文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

関西プロリーグ レポート

一覧

第15期関西プロリーグ A・B・Cリーグ 第7節レポート

2016/11/03
執筆:A:坂本誠裕
B:吉田圭吾
C1:坂上優
C2:南田明宏


Aリーグ第7節:坂本誠裕

少し寒くなった頃、3分の2となる第7節が開催されました。

A1卓(米川・辻本・西原・貫上)

混戦の2位、3位争いを貫上が抜け出すかが見所です。
結果は、貫上が圧巻の+83ポイント
ここまで安定の試合展開からここにきてのエンジン全開、花岡の背中に迫るトータル+173.6Pの単独の2位となりました。

A2卓(勝間・森下・藤川・佐々木)
こちらも混戦の2位、3位争いの森下がプラスを伸ばせるのか?また、他の3人もマイナスを返して、残り3節に繋げられるのでしょうか?
結果は、勝間がマイナスをほぼ返済し、森下はプラスを伸ばして、3位争いに絡む+110.5Pの4位となりました。

A3卓(坂本・仁科・上村・花岡)
断トツの1位の花岡がさらにプラスを伸ばすのか?坂本が決定戦出場資格となる、2位、3位になるためにプラスを伸ばせるのでしょうか。
1回戦は爆発力のある仁科が大きなプラスをたたき、2回戦は、安定の花岡がトップをとり、仁科が+53.2P、花岡+28.6Pに対して、坂本は▲30.8Pと苦しい展開でした。
残り2回戦で、坂本が+35.9Pと巻き返し、トータル3位となりました。
貫禄の1位花岡、2位貫上に対して、今期昇級組の森下、坂本がどこまで食い下がれるかが今後の見所になりそうです。

 

Bリーグ第7節:吉田圭吾

B-1(掛樋、高谷、城、吉田哲)
B-2(上村、吉田圭、山室、稲岡)
B-3(吉本、原田、宮田、中川)
B-4(中安、筒井、松永、山中)

東2局 北家

一万一万二万二万四万四万五万八万八万九万九万北北  ロン五万  ドラ四索

稲岡から8,000のアガリをものにしこの半荘トップを取って絶好調となりました。続く2、3回戦も吉田圭が3連勝をしました。
体調が悪く調子が悪そうだった稲岡でしたが、4回戦目親でドラ単騎七対子をツモアガリ、この半荘大きくトップを取ってマイナス10.2Pにおさえた。

四万四万七万七万四索八索八索二筒二筒八筒八筒西西  ツモ四索  ドラ四索

いよいよBリーグも後半戦に突入し上位陣が接戦になってきました。
トップを走る山中が168.5P、2位の宮田が114.7P、3位の松永が107.4P、4位の吉田圭が101.2P、5位の稲岡が80.9Pとなりトップの山中を4人がどう交わすのか、また山中がトップの座をどう死守するのか楽しみです。

 

Cリーグ第2節:坂上優

『リーチ/ヤミテン』という視点からレポートを作成します。
Aルールでは、この判断が特に重要です。
一発赤カン裏ありの、即リーチとは全く違います。
1回戦 東2局
終盤になり、稲垣、長尾はそれぞれタンヤオの仕掛けがあります。
親の川上の捨て牌は中盤に六索を捨てていました。
そして九索をあっさりツモ、4,000オール。

五万五万六索六索九索五筒五筒六筒六筒西西発発  ツモ九索  ドラ五筒

タンヤオ仕掛けの場で隙を狙った冷静なアガリ、私ならリーチをかけてしまいます。
リーチをかけていれば、稲垣や長尾は果たして鳴いていたでしょうか。
きっちりアガリきることを視野に入れた冷静な判断だと思います。

3回戦 東2局
6巡目に川上がリーチと出てきます。
早いうえに好調の川上のリーチにやばいと感じた矢先に、9巡目あっさり八万をツモられて、3,000・6,000。

二万二万六万七万二索二索二索四索五索六索二筒三筒四筒  ツモ八万  ドラ二索

ドラが入って跳満まで視野に入れた最高のアガリ方です。アガるべくしてアガったと思います。これでこの後戦いやすくなりました。

 

C2リーグ第2節:南田明宏

少しずつ秋が深まり、金木犀の花が咲き始めました。リーグは2節です。
2卓 1回戦 (起家から高橋・福原・吉田(拓)・中島)

東2局1本場

六索七索八索南南南白白中中  ポン発発発  ロン白

高橋が中島から12,000を出アガリ、この半荘トップを取ります。
2回戦も高橋の勢いが続き、迎えた3回戦、今節からC2リーグに参戦した福原が反撃に出ました。

3回戦 (中島・福原・高橋・前川)
南1局1本場
福原の手牌

一索二索五索六索七索八索八索九索九索九索白発発  ドラ白

10巡目に前川からでた1枚目の發に動かなかった。2巡後に発を引き入れ打白としました。

一索二索五索六索七索八索八索九索九索九索発発発

前川から三索を出アガリ、この半荘を逆転でトップとなりました。
この後も福原が4回戦を1人浮き、5回戦もトップを取り圧巻の麻雀でした。