関西プロリーグ レポート

一覧

第11期 太閤位C1リーグ 後期第3節レポート

2012/11/28
執筆:大橋 慶一郎


気がつけば3節目、残りの節のことも考えると、その場の点棒だけではなく、ポイントを持っている者をマークする必要がありそうだ。
1卓 中野・後藤・藤原・原田
2卓 中安・山中・上村・丸山
3卓 高柳・山室・宮田・三好
4卓 近野・谷上・田村・大橋

近野とは何度か同卓しているが、非常に手役技巧派で今節では決定的なアガリをいくつか見せてくれた
東1局、ツモ山も中盤に差し掛かった時、近野がリーチ。
数巡後、五筒を出アガリ12,000のアガリとなった。

二万二万二万三筒三筒三筒五筒五筒九筒九筒西西西 リーチ  ロン五筒  ドラ三万

その後も、

一万二万三万一筒二筒一索二索三索九索九索西西西 ツモ三筒

この3,000・6,000を決め、手役の絡んだ高いアガリが続いた。

1卓では、対局者全員が手役を狙う者同士になったため、軽いアガリがほとんど無く高い場となった。
また、しっかり手を作ってくるので筋も追いにくく苦しい対局となる。
放銃が少なく安定した成績を出している親の中野に、早い巡目でこのようなテンパイが入ったが、これをヤミテンに構える

五万六万七万一筒二筒二筒二筒三筒五筒六筒七筒八筒九筒

そこに、藤原からのリーチが入り、その後、中野が七筒ツモの1,300オールとなった。
対局後に聞いたが、リーチが入らなければフリテンリーチに行く覚悟だったという。
やはり目先のアガリも大切ではあるが、1つ1つのチャンスを存分に活かし打点を叩く姿勢が大切なのだと魅せられた。

2卓では、前節不調だった上村が大きくポイントを叩くこととなった。
4回戦南2局、親・上村。
既に72,100点持ちで4本場積んでおり、一向に勢いは衰えない

三筒四筒四筒四索四索六索七索  ポン中中中 ポン南南南 ドラ南

この動きに対して丸山が西を仕掛ける。
そして数巡後、七筒をツモアガリ400・700でかわす。
親は12,000点の手だが、これに怯まず前に出た丸山の判断は素晴らしいものである。

3卓では前節好調だった三好、宮田が苦しい展開となった。
4回戦、南2局2本場、親・高柳。
場に動きが入り宮田の手が急成長し、5巡目に力強くリーチを打つ

二万二万三万三万三万東東東西西北北北 リーチ ドラ二索

しかし、数巡後に掴んだ二筒が高柳への放銃となり7,700は8,300となる。

二筒二筒五筒六筒六筒六筒七筒発発発 ポン一筒

その後、高柳がリーチをして3,900は4,200オールを決める。

二筒二筒二筒一索二索三索四索五索六索八索九索北北 リーチ ツモ七索

これで団子状態に変わった。
今節では上位者が痛いマイナスをつけてしまう展開となり、首位争いをより激化することになってきた。
残り2節、まだ各自、昇級や残留を狙える距離。一片の悔いも残らないよう全力で戦って欲しいと思う。

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 上村 政雄 33.1 ▲ 14.1 98.7 117.7
2 中野 孝治 25.3 ▲ 12.7 65.7 78.3
3 中安 武尊 11.1 14.6 28.2 53.9
4 大橋 慶一郎 49.3 ▲ 1.0 2.2 50.5
5 後藤 俊孝 6.7 53.4 ▲ 30.5 29.6
6 宮田 豊夢 31.6 14.8 ▲ 17.8 28.6
7 三好 直幸 ▲ 9.2 50.1 ▲ 14.0 26.9
8 丸山 直 42 13 ▲ 44.8 10.2
9 谷上 脩平 ▲ 49.4 36.4 10.8 ▲ 2.2
10 原田 潤次 19.6 ▲ 24.8 ▲ 5.1 ▲ 10.3
11 高柳 将史 ▲ 32.1 ▲ 40.9 30.5 ▲ 42.5
12 近野 弥生 ▲ 75.4 ▲ 13.5 20.7 ▲ 68.2
13 田村 豊 32.4 ▲ 89.4 ▲ 33.7 ▲ 90.7
14 山室 太二 ▲ 83.0 ▲ 24.6 1.3 ▲ 106.3
15 山中 翼 ▲ 39.9 7.9 ▲ 82.1 ▲ 114.1
16 藤原 仙三 ▲ 82.1 ▲ 9.2 ▲ 30.1 ▲ 121.4