げたい所だが、この時、中安の手格好はこのようになっていた。

一筒二筒三筒五筒六筒六筒七筒七筒八筒八筒九筒南南

中野の素晴らしい判断力で、親のアガリをかわしていたのだ。
今節の対局は、全体的に大物手が入る傾向が見られ、大きいアガリが目立つ対局となった。
初対局するベテランの先輩方の判断力、点棒の重さを知る1節だったように感じた。
今節の反省を踏まえ、常に学ぶ姿勢で次節に繋げたいと思う。

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 後藤 俊孝 6.7 53.4 60.1
2 丸山 直 42 13 55
3 大橋 慶一郎 49.3 ▲ 1.0 48.3
4 宮田 豊夢 31.6 14.8 46.4
5 三好 直幸 ▲ 9.2 50.1 40.9
6 中安 武尊 11.1 14.6 25.7
7 上村 政雄 33.1 ▲ 14.1 19
8 中野 孝治 25.3 ▲ 12.7 12.6
9 原田 潤次 19.6 ▲ 24.8 ▲ 5.2
10 谷上 脩平 ▲ 49.4 36.4 ▲ 13.0
11 山中 翼 ▲ 39.9 7.9 ▲ 32.0
12 田村 豊 32.4 ▲ 89.4 ▲ 57.0
13 高柳 将史 ▲ 32.1 ▲ 40.9 ▲ 73.0
14 近野 弥生 ▲ 75.4 ▲ 13.5 ▲ 88.9
15 藤原 仙三 ▲ 82.1 ▲ 9.2 ▲ 91.3
16 山室 太二 ▲ 83.0 ▲ 24.6 ▲ 107.6