関西プロリーグ レポート

一覧

第11期 太閤位C2リーグ 後期第3節レポート

2012/11/28
執筆:吉本 卓也


長かった酷暑もすっかり影をひそめ、冬の到来を感じさせる今日この頃ですが、関西プロリーグではまだまだ熱い戦いが繰り広げられております。
A卓の主役は赤木。今の赤木には勢いがあります。王位戦のプロ予選惜しくも本戦行きは逃しましたが、決勝までコマを進めました。
そして前節大きくプラスに終え、本日も絶好調で対局を終えました。そ
の好調を予感させるような局がありました。
第2戦の東4局、南家の赤木は七索を切ってダブルリーチをかけて一発でツモリアガリました。

七万八万九万四索五索五索六索七索九筒九筒南南南 ダブルリーチ  ツモ三索

競技ルールには一発という役はありませんが、2,000・3,900をたったの2巡で手に入れてこの半荘をプラスで終えました。
そして第3戦、赤木の快進撃が始まる。

東1局はダブ東ドラ2の3,900オール、東4局はリーチドラ3の8,000、南1局は発ドラ3の3,900オールと高打点のアガリを連発。
ドラの破壊力を改めて実感した半荘となり、赤木は1人浮きの大トップを手にします。
私が抜け番だった第5戦も、1人浮きのトップを手にして昇級争いに頭角をあらわしました。

B卓6回戦(山本、森元、木下、長野)
5回戦まで木下が絶好調で、迎えた第6回戦、私は山本と森元の間で観戦致しました。
東場は小場で進み、南1局、山本と森元の手がぶつかり合います。
山本はピンズ、森元はソーズの一色手に走ります。
結局、ピンズと字牌を掴んで森元はオリ、山本が1,300オールを手にしますが、押し引きがしっかりされているから今期好調なのかなと感じました。

その後、テンパイは入るが脇にアガられ、南3局では好形の跳満の1シャンテンも、親の木下に流されと波に乗り切れない森元であったが、
その1本場、大チャンス手がやってきます。

配牌
一万二万三万四万五万六万六万七万八万九万三筒四筒発

三万六万九万二筒五筒発がくればダブルリーチのチャンスではあるが、ダブルリーチをかけるのは六万ツモの時だけと森元は述懐していました。
私なら撥ツモでもダブルリーチをかけてそうです。この手が以下のように変化してテンパイに、

一万一万二万三万三万四万四万五万六万六万七万七万八万 ロン八万

本日絶好調の木下から16,000を手にして4連勝に待ったをかけました。
競技ルールで倍満は大きいです。このひとアガリでラスからトップに躍り出ました。
森元は今節あまり調子よくなかったそうですが、スコアは落とさず首位戦線にとどまりました。

今期もあと2節。レポートを書いている私も勝負の行方がどうなるか非常に楽しみになってきました。
残り2節も選手の皆様の奮闘に期待をしたいです。

順位 名前 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 6 節 7 節 8 節 9 節 10 節 合計 順位
1 赤木 由実 ▲ 50.3 63.8 78.8 92.3 1
2 森元 直哉 35.5 54.3 ▲ 2.8 87 2
3 木下 恭子 24.3 ▲ 23.4 67.5 68.4 3
4 山本 善嗣 40.4 14.9 7.6 62.9 4
5 中山 千鶴 ▲ 19.1 37 ▲ 3.1 14.8 5
6 高瀬 真濃 69.4 ▲ 4.1 ▲ 65.5 ▲ 0.2 6
7 森下 恭好 34.6 ▲ 19.2 ▲ 48.7 ▲ 33.3 7
8 西村 友和 31.6 ▲ 43.3 ▲ 35.8 ▲ 47.5 8
9 永田 知也 ▲ 41.1 38.3 ▲ 46.5 ▲ 49.3 9
10 長野 恵美 ▲ 83.6 ▲ 36.5 22.9 ▲ 97.2 10
11 吉本 卓矢 ▲ 42.7 ▲ 102.8 25.6 ▲ 119.9 11