文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

九州プロリーグ レポート

一覧

第13期九州プロリーグ A・B・Cリーグ 最終節レポート

2013/01/29
執筆:A:西原亨    B:小川善章   C:伊東宏倫


Aリーグレポート:西原亨

A卓(東谷×西原×浜上×藤原)
B卓(塚本×安東×青木×小車)
C卓(柿元×J真鍋×福田×新谷×名倉)

挑戦者の立場の者、それを受けて立つ者、各々が気を引き締めて迎えた開幕戦から第10節。
長かったようで、振り返ればアッという間だったというのが感想です。
毎節、精一杯の闘牌を4回戦。今期も各々が全力を尽くして終了出来たと思います。

今回1年で降級となってしまった名倉は、初のAリーグを体感して身に沁みて感じ取った事が多かったと思う。彼については、個人的には一番やりにくい相手として印象に残っている。
リズムの良い打牌、押し引き。来期は1年で必ずAリーグに返り咲く事を期待しています。

そんな中、決勝戦へのチケットを手にすることが出来た4名は実に幸せ者である。
価値観は人それぞれではあるが、私の中では「九州の頂点」と位置づけしている皇帝位を獲得できるチャンスなのだから。

また、今回は前回の決勝進出者が2名もいる。現皇帝位の浜上と東谷である。
決勝卓での経験値という点で、2人には有利な面が多々あると思う。
決勝戦ではこの2人から学べることが沢山あるはずだ。

そして、今回初の決勝進出になった藤原と西原。この2人、実は23期生で同期である。
下関で麻雀店を経営する藤原は、同期生の中で最も早くAリーグへの昇級を決め、それ以来陥落することなく戦い続けている。お互いにライバルのような、そんな存在である。

今回の決勝卓では、間違いなく受けて立つ者が「浜上、東谷」。
挑戦者として「藤原、西原」の構図といった下馬評ではないだろうか?

1年単位で振り返ればアッという間だったかもしれないが、挑戦者の2人は、連盟の門を叩いたプロテストの時にまで振り返る。
この決勝戦に辿り着くまで、「永かった」が正直なところであろう。

決勝戦は2月2日、3日。
2日間の長丁場。観戦者にクオリティーの高い決勝戦を見せられるように、精一杯頑張ります!
Aリーグ

順位 名前

1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計 順位
1 西原 亨 15.1 15.0 60.1 32.4 ▲ 10.4 11.3 72.7 51.1 ▲ 2.3 ▲ 33.9 211.1 1
2 藤原 英司 16.4 32.3 ▲ 8.6 5.8 143.4 ▲ 73.3 34.0 28.9 ▲ 17.3 ▲ 23.9 137.7 2
3 東谷 達矢 ▲ 35.2 ▲ 12.0 44.9 30.3 ▲ 42.1 72.7 ▲ 16.6 15.5 31.5 34.7 123.7 3
4 浜上 文吾 30.9 ▲ 84.7 ▲ 38.7 ▲ 10.6 98.6 75.7 ▲ 9.9 19.0 10.3 23.1 113.7 4
5 小車 祥 19.3 ▲ 22.7 15.3 22.9 ▲ 126.8 119.7 39.0 4.8 ▲ 3.2 34.1 102.4 5
6 塚本 将之 53.2 21.3 1.2 ▲ 43.8 ▲ 22.5 18.9 28.8 49.8 ▲ 40.5 ▲ 6.2 60.2 6
7 青木 胤道 ▲ 3.5 3.3 ▲ 17.9 19.2 44.0 40.3 ▲ 1.4 ▲ 1.3 3.0 ▲ 34.4 51.3 7
8 福田 正道 4.7 ▲ 2.0 ▲ 46.9 1.7 ▲ 25.9 ▲ 16.1 11.6 ▲ 16.2 ▲ 9.1 78.5 ▲ 19.7 8
9 安東 裕允 31.1 20.1 ▲ 16.2 2.0 23.1 ▲ 112.2 ▲ 39.5 38.9 17.5 5.5 ▲ 29.7 9
10 柿元 裕介 ▲ 42.7 ▲ 55.4 ▲ 33.6 ▲ 23.8 16.3 8.6 14.0 ▲ 27.5 87.8 ▲ 33.7 ▲ 90.0 10
11 ジャガー真鍋 ▲ 5.8 62.5 110.0 ▲ 13.9 ▲ 25.0 ▲ 82.9 ▲ 32.9 ▲ 71.6 ▲ 30.6 ▲ 40.6 ▲ 130.8 11
12 新谷 翔平 ▲ 63.8 10.1 ▲ 39.7 20.1 ▲ 46.9 ▲ 4.1 ▲ 52.1 ▲ 63.4 8.3 5.9 ▲ 225.6 12
13 名倉 徹 ▲ 19.7 7.2 ▲ 29.9 ▲ 42.3 ▲ 25.8 ▲ 58.6 ▲ 67.7 ▲ 28.0 ▲ 56.4 ▲ 10.1 ▲ 331.3 13

Bリーグレポート:小川善章

A卓(大和田×安永×小川×貴田)
B卓(石原×服部×川崎×榎田×菊池)
C卓(藤原×福田×錦辺×中島×藤井)
D卓(樋口×氷室×藤岡×矢野×流水)

先日の大雪に見舞われた九州北部は、交通機関も大きく混乱して、山口県から通う私にとって心配の種だったが、好天に恵まれ大事な最終節を迎えられた。

1月の対局は、新年始めの対局というより、1年間の締めくくりの対局であり、昇級、降級決定の最終対局である。各対局者は様々な期待と不安をもって戦ったものであろうと思う。

Bリーグ決勝卓は順位順に、
1位 貴田さん(アマチュア) +138.8P
2位 私(小川)       +80.1P
3位 安永さん(アマチュア) +44.6P
4位 大和田         +38.4P

この対局になった。
Aリーグの昇級枠は、プロの順位の上から2人。大和田以下の順位は、混戦になっていて最終的には全くわからない状況。私もマイナスをしてしまうと、順位が入れ替わる危険があり油断はできなかった。

アマチュアの貴田さん、安永さんは雀歴の長いベテランで、昔の話で談笑しつつ和やかなムードは開始の挨拶ともに、ピーンと張り詰めた空気に変わった。

1回戦、2回戦ともに安永さんがトップ、3回戦は貴田さんがトップをとり、私は3回とも浮きの2着、逆に大和田はラス2回、3着1回と苦しい展開。

3回戦終了時の成績は、
1位 貴田さん  +127.4P
2位 私(小川) +99.0P
3位 安永さん  +69.3P
4位 大和田   +5.2P
こうなり、4回戦を前にトータルトップとの差が縮まり、逆転優勝へのチャンスがまわってきた。
プロの意地を見せつけたいとこである。

4回戦は、私の起親で始まった東1局、ピンフのみのテンパイが入り、ヤミで回していたが南家の大和田からリーチ。現物であるため押していたが、捕まり2,600の放銃。これが大和田劇場の始まりだった。

東2局に、

二万三万三万四万四万六索七索八索九索九索一筒二筒三筒  ドラ一筒

この形で私が先手リーチ。
高め7,700であったが、親の大和田が1巡前に二を処理していたのに不安をよぎるが、それが的中。
無筋を3つ押され、追っかけリーチときたら負けを認めざるを得ない。
一撃で六をツモり、6,000オールの七対子ドラドラ。ここからは大和田中心に場が進行する。
南場に入っても勢いは止まらず、親で12,000を連発。75,000点を超える大トップとなった。

プロの意地を見せつけたのは私でなく、大和田であった。結果、私は3着になり加点出来ることなく、最終対局を終えた。大和田はこの大トップで4回戦前の絶望的状況から、見事にAリーグ昇級をモノにした。

昇級を賭けた最後の対局だけあって、慎重になりすぎたところがあったかもしれない。
トータル順位に守られて攻める姿勢が今回はなかったと思う。
反省点は多々あるが、2度目のAリーグではこれらの経験を活かし、挑戦者としてがんばりたいと思います。

Bリーグ

順位 名前 プロ/アマ 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 貴田 純一 アマ 33.2 18.0 29.3 58.3 ▲ 20.5 118.3
2 小川 善章 プロ 11.6 2.8 ▲ 10.5 76.2 0.2 80.3
3 石原 忠道 アマ ▲ 12.5 20.2 20.6 ▲ 3.8 51.2 75.7
4 大和田 篤史 プロ 41.1 62.7 ▲ 23.7 ▲ 41.7 26.2 64.6
5 川崎 行広 プロ 2.7 ▲ 12.0 2.9 29.3 26.3 49.2
6 菊池 豪 プロ ▲ 7.7 ▲ 7.9 17.4 12.7 26.7 41.2
7 藤原 琢 プロ 31.0 ▲ 8.3 ▲ 50.0 27.4 37.8 37.9
8 安永 敏郎 アマ ▲ 19.1 ▲ 13.8 58.3 19.2 ▲ 6.9 37.7
9 藤岡 治之 プロ ▲ 11.4 26.8 ▲ 32.4 ▲ 50.0 59.6 ▲ 7.4
10 藤井 崇勝 アマ ▲ 10.5 12.9 ▲ 44.4 ▲ 7.4 37.7 ▲ 11.7
11 榎田 賢二郎 プロ ▲ 50.0 51.6 ▲ 5.2 19.2 ▲ 41.9 ▲ 26.3
12 錦辺 卓三 アマ 20.1 ▲ 2.9 41.5 ▲ 74.3 ▲ 10.8 ▲ 26.4
13 服部 学 プロ 14.8 9.2 ▲ 18.7 18.2 ▲ 62.3 ▲ 38.8
14 福田 譲二 プロ ▲ 35.9 20.7 ▲ 26.5 26.8 ▲ 31.2 ▲ 46.1
15 氷室 哀華 プロ 10.7 ▲ 53.7 21.9 ▲ 42.8 5.6 ▲ 58.3
16 中島 行泰 アマ 13.2 0.0 ▲ 56.7 6.0 ▲ 34.5 ▲ 72.0
17 矢野 拓郎 プロ ▲ 63.9 ▲ 33.6 5.6 ▲ 21.4 ▲ 9.4 ▲ 122.7
18 樋口 徹 プロ 17.4 ▲ 44.1 26.3 ▲ 57.6 ▲ 66.2 ▲ 124.2
19 流水 聖人 プロ ▲ 55.8 ▲ 48.6 ▲ 25.7 ▲ 47.3 ▲ 10.6 ▲ 188.0

Cリーグレポート:伊東宏倫

A卓(和田×吉田×伊東×水町)
B卓(鶴×佐藤×宮崎×松尾)
C卓(松本×進×原×古本)
D卓(山本光男×麻生×山本江利香×田中)
E卓(北島×西川×河野みのり×陣野×公文)
F卓(山本秋桜里×濱田×河野晃大×友保×下山)

朝晩の冷え込みがまだまだ厳しい1月20日、第13期(後期)九州リーグの第5節の開催となりました。
最終節となった今節、上位陣の前節までの成績は、(敬称略)

伊東+ 211.3P
水町 +123.1P
和田 +120.5P
吉田 +98.0P
鶴 +92.9P
佐藤 +85.4P
-------------
宮崎 +82.6P
松尾 +45.6P
古本 +41.8P

という状況です。

A卓。
この最終節に来て、伊東が4連勝。その影響を受けた水町・和田の両名が大きくマイナス。
その中、2着3回、3着1回、とまとめた吉田が、若干ながらもポイントをキープ。

B卓。
前節まで5位につけていた鶴が今節も、1着2回、2着1回、3着1回、と安定した実力を発揮、見事卓内トップ。前節終了時点で昇級ライン上であった佐藤・宮崎の両名も、1着1回ずつながら確実にポイントを重ねた。

また、C卓では、前節終了時点で9位であった古本が怒涛の追い上げを見せて、見事卓内トップであった。

最終結果は、

伊東  +323.4P
鶴  +145.8P
佐藤  +102.0P
吉田 +99.1P
宮崎 +96.5P
古本 +88.7P
-------------
和田 +80.4P
水町 +65.6P

となりました。

各卓で明暗を分けるカタチとなりましたが、この経験を糧として、来る来期に向けて、各人更に励んでいただきたいと思います。

最後に、私事ではございますが…。

今から5年前の第8期(後期)九州リーグ。
BリーグからAリーグへの昇級は1名だけであった当時、Bリーグに所属していた私は、最終節・最終半荘・最終局の親番の時点で、トータルで2位に20,000点差の1位。
あと1局で12,000点以上の直撃さえなければ、ノーテン流局でそのまま昇級。
「ツモ!4,000・8,000!」
そう発声した2位だったプロが、Aリーグ昇級、翌期、その勢いのままAリーグを制覇。
最後の最後で大逆転を許した私は、翌期そのままCリーグに降級、それ以降、一度も昇級する事なく現在に至る…。
私も並々ならぬ決意の元、来期に挑みます。

以上、第20期生・伊東宏倫でした、ありがとうございました。

Cリーグ

順位 名前 プロ/アマ 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 伊東 宏倫 プロ 68.5 44.9 82.4 15.5 112.1 323.4
2 鶴 浩昭 プロ 48.1 ▲ 3.9 33.7 15.0 52.9 145.8
3 佐藤 健治 プロ 113.9 ▲ 21.8 ▲ 12.9 6.2 16.6 102.0
4 吉田 雄紀 アマ 21.9 ▲ 19.7 ▲ 5.4 101.2 1.1 99.1
5 宮崎 皓之介 アマ ▲ 42.9 71.6 18.4 35.5 13.9 96.5
6 古本 和宏 アマ 21.9 35.7 ▲ 2.4 ▲ 13.4 46.9 88.7
7 和田 久 アマ 45.5 53.8 48.4 ▲ 27.2 ▲ 40.1 80.4
8 水町 慎一 プロ 23.4 44.8 37.7 17.2 ▲ 74.1 49.0
9 進 栄二 アマ 66.4 ▲ 38.4 11.0 0.3 9.6 48.9
10 原 宙史 アマ ▲ 14.3 30.5 1.9 15.3 ▲ 19.8 13.6
11 山本 江利香 プロ ▲ 41.3 46.8 ▲ 37.5 ▲ 0.5 38.9 6.4
12 田中 哲也 アマ ▲ 31.0 ▲ 48.0 27.0 18.7 16.8 ▲ 16.5
13 山本 光男 アマ ▲ 24.1 34.7 ▲ 12.1 ▲ 6.6 ▲ 17.7 ▲ 25.8
14 陣野 良貴 アマ ▲ 12.7 ▲ 5.8 ▲ 46.2 ▲ 18.2 51.4 ▲ 31.5
15 北島 勇輝 プロ ▲ 70.3 27.5 2.0 ▲ 0.4 3.9 ▲ 37.3
16 松尾 樹宏 プロ 21.6 ▲ 18.3 29.8 12.5 ▲ 83.4 ▲ 37.8
17 松本 路也 アマ 47.4 ▲ 22.8 ▲ 24.5 18.9 ▲ 66.7 ▲ 47.7
18 山本 秋桜里 アマ 10.3 ▲ 38.7 ▲ 25.9 ▲ 35.9 27.4 ▲ 62.8
19 西川 舞 プロ ▲ 28.6 ▲ 32.2 ▲ 18.8 23.1 ▲ 9.0 ▲ 65.5
20 麻生 征吾 プロ 3.2 10.3 ▲ 12.6 ▲ 31.9 ▲ 39.0 ▲ 70.0
21 下山 哲也 プロ ▲ 42.8 ▲ 3.7 ▲ 100.0 35.5 22.0 ▲ 89.0
22 河野 みのり プロ 25.9 ▲ 10.5 ▲ 37.9 ▲ 56.6 ▲ 26.3 ▲ 105.4
23 公文 寛明 アマ ▲ 47.7 34.9 ▲ 31.6 ▲ 40.8 ▲ 23.0 ▲ 108.2
24 河野 晃大 アマ ▲ 64.0 ▲ 61.3 ▲ 35.7 ▲ 10.7 45.0 ▲ 126.7
25 濱田 貴幸 アマ ▲ 71.7 17.3 ▲ 7.8 ▲ 50.0 ▲ 55.1 ▲ 167.3
26 友保 美香里 アマ ▲ 41.4 ▲ 91.1 ▲ 22.0 ▲ 64.3 ▲ 39.3 ▲ 258.1

皇帝位戦進出ライン、昇降級ライン:順位枠内に表示