九州プロリーグ レポート

一覧

第13期九州プロリーグ Cリーグ 第7節レポート

2012/10/30
執筆:鶴 浩昭


A卓(筒井×山本秋桜里×原×北島)
B卓(麻生×佐藤×陣野×濱田)
C卓(伊東×松尾×山本光男×河野晃大)
D卓(和田×河野みのり×山本江利香×友保)
E卓(水町×平田×下山×松本)
F卓(進×古本×西川×公文)
G卓(鶴×宮崎×吉田×田中)

10月に入り、今節のCリーグ後期第2節が行われた。
秋も深まり外は少し寒くなったが、会場はいつも熱気に包まれている。
先日新たにプロ試験が行われ、8名の29期生が参戦してきた。
29期生の中には初めて先輩方と対局する人もいて若干緊張しているようにも見受けられた。
これから先輩方から対局を通じて所作やマナーなどを学んでいって欲しい。

各卓の結果を見ていくと、
B卓では前節首位を走る佐藤に麻生、陣野、濱田が迎え撃つ。少ないポイントながらも実力派麻生が卓内トップ。
G卓では29期生宮崎が4連勝の大爆発。キチンと本手がアガれているのが、調子がいい証拠であるだろう。
その他の卓では実力のある水町、伊東、和田が順調にポイントを伸ばし上位をキープしている。

F卓では古本が卓内トップ。古本の印象に残った局面を紹介しよう。
南4局4本場、東家:古本。配牌が、

一万一万二万三万七万八万九万二索三索七索九索一筒二筒 ドラ一万

である。素晴らしい配牌だ。2巡目に、

一万一万二万三万七万八万九万二索三索七索九索一筒二筒 ドラ一万 ツモ三筒 打七索

とする。ここから5巡目に、一索をチーして打一万

一万二万三万七万八万九万九索一筒二筒三筒 チー一索二索三索

11巡目に西川よりロンアガリし、11,600は12,800。
賛否両論あると思うが、最高で12,000オールまで見える手牌。
少し勿体ない気がした。

まだ2節終わったばかりだが、もう後3節しかない。
私も含め、全員が昇級したい思いは強いであろう。
まだ全員に昇級のチャンスがあるので、次節も後悔のない様に戦って欲しい。

順位 名前 プロ/アマ 1 節 2 節 3 節 4 節 5 節 合計
1 伊東 宏倫 プロ 68.5 44.9 113.4
2 和田 久 アマ 45.5 53.8 99.3
3 佐藤 健治 プロ 113.9 ▲ 21.8 92.1
4 水町 慎一 プロ 23.4 44.8 68.2
5 古本 和宏 アマ 21.9 35.7 57.6
6 筒井 久美子 プロ 87.4 ▲ 39.3 48.1
7 鶴 浩昭 プロ 48.1 ▲ 3.9 44.2
8 宮崎 皓之介 アマ ▲ 42.9 71.6 28.7
9 進 栄二 アマ 66.4 ▲ 38.4 28
10 松本 路也 アマ 47.4 ▲ 22.8 24.6
11 原 宙史 アマ ▲ 14.3 30.5 16.2
12 河野 みのり プロ 25.9 ▲ 10.5 15.4
13 麻生 征吾 プロ 3.2 10.3 13.5
14 山本 光男 アマ ▲ 24.1 34.7 10.6
15 山本 江利香 プロ ▲ 41.3 46.8 5.5
16 松尾 樹宏 プロ 21.6 ▲ 18.3 3.3
17 吉田 雄紀 アマ 21.9 ▲ 19.7 2.2
18 公文 寛明 アマ ▲ 47.7 34.9 ▲ 12.8
19 陣野 良貴 アマ ▲ 12.7 ▲ 5.8 ▲ 18.5
20 山本 秋桜里 アマ 10.3 ▲ 38.7 ▲ 28.4
21 北島 勇輝 プロ ▲ 70.3 27.5 ▲ 42.8
22 下山 哲也 プロ ▲ 42.8 ▲ 3.7 ▲ 46.5
23 平田 裕貴 アマ ▲ 32.0 ▲ 18.3 ▲ 50.3
24 濱田 貴幸 アマ ▲ 71.7 17.3 ▲ 54.4
25 西川 舞 プロ ▲ 28.6 ▲ 32.2 ▲ 60.8
26 田中 哲也 アマ ▲ 31.0 ▲ 48.0 ▲ 79.0
27 スカルリーパーA-ji プロ ▲ 42.6 ▲ 50.0 ▲ 92.6
28 河野 晃大 アマ ▲ 64.0 ▲ 61.3 ▲ 125.3
29 友保 美香里 アマ ▲ 41.4 ▲ 91.1 ▲ 132.5

昇降級ライン:未定